プロジェクト概要

聴覚障害者と健聴者の理解の場

「目で楽しむ」イベント、HERO 

 

初めまして。NPO法人 日本聴覚障害者エンターテイメントサポートの佐藤剛由(たけよし)と申します。


日本聴覚障害者エンターテイメントサポートでは、「HERO」という、聴覚障害者と健聴者のためのイベントを開催しています。聴覚障害者と健聴者のお互いを理解する場として、どんな方でも楽しめるイベントです。このプロジェクトは、第7回目のHEROの運営費を集めるものです。


障害者は、健聴者に自ら敵対心を持ったり、壁をつくったりしがちです。


その壁を、HEROというイベントで壊したい。

HEROを開催するお手伝いをしていただけないでしょうか。

 

 

 

聴覚障害者と健聴者との間に生じる、誤解やトラブル…。

そういった誤解やトラブルをなくし、

お互いを理解するため、イベントHEROを開催。


私の家族(父、母、妹)は、全員1級の聴覚障害を持っており、私だけが健聴者(耳の聞こえる人間)として生まれてきました。聴覚障害者と健聴者とでは、両方の常識や感覚の違いで、トラブルや誤解などが頻繁に生じます。「伝えたいことが正確に伝わらない」ということが多く、私自身も両者の間に立ち、何度も何度も悔しい気持ちを味わってきました。


どうやったら聴覚障害者と健聴者がお互いを理解し合えるのか。悩みに悩んだ結果、HEROというイベントを立ち上げました。 目で楽しむイベントであれば、聴覚障害者と健聴者との間に立ちはだかる壁も、なくせるのではないか――そのように考えたからです。


したがってHEROは、目で楽しむエンターテイメントとして、主にプロレスやダンスなどを中心にイベントを構成してきました。これまで6回、開催しています。


プロレスでは、HEROの選手が諦めずプロの選手に立ち向かい、またダンスでは、障害者と健聴者が力を合わせてイベントのオープニングを盛り上げます。


お客様も、ボランティアスタッフも、ハンディキャップに関係なく、どんな方でも楽しめるイベントです。HEROがきっかけで聴覚障害者のことを知り、手話に興味を持っていただいた結果、交流会などに積極的に参加してくださるお客様が増えてきています。


 

(HEROは、聴覚障碍者・健聴者という垣根を越えられるイベントです)

 

 

(プロレスの練習の様子)


HEROは、いま、

存続の危機を迎えています。


6回のイベントを通して、「ありがとう。楽しかったよ」、「勇気をもらいました」というお客様からの感想をいただいてきました。その一方で、イベントのプロレス会場を借りるために高額な会場費と経費がかかり、HEROは存続の危機を迎えています。


HEROを続けるため、我々はNPO法人を設立し、募金箱の設置やグッズ販売を行ってきました。しかし、特殊な活動のため当てはまる助成枠がなく、1度も助成金を受けたことがありません。経費をかけないためにも、会場やyoutubeに流すVTRを私自身が撮影・編集をしています。また、選手の練習時に通訳として立ち会ったりもしています。


それでもイベントを開催するたびに赤字になるため、私はもちろんのこと、一部のスタッフで資金を出し合いながら今まで継続してきました。なるべくスタッフの負担にならないように、NPO活動を行いながら私自身もアルバイトをし、運営費に充ててきました。


しかしながら、現在は財政困難のため、今年5月19日の新木場大会をもってHEROは一旦休止状態になっています。そんななか、ファンの皆様やスタッフからは、「イベントを再開して欲しい」というお声を多数いただいております。


HEROの存続のため、お手伝いをしていただけないでしょうか。

 

 

(たくさんの方に来ていただいているHERO)


聴覚障害者と健聴者の懸け橋として、
HEROをこれからも継続させていきたい。

 

イベントを行っているうちに、聴覚障害者との間に絆と結束力が生まれ、みな楽しそうに活動しています。そして、その結束力はHEROというイベントの枠を超え、一つの大きな組織として動き出しています。


2011年8月13日には、宮城県石巻市の聴覚障害者協会に物資を運ぶ為にチャリティイベントを開催し、集まった収益金と募金で物資を運びました。障害者だからといって、「助けてもらって当たり前」ではなく、皆で力を合わせれば逆にサポートすることもできると、選手をはじめスタッフ一同、活動を通し実感しています。


今まではサポートしてもらっていた側でしたが、


HEROで作り上げた結束力により、聴覚障害者もサポートをする立場になることで、


聴覚障害者と健聴者との壁は、少しずつなくなりつつあります。

 

しかし、そういった結束も、HEROというイベントがなければ成しえないものだったと思っています。これからも聴覚障害者と健聴者の懸け橋として、HEROというイベントを継続させていきたい――これが我々の願いです。


皆さまの温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

*第7回目HERO

 

日時:    2013年2月16日

開催場所:      新木場1stRING

 

 

*引換券について

 

・HERO公式ホームページ・ブログ・フェイスブック・mixiにてご紹介させていただきます。

 
・イベントにご招待させていただきます。また遠方で来られない方には、試合内容のDVDを送らせていただきます。

 

・HEROオリジナルTシャツをお送りします。(下図はイメージ図です)

・報告書をお送りします。(下図はイメージ図です)

 

 

・選手のサインやポスター、ホームページやフライヤーでお名前をご紹介させていただきます。(下図はイメージ図です)


 

 


最新の新着情報