READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
NEXT GOAL挑戦中

保護猫カフェひだまり号存続へ。全ての猫の健康を守りたい。

祖父江昌子

祖父江昌子

保護猫カフェひだまり号存続へ。全ての猫の健康を守りたい。

支援総額

1,936,000

NEXT GOAL 3,000,000円 (第一目標金額 1,500,000円)

129%
支援者
188人
残り
13日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
29お気に入り登録29人がお気に入りしています
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月12日(金)午後11:00までです。

29お気に入り登録29人がお気に入りしています

プロジェクト本文

【第一目標達成のお礼とネクストゴールについて】

 

ご支援を頂いた皆様、本当にありがとうございます!

 

コロナの影響を受けているのは私だけじゃなく皆様も同じ中でのご支援や応援のお気持ちに感謝いたします。

 

つきましては、後1ヶ月以上を残して達成しましたので、1匹でも多くの猫たちの命を守っていくためにネクストゴールを立てさせていただくことにしました。

 

ネクストゴール金額:300万円

 

第一目標金額を超えて集まった支援金につきましては、引き続きこれからも継続的にかかってくる猫たちの治療費として大切に使用させていただきます。

 

この様な状況の中恐縮ではありますが、猫たちの命は待ったなしの状況です。

 

ひだまり号を存続させ、これからも猫たちを守り里親さんへの橋渡しを続けていくためにどうかご支援賜りますようよろしくお願いいたします。

 

保護猫カフェひだまり号・祖父江昌子
2020年5月1日追記

 

ーーー

 

 

 

1匹でも見捨てたくない。
保護猫活動を続けさせてください。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。

 

愛知県名古屋市で「保護猫カフェひだまり号」を夫婦で運営しております祖父江昌子・吉修と申します。

 

2018年8月1日にオープンして以来、約150匹の猫たちを保護し、130匹ほどの猫たちを里親さんの元へ送り出してきました。昨年2019年には名古屋市長・河村たかし氏にもご来店いただき、嬉しいことに名古屋市から活動について感謝状もいただきました。

 

私たちひだまり号は、愛護センターよりミルク猫を譲り受け、愛情を注ぎ育てているので、とても人間好きな愛らしい猫に成長します。

 

そのため、ご来店いただくほとんどのお客様に「人懐っこくて凄く可愛い!」「楽しかった!」との嬉しいお言葉をいただきます。また、里親に引き取られ新しいお家に行った子たちも、すぐに慣れて家族の一員として可愛がってもらっています。

 

 

昨年4月から6月にはクラウドファンディングを実施し、236名の皆様のご支援のおかげで「ひだまり号別館」を作ることができ、病気にかかってしまった猫たちの専用シェルターとしてより多くの猫をより良い環境で保護することができるようになりました。また、第一目標を大きく超えてご支援をいただくことができたため、猫たちの治療に専念出来るICUを設置することができました。

 

現在はシェルターで18匹、カフェで24匹の猫たちがのびのびと生活をしています。

 

 

 

治療費がかさみ、存続困難な状況に。

 

皆様の心強い支えやご支援のおかげで、これまで活動を継続するだけでなく保護できる猫の数もどんどん増えてきました。

 

しかしそんな猫たちですが、成長するまでに色々な病気にかかってしまいます。猫風邪、下痢、真菌(カビの種類)寄生虫、などさまざまです。その度に、かかりつけ医に走り診てもらっています。

 

保護猫なので動物保険に入ることが難しく、治療費がかさんでしまいます。通常の治療費だけで、平均月に10万円くらいのお金がかかります。

 

この治療費に対して、行政からの補助や支援は全くなく、全て自費で賄わなければならない状況です。

 

 

 

死と隣り合わせの状況で闘っている猫たち。
自分の子どもを、1匹でも見捨てたくはないのです。

 

そしてさらに現在ひだまり号には、昨年の10月よりFIP(猫伝染性腹膜炎)という死と隣り合わせの難病にかかっている子たちがいます。さすけ♂、ふく♂、クッキー♂の3匹です。

 

 

このFIPという病気は、今の日本の医学では治療法がなく99%が約1カ月の間に亡くなってしまうと言われています。

 

ひだまり号でも、オープンして以来、十数匹の子たちを見送ってきました。どの子も痩せ細り、苦しんで亡くなります。その姿を見ているだけで何もしてあげられない辛さは考えるだけで涙が出ます。

 


