READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
達成

世田谷で46年。HIDEBOH率いるHiguchi Dance studio存続へ

HIDEBOH

HIDEBOH

世田谷で46年。HIDEBOH率いるHiguchi Dance studio存続へ

支援総額

2,567,000

目標金額 1,500,000円

171%
支援者
166人
残り
31日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
7お気に入り登録7人がお気に入りしています
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月30日(火)午後11:00までです。

7お気に入り登録7人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

ご挨拶


はじめまして、吉本興業所属、タップダンサーのHIDEBOHです。この度は私共が運営するHiguchi Dance Studioのクラウドファンディングページをご覧いただきありがとうございます。

 

Higuchi Dance Studioは1974年に設立され、以来46年間、世田谷区でタップダンスを中心にジャズ、バレエ、ヒップホップなどさまざまなジャンルのダンスレッスンやステージイベントを提供してきました。子どもからご年配の方まで幅広い世代の方が対象で、約30名のインストラクターがそれぞれ自分の個性や特技を活かしながら、楽しいレッスンをお届けしています。

 

今回、コロナの影響により存続の危機にあるこのスタジオをなんとしても守りたく、プロジェクトを立ち上げました。

 

 

 

46年の歴史と、思い出と汗と努力、そして笑顔が詰まったスタジオ。
このままでは閉鎖を考えなければなりません。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、当スタジオでは何よりもまずは生徒の皆様、インストラクター、スタッフの皆さんの安全を考え、3月からオープン時間を短縮し、4月に入り緊急事態宣言が出された後は苦渋の決断の末、営業を自粛しています。少なくとも5月末まではスタジオを開けることができず、全く収入が見込めない状況です。

 

しかし営業をしていなくても、運営維持のために、スタジオや舞台セットなどを保管する倉庫の家賃、光熱費、スタッフの最低限必要な人件費などを合わせて、1ヶ月で約150万円が必要になります。

 

 

3月は通常に比べ40%程の売上減、4月は緊急事態宣言前まで営業短縮しておりましたが、すでにコロナの感染拡大もしている中でしたので生徒さんもなかなか来られず、売上はほぼゼロ。5月も売り上げゼロ、という極めて厳しい状況に置かれています。

 

現在は僕が皆様からいただいている出演や振付のお仕事などで得た資金をスタジオの運営資金にあてたり、補助金の申請に動いたり、各方面へ支払いを待っていただいたりしてなんとか持ちこたえてきましたが、緊急事態宣言の延長もあり、スタジオの営業がない状態で支払い続けるには限界がきています。

 

このままの状態が続けば、あと1,2ヶ月維持ができるかどうかというところで、スタジオを閉めることも考えなければならない状況になってしまいます。

 

 

設立以来46年間、たくさんのダンスを愛する皆様と一緒に続けてきたこのスタジオ。今もたくさんの方がダンスを楽しんでくださり、歴史と思い出とたくさんの汗と努力、笑顔が詰まったこの場所を、このまま諦めたくはありません。

 

この事態が終息した時に皆様にダンスを楽しんでいただける場所を残していられるよう、またスタジオで皆様の笑顔に会えるよう、そしてまたみんなでステージに立てるように、なんとかお力をお借りできないかと、今回クラウドファンディングに挑戦することを決意しました。まずは直近の5月、6月の運営費を確保したく、最低限必要な150万円を目標に、ご支援を募らせていただきたいと考えています。

 

●目標金額内訳

スタジオ家賃    500,000円

スタッフ・インストラクター人件費    460,000円

大道具倉庫家賃    100,000円

光熱費    65,000円

その他運営・雑費 120,000円

クラウドファンディング手数料 255,000円

 

このような状況下で、皆様におかれましても本当に大変な中であろうことは重々承知の上ではあるのですが、どうかスタジオ存続のために、皆様に温かいご支援をお願いできましたら幸いです。

 

 

 

「楽しんで踊らなければダンスじゃないよ」
皆さんの第二のホームであり続けたい。

 

Higuchi Dance Studioは、46年前に、私の両親であり師匠でもある火口親幸と火口ひろ子の2人で、タップダンスとシアターダンスの2クラスからスタートしました。

 

スタジオはタップフロアとダンスフロアの2フロアあります。実力をつけたい!という方はもちろんですが、ダンスにちょっと興味がある、やってみたい!という気持ちを大切に、趣味で楽しみたい方、お試しで習ってみたい方、どんな方でも歓迎しています。

