READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

ないなら創ろう!理想の学校。あなたも学校創りに参加しませんか?

HILLOCK初等部

HILLOCK初等部

ないなら創ろう!理想の学校。あなたも学校創りに参加しませんか?

支援総額

6,718,000

目標金額 5,000,000円

支援者
230人
募集終了日
2021年9月22日
プロジェクトは成立しました!
15人がお気に入りしています

15人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

 

このページにたどり着いたご縁に感謝します。

私たちは現在、2022年4月、東京の世田谷に「ヒロック初等部(HIILOCK Primary School)」開校を目指して活動しています!

 

 

 

 

みなさんは「こんな学校あったらいいな、理想的な学校作ってみたいな」と思ったことはありませんか?

 

 

自分の幼少期の経験で、あるいは素敵な先生に出会って、教員として教育現場に入ってみて、子どもが生まれて、海外に赴任して、他国の教育に出会って、など人によってきっかけは様々かもしれません。

 

子どもファーストな学校、自由な学校、個性を大切にしてくれる学校、自然の中の学校、いっぱい遊べる学校、好きな学びを選べる学校など、色々とアイディアが出てきそうです。

 

私たちもそんな思いを胸に、それぞれの教育現場で奮闘してきましたが、「制約なしにイチから作ってみたらどうなるんだろう」という気持ちが抑えきれなくなりまして、蓑手と五木田は勤務していた小学校を飛び出してしまいました。笑

 

そして今、色んな人の多様な思いを詰め込んだ「ちょっと欲張りな理想の学校(オルタナティブスクール)」を創ろうと動き始めています。

 

名前はヒロック(HILLOCK)、小さな丘という意味で、子どもたちが自由に駆け巡る丘をイメージしています。

 

 

 

 

 

主要メンバーは3名、根っこは近いですが、性格や経歴・得意分野はうまく分かれていて、自分たちではとても良いバランスだなあと思っています。

 

堺谷武志(写真中央):元国際ビジネスマンで社会情勢にも精通。15年前に起業しプリスクールを運営。創設者としてプロデュース担当。

 

蓑手章吾(写真右):公立小で個に寄り添った学びを徹底追及。自由進度学習、特別支援教育、ICT教育などが得意(主著「子どもが自ら学び出す!自由進度学習のはじめかた」)。スクール・ディレクター(校長)

 

五木田洋平(写真左):私立小で日本語版バカロレアの探究カリキュラムやICT教育の実践をリード。ミュージシャンで写真好きの心優しいアーティスト。カリキュラム・ディレクター。

 

そしてこの3名を教育起業家チーム(ステモン中村、マナイ野村、タクトピア長井、国際教育研究家村田)が運営面を支えていくフォーメーションです。

 

ヒロックのキーワードとしては、①ワイルド、②アカデミック、③東京がキャンパス、を考えています。 

 

ワイルド:徒歩30秒にある広大な砧公園を存分に活用します。都会にありながら自然を感じ、自然の中で実感を伴った学びを実践していきます!

アカデミック:義務としてやらされる、測られるのではなく、アカデミックな探究を愉しんでほしいです!

東京がキャンパス:フット―ワーク軽く、東京全体をキャンパスに見立てて色んな場所に足を運んで様々な体験をしてほしい。マイクロ(小規模)だからこそできる温かく、ダイナミックな活動を目指します。

                      

 

その中でも一番大切にしたいのは、一人ひとりの子どもが自分自身の力でウェルビーイングをつかんでいくこと。

そして、周りの大人はじゃまをせず、共に学びながらしっかりと下支えすること。

 

 

 

方向性はこんな感じですが、詰めるべきことが目白押し状態です。

なにぶん小所帯の私たちです。

手が足りないのはやむを得ないとして、これから開校ということで、特に初年度は子どもたち(Co-learnersと呼びます)にとって「仲間(buddy)」が少ないのが悩みです。そこであなたにお願い…というか、大募集したいのが、「ヒロックバディ(仲間・先輩)になってもらえませんか」ということです。

(仲間・先輩 = buddy, friend, pal, fellow, mate, alumni)子どもたちには、学内外を超えて色んな人とつながりをもってほしいと思っているからです。

 

 

 

あなたが「バディ」になってくれた時にお願いしたいことは、ずばり「学校創りへの参加」です。例えばこんなイメージ。

 

<ヒロックバディコース概要>

ヒロックバディになっていただいた方には以下の権利・特典を進呈いたします。

①知ってほしい ~ 自費出版本「ないなら創ろう、理想の学校」贈呈、ヒロック学びの研究所会員(有志のみ)、ヒロックの授業見学チケット

②参加してほしい ~ バディー限定コミュニティへの参加、オープン記念セレモニーへの参加、ヒロックバディTシャツをプレゼント(希望者のみ)、自費出版本・パンフレットにお名前記載(希望者のみ)

③お手伝いしてほしい ~ ヒューマン・ライブラリー登録(開校後の特技を生かした授業のお手伝い・提携)、etc.

