プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

高齢者の皆さんが地域で安心して暮らし続けていける社会を作りたい

 

ひだまりフリーペーパーに興味を持って頂きありがとうございます。鈴木扇帆です。扇帆でみほと読みます。看護師としてこれまで高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けて行けるように、在宅療養推進の活動をしてきました。全国訪問ボランティアナースの会キャンナスの岡崎の代表として勉強会やオレンジカフェの開催や、地域学区の健康推進委員としてイキイキ体操や認知症予防ゲームの企画をおこなってきました。高齢者が施設に追いやられない地域作り、独りぼっちにさせない街作りの為に多方面から活動をおこなってきました。そこで、高齢者の皆さんが地域で安心して暮らし続けていくためには「居場所作り」「コミュニティー作り」が必要と思い今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

ひだまりフリーペーパー・10月号

 

高齢者の居場所を元気にしたい!

 

今回のプロジェクトは高齢者の居場所となる喫茶店を活性化し、地域コミュニティーを形成するプロジェクトです。しかし!地域の喫茶店は店主の高齢化、大型喫茶店店舗の増加による売り上げ減少により、存続の危機に面しています。このままでは地域の高齢者の集まる喫茶店は1店舗1店舗となくなり高齢者の居場所は益々失われてしまします。いつもの喫茶店に足を運んで、友達と話し情報交換していた高齢者の居場所がなくなることは、高齢者の足腰を弱らせ、意欲を低下させ、不安を増強させることにつながります。そして認知症予備軍となります。喫茶店などの高齢者の居場所となる場所を活性化し、そこを中心としたコミュニティー作りをしていくことが今回のプロジェクトです。

 

第一回ひだまりスクール開講しました

 

高齢者の方が悲しく年老いて、望まない施設入所をしない街にしたい!

 

2016年5月20日内閣府「高齢社会白書」の最新版(2016年版)によると、高齢者世帯のうち約半数は単独(一人身)世帯。また高齢者全体では「毎日他人と言葉を交わしていない」人は1割弱、男性一人暮らしに限るとその割合は3割近くにまで増えます。しかも7.5%は一週間に一度も会話をしていません。その為高齢者の孤立化「ぼっち」が社会課題となっています。

 

高齢になっても、自分の居場所となる場所がある。笑顔で語らうお隣さんがいる。困ったときに相談できるご近所さんがいる。そんなコミュニティー作りを今ある喫茶店を拠点に作っていき、正しい情報、ワクワクドキドキする情報を高齢者に届けていきたい。その為にひだまりフリーペーパーで喫茶店やそこで行うひだまりスクールの紹介を行います。

 

皆さん夢中で紙のステンドグラス作りをしています

 

高齢者なんて言わせない!ひだまりフリーペーパーはシニアの方々がワクワクする情報が散りばめられています!

 

ひだまりフリーペーパーは文字が大きいのが特徴です。A4版サイズに2つの店舗を紹介します。車いすでの入店が可能か、禁煙席があるかなどをマークで表示し高齢者が安心して入店できる情報を提供します。高齢になってもイキイキとした生活を応援するために読者モデルによるファッションページや、働く意欲のある方の為の60歳以上限定求人ページもあります。そして、ひだまりスクールの情報も掲載します。ひだまりスクールとは喫茶店店主さんの希望により講師を選択し、いつもの喫茶店で60分の授業を開催するものです。ひだまりスクールの講師のは「笑いヨガ」「ハンドマッサージ」「己書」「ネイリスト」「パソコン講師」など様々です。シニアの方々にいつまでも新しいことに挑戦してしてイキイキとして暮らして欲しいそんな気持ちから企画しています。

 

講師の先生方です

 

創刊は、今年の10月!

 

フリーペーパー概要

創刊:2016年10

発行予定:1月(冬号)4月(春号)7月(夏号)10月(秋号)

発行部数:3000

仕様:A4版 16~32ページ

配布方法:駅・スーパー・公共機関・介護施設・病院・銭湯・ジム・加盟する喫茶店などにて手配り及び無料設置

配布地域:岡崎市内

 

フリーペーパー制作費:500,000円

 

高齢者が安心して入店できる情報を提供

 

60歳以上向けの求人情報もございます。

 

ひだまりフリーペーパーはここまで計画中です

 

地域の喫茶店が活性化することで地域が活性化します

 

①今回のプロジェクトを通して、高齢者の方が居場所を感じ地域で住み続けていく目的を感じることができます。目的を感じることで地域で住み続けていきたいという意欲をもった高齢者が増えます。

 

②喫茶店は地域の情報交換の場所になります。高齢者のちょっとした生活の困りごとを掲示板に書き込み、「お互い様」の精神で協力し合える街作りを喫茶店を拠点として実現する。

 

③居場所ができることにより安心した老後を過ごすことができるようになり、喫茶店に行くことで介護予防になり健康寿命が延長します。健康寿命が延長することは、介護保険利用の削減に繋がります。

 

高齢者の居場所となる喫茶店の活性化は、高齢者も喫茶店も地域も元気になる街作りです。岡崎市での成功は同じ問題を抱えた日本全土の街作りに繋がります。喫茶店のモーニング発祥の地である愛知県から地域の高齢者を独りぼっちにさせない街作りを実現させます。

 

ひだまりフリーペーパー創刊号表紙

 

リターンについて

 

■3,000円のリターン

①感謝の気持ちを込めて、サンクスレターをお送りします。

 

■5,000円のリターン

①実際に作成した「ひだまりフリーペーパー」をお届けします。

 

■10,000円のリターン

①実際に作成した「ひだまりフリーペーパー」

②ひだまりステッカー

 

■20,000円のリターン

①実際に作成した「ひだまりフリーペーパー」

②ひだまりステッカー

③創刊パーティーにご招待

 

■30,000円のリターン

①実際に作成した「ひだまりフリーペーパー」

②ひだまりステッカー

③ひだまりくんをお届け!


最新の新着情報