そんな病気に、一筋の光が差しました。個人輸入をして投薬治療をするのです。それは、日本では未承認で認可もおりていないため、治療をする場合は全て自己責任です。しかし、何パーセントかでも助かる可能性があるなら!と、治療に踏み切りました。

 

この投薬治療法は、病気のタイプ・症状・体重によって飲む薬の量が変わります。


さすけ♂は、ウエットタイプで1日の量が200㎎なので、約4,400円。
ふく♂は、ウエットタイプで1日の量が300㎎なので、約6,600円。
クッキー♂は、ドライタイプで1日の量が1100㎎なので、約24,200円。


毎日、合計35,200円の治療費がかかるのです。

 

 

「どうしてこれほどのお金を猫の治療にかけるのか?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。


しかし私にとって、ミルクを飲ませて大切に育ってて来た猫たちは、人間の子どもと何も変わりがないのです。

 

もし、我が子が海外で手術を受けなければならないような難病だったら、死が迫ってきているのに手をこまねいている方はいらっしゃらないと思います。「借金をしてでも直してやりたい!!」そう思われると思います。

 

私の猫たちに対する思いは、それほど深いのです。


昨年から、今年にかけて300万円の借金をしました。しかし、治療はまだ続いており、このままでは毎日かかる他の猫たちに必要な費用が不足してしまいます。

 

【1ヶ月の必要な費用:32万円】
餌台 :約10万円
設備費:約12万円
治療費:約10万円
これに加えて、今は未承認のワクチン費用:約1,000,000円がかかります。

 

 

 

1匹でも多くの猫を幸せにするために。
皆様に愛される「ひだまり号」をお助けください。

 

今回皆様からいただいた資金は、毎月かかる猫たちの治療費として大切に使わせていただきます。

 

1匹でも苦しむ猫を見たくない。1匹でも猫を幸せにしてあげたい。

 

そんな思いで、猫たちの命を少しも諦めることなく治療を続けてきました。

 

しかし、資金の限界も近づいております。

 

 

多い時で80匹以上の猫を育ててきた2020年。予想以上の病院代、ご飯代、その他消耗品が必要となり、ひだまり号存続の危機に陥ってしまっています。


今後もひだまり号を続けて行くために、これらの経費を何とかしなくてはなりません。


応援してくださる方には、「絶対なくしてはならない場所!」「猫の楽園!」「心のより所!」と言ってくださる方もみえます。

 

そんな風に言っていただける場所を存続させたい。猫たちを病気からまもってあげたい。


これからも皆様に喜んでいただけるひだまり号を続けていくために、そしてより多くの猫たちを幸せにしていくために。

 

どうか、お力を貸してください。宜しくお願いします。

 

 

================

*お名前掲載のリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 

プロフィール

猫の楽園ひだまり号!別館オープンへ 名古屋市で二階建て観光バスで保護猫カフェひだまり号をやっています。毎年、春から愛護センターに収容される子猫たちを譲り受け、育て里親さんへ譲渡しています。2018.8.1にオープンして以来、6ヶ月間に58匹もの猫を里親さんの元へ送り出しました。 夫婦二人三脚で、愛情を注いで猫たちのお世話をしています。 名古屋市長、西区長、保険センター長などの方々にも心からの応援をしていただいております。

リターン

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【遠方の方向け】オリジナルポーチ

■オリジナルポーチご送付

ーーー

■感謝のお手紙
気持ちを込めた感謝のお手紙をご送付いたします。

■ひだまり号HPにお名前掲載
ひだまり号の公式HPに、スポンサーとして支援者様のお名前を掲載します。

※支援時に必ずご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を揶揄するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

支援者
17人
在庫数
31
発送予定
2020年9月
このリターンを購入する

プロフィール

猫の楽園ひだまり号!別館オープンへ 名古屋市で二階建て観光バスで保護猫カフェひだまり号をやっています。毎年、春から愛護センターに収容される子猫たちを譲り受け、育て里親さんへ譲渡しています。2018.8.1にオープンして以来、6ヶ月間に58匹もの猫を里親さんの元へ送り出しました。 夫婦二人三脚で、愛情を注いで猫たちのお世話をしています。 名古屋市長、西区長、保険センター長などの方々にも心からの応援をしていただいております。

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

児童養護施設の子どもたちにピアノを届けよう!

川崎 萌川崎 萌

#子ども・教育

119%
現在
286,000円
支援者
49人
残り
1日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

祖父江昌子
プロジェクトの支援にすすむ

プロジェクトの相談をする