プロジェクト終了報告

2017年09月03日

ご協力誠にありがとうございました!

ご支援をいただいたみなさまへ

 

認定NPO法人東京都日中友好協会の伊藤洋平です。

 

このたびは九寨溝の地震に対する支援金のご協力誠にありがとうございました。

昨日夜に日本に帰国したのですが、中国ではReady forの画面が見られないこともあり、ご報告が遅くなり申し訳ありません。
 

いただいた支援金は8月31日に四川省人民対外友好協会の会長趙平氏に認定NPO法人東京都日中友好協会の宇都宮徳一郎会長より直接お渡しいただきました。

 

 

趙平氏は九寨溝県の党書記を務めた方で、九塞溝への思い入れも非常に強い方で、今回の支援に対して、とても思いのこもったお礼の言葉をいただきました。動画を撮り忘れてしましました。申し訳ありません。

 

 

今回は、クラウドファンファンディングでいただいた金額(Readyforの手数料を除いた179,220円)全額と、私に対して直接現金でいただいた方、また今回訪中した大学生訪中団の大学生のみなさんからいただいた支援金を合わせて、日本円で25万円、人民元500元を全額お渡ししました。

 

領収書については、後日送付してもらえるということでしたので、またご報告させていただければと思います。


リターンのお礼のメールにつきましては、領収書の受領後にお送りできればと考えております。

また、リターンの懇親会につきましても領収書の受領後の10月もしくは11月に実施できればと考えているところです。

私たちは、日中両国の友好に向けて取り組んでいます。

今回、中国へ訪れるのがほとんどがはじめての大学生99人が訪中し、彼らは自らの目で中国を見て、感じるという経験をしました。

 

彼らの感想を聞くと、良い印象を持つ人もいれば、否定的な経験をした人もいました。

 

この両面が中国であり、好きになるというよりは、否定的な部分も含めて受容できる。そのような関係ができると良いかなと感じたところです。

 

今後も東京都日中友好協会ではさまざまな取り組みを行っていく予定です。

 

ご関心のある方は、私までご連絡いただければと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。