 

Higuchi Dance Studio公式HPはこちら

 

スタジオオープン当時はフレッドアステアやジーンケリーなどのミュージカル映画の影響もあり、タップダンスやシアターダンスは世間でも広く認知されていました。ミュージカル映画が公開されると、劇場には多くの人が集まり、招待抽選の申し込みも殺到するほどの人気で、その影響からタップダンス、シアターダンスのレッスンもダンスの流行の中心として、とても人気がありました。

 

Higuchi Dance Studioではまず、何よりも基本を大事にしてきました。そして父親幸の「楽しんで踊らなければダンスじゃないよ」という口癖を私もお袋も継承し、生徒さんにはとにかく楽しんで踊るよう伝えてきました。

 

 

いつも生徒の皆様には大変良くしていただいているのですが、発表会などのイベント時にはいつも以上のお手伝いや協力もしてくださり、公演後には毎回心のこもったお手紙をいただいています。こうしたコミュニケーション、スタジオを通じた新しい出会い、そして皆様の笑顔が私やお袋の毎日の原動力になっています。

 

昨年からは動画配信にも取り組んでおり、タップ・ダンスをより身近に感じていただけるような活動もしております。

 

Higcuhi Dance Studio公式Youtubeはこちら

 

スタジオでの新たな仲間との出会いとともに、ダンスを通じて身体も心も健やかになって、年に1回の発表会やさまざまなイベントで実際にステージに立つ喜びや楽しさを経験していただき、日々の生活がより豊かになるようなお手伝いができればと思っています。

 

 

父はすでに他界しており、これまで私とお袋、そして、たくさんのインストラクターと多くの生徒さんに囲まれ、毎日楽しく前向きに、なんとか続けてきました。しかし、今回の新型コロナウイルスの影響は本当に大きく、これだけ長い期間スタジオを閉めていることが初めてなので、スタジオ史上一番困難な状況に立たされています。


これからも生徒さんたちやインストラクターさんたちにとって、アットホームな場所であり続けたいと思っています。中には卒業してからも遊びに来てくれる生徒さんもいらっしゃったりします。皆さんの心のよりどころとして、これからも第二のホームのような存在でいられたら嬉しい限りです。

 

●生徒さんからの声

 

先生方の真面目さ、礼儀の良さ、とても心のこもった優しいレッスン、そしてかっこいい振り付けで踊れることが、このスタジオのいいところです。私にとってここは第二のおうちのような場所で、スタジオに行ってみんなと挨拶交わすだけでも元気になれます!

(60歳女性、タップダンス17年、ジャズダンス3年)

 

いろんなジャンルのレッスンで幅広い年齢層の方が受講されていて、皆さんと交流イベントがあり、とてもアットホームな感じのするスタジオです。だからこそ長く続ける方が多いです。体を思いっきり動かし、汗をかいてリフレッシュできる、それが生活の一部になっているくらいなくてはならない場所です。(53歳女性、タップダンス13年、ジャズダンス5年)

 

インストラクターの先生方が温かくフレンドリーに接してくださるので、初めてのクラスや久しぶりのレッスンでも気軽に楽しく受けられるし、イベントへの参加やオーディションを開催してくれるので挑戦もできて自分自身がたくさん成長できます。礼儀やマナーも身につき、人間力を高めながら、憧れの先生方の色々な踊り方が楽しめます。

 

とにかく楽しくてリフレッシュできる場所。さまざまなことに挑戦・成長させてくれて、成長を通して自信を与えてくれる場所。そして、新しい自分を見つけられる最高の場所です。(18歳女性、タップダンス9年)

 

 

 

 

ダンスが繋ぐご縁をこれからも大切に。また一緒に皆さんと踊りたい。

 

私にとって、ダンス人生を通じて得た「人との出会い」や「ご縁」というものは何にも変えがたい一生の宝物だと思っています。タップやダンスを愛してくれて、縁あってこのスタジオに集まってくれている皆様と、また一緒に踊りたい。また一緒にステージに立ちたい。そう思っています。

 

タップやダンスにおけるリズムというものは世界中どこでも言葉がなくても通じ合える、無限の可能性を秘めた素敵なツールです。そして、ダンスはいくつになってもチャレンジできる、誰もが楽しめる最高の芸術です。

 

 

これからも、皆様がダンスを楽しんでいただく場所、ダンスを通じてチャレンジや成長を積み重ねてきた場所を残していきたい。ダンスを通じて皆さんと出会い、つながり、元気になってもらえる場所であり続けたいと思います。

 

そして、みなさんと共に、イベントの開催など多くの方にダンスで元気を届けられるような活動に引き続きチャレンジしていきたいと考えています。

 

広く皆様に親しまれるスタジオを続けていく一方で、ダンスだけに限らず、挨拶や礼儀作法の人間形成から始まり、歌やお芝居などの技術も習得し、総合的なエンターテイメントができる人材を生み出せる学校のような環境もつくっていきたいと思っています。ここで育った方々が、エンターテイメント業界の新たな未来への懸け橋となり、希望をつないでくれればこの上なく嬉しいです。

 

最後に、このクラウドファンディングを通して、また新たな出会いとご縁をいただければ本当にありがたいです。1人でも多くの方に温かいご支援をいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

リターンのデザインについて

 

リターンでご用意させていただいているタオル、Tシャツのデザインを紹介させていただきます。

 

●スタジオオリジナルグッズ「HIDEBOHタオル」

●スタジオオリジナルグッズ「ヒグチスタジオオリジナルTシャツ」

 

プロフィール

HIDEBOH

HIDEBOH

北野武監督作品映画 「座頭市」のハイライト、農民のタップ ストンプシーンに出演、振り付けから総合演出までを手掛け、タップダンスを日本に広めた第一人者。 6歳よりタップダンスを始め、19歳でインストラクターとなり、22歳で渡米。 タップダンス界のトップスターであるグレゴリー・ハインズの師匠であるヘンリー・ルタンに師事する。帰国後自らのStyle である Funk a Step を確立する。 自らサウンドプロデュースを行ない、従来のタップダンスのジャンルを飛び越えたパフォーマンスは、各方面からの大きな注目を集めている。 2017年には水谷豊初監督作品映画「TAP -THE LAST SHOW-」に出演。ダンスシーンの振付・構成・総合演出も務め高い評価を得ている。 2018年からは吉本坂46のメンバーとしても活動をはじめる。

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

A)Higuchi Dance Studio存続を応援!

・感謝の気持ちを込めて御礼のメールを送らせていただきます。

※このコースは、リターンに費用がかからない分、READYFOR手数料を除く全額をスタジオ運営費に充てさせていただきます。
※こちらのリターンを支援いただいても税制上の優遇措置はございません。

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月
このリターンを購入する

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

E)スタジオTシャツで応援!コース(Lサイズ白のみ)

・感謝の気持ちを込めて御礼のメールを送らせていただきます。
・スタジオのHPにお名前を掲載させていただきます。(掲載日から1年間、ご希望の方のみ)
・スタジオオリジナルグッズ「HIDEBOHタオル」を1枚お送りします。
・スタジオオリジナルグッズ『Higuchi Dance StudioオリジナルTシャツ』のLサイズを1枚プレゼントします。

※Tシャツは白になります。

支援者
13人
在庫数
完売
発送予定
2020年8月
完売しました

プロフィール

北野武監督作品映画 「座頭市」のハイライト、農民のタップ ストンプシーンに出演、振り付けから総合演出までを手掛け、タップダンスを日本に広めた第一人者。 6歳よりタップダンスを始め、19歳でインストラクターとなり、22歳で渡米。 タップダンス界のトップスターであるグレゴリー・ハインズの師匠であるヘンリー・ルタンに師事する。帰国後自らのStyle である Funk a Step を確立する。 自らサウンドプロデュースを行ない、従来のタップダンスのジャンルを飛び越えたパフォーマンスは、各方面からの大きな注目を集めている。 2017年には水谷豊初監督作品映画「TAP -THE LAST SHOW-」に出演。ダンスシーンの振付・構成・総合演出も務め高い評価を得ている。 2018年からは吉本坂46のメンバーとしても活動をはじめる。

あなたにおすすめのプロジェクト

~文化で人々の心をつなぎたい~ 日露共同で映画「歳三の刀」を!

増山麗奈増山麗奈

#映画・映像

60%
現在
903,000円
支援者
47人
残り
31日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

HIDEBOH
プロジェクトの支援にすすむ

プロジェクトの相談をする