参加でいただく30,000円は、スクール運営費用の一部として大切に使わせていただきます。

100名限定で考えています。

 

ヒロックバディ・プラス、ヒロックバディ・アドバンス(法人向け)もあります。詳しくはリターン欄をご覧ください。

(Tシャツのサイズはこちらからご確認をお願いします。)

 

※コロナウイルスの影響によりプロジェクトもしくはリターンが遅延する可能性があります。ご了承ください。

※リターンが中止になる可能性は考えておりませんが、中止になった場合、集まった資金は全てヒロック初等部の運営資金とさせていただきます。

※ヒロックバディコース(プラス、アドバンス含む)には自費出版本とパンフレットにお名前を記載させていただこうと考えております(希望者のみ)。その場合こちらの「命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。

※場所の関係上、一度にお受けできる人数が限られているため、開校後、見学を希望する方とスケジュールを調整しながら見学日時を決定いたします。見学ご招待券、フリーパス(バディプラス・アドバンス特典)をお持ちの方はヒロックホームページの「お問い合わせ」よりご連絡ください。

 

 

<応援コース概要>

純粋に心を込めて応援いただくコースです。

 

応援コースA:自費出版本を進呈させていただく(6000円)

応援コースB:自費出版本にお名前を記載させていただき、開校後、ヒロックの授業見学チケットを差し上げます。(12000円)

 

お金の使いみち(予定)

・オルタナティブスクール「ヒロック初等部」運営支援(300万円)

 ~校外学習等移動手段(バス)確保、施設充実費等

・実践をみんなでシェアする「HILLOCK学びの研究所」活動資金(200万円)  

 

 

具体的に動き始めて改めて気づいたのですが、スクール創りプロセスは、それ自体がダイナミックで探究だということ。

 

大変なことももちろんあります。

例えば、物価の高い東京では運営費の負担がどうしても大きくなっちゃうなあ、でも、やっぱり都市部にこだわりたいな、とか。

しばるものがなさ過ぎて、逆にどうやってフレームワークを作ったらいいのだろう、とか。

いやいや、その前にそもそも生徒さんは来てくれるのか?笑、とか。

 

私たちもこれまで色々と構想はしてきたのですが、当然のことながら、過去に学校を創った経験のある人なんてほとんどいませんからね!でも、そんな大変さが楽しい、むしろ大変だから楽しい、みたいな感覚です。

 

正解のない教育の世界に、古今東西のエビデンスを学びながら取捨選択し、想いをベースに軸を作る。そんな試行錯誤を、多くのバディ(仲間)とともにやっていきたい。

 

それが私たちの願いです。子どもたちの姿を第一に、よりよいソダチの場を追究していく。長期的な夢は、すべての子どもたちが学びたいところで学べる社会。

 

 

 

 

 

 

オランダのように、多様な公教育が存在し、自由に選択できる時代がきたらいいな、と思っています。

丁寧に作って、よい未来のモデルの一つになれば!私たちは、お金持ちでもないし、有力なコネがあるわけでもない、教育に魅せられたごくフツーの人間です。

 

でも、夢と意志はあります。そう、金はないけど夢はある!ぜひ理想のスクール作り、未来創りにあなたの想いと力をかしてください。

 

 

 

※本プロジェクトは特定非営利法人ソダチバ・プロジェクトの活動の一環となります。

 

特定非営利法人ソダチバ・プロジェクトは、広く一般市民、特に子ども達に対して、子どもの健全育成、教育、学習等に対する相談、支援及び実施に関する事業、教育、学習等についての調査、研究、企画、開発及び情報の提供に関する事業等を行い、多様な育ち方に対して十分な選択肢が提供される真に豊かな社会創りへの貢献と、社会教育の推進及び子どもの健全育成を図り、もって公益に寄与することを目的として活動しています。

 


【プロジェクト終了要項】

●運営期間    
2021年9月1日〜2023年3月31日

●運営場所    
東京都世田谷区上用賀5-23-2 2階

●運営主体    
特定非営利活動法人ソダチバ・プロジェクト

●運営内容詳細    
オルタナティブスクールHILLOCK初等部、HILLOCK学びの研究所の運営

プロフィール

HILLOCK初等部

HILLOCK初等部

ヒロック初等部は、ワイルド&アカデミックな環境で、子どもが主役となって「育ち」や「学び」を主体的に勝ちとる“自由な学校”です。HILLOCKは「小さな丘」という意味で、草原や丘を自由に駆けめぐる子ども(大人も!)をイメージして名付けました。砧公園でのアウトドア活動、マイプロジェクトやテーマ学習を通して、Co-learnersたちは育ちや学びのオーナーシップを身につけていきます。

リターン

6,000


応援コース

応援コース

ヒロックメンバーが執筆した自費出版本をお礼の気持ちを込めて進呈いたします。

自費出版「ないなら創ろう、理想の学校!(仮)」
は、設立経緯の想い、スクール憲法「ヒロック宣言」草案やカリキュラム、スクールの特徴(自由進度、探究、シェルパのどうしてもクラスなど)について心を込めてつづったもので非売品です。

支援者
46人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

12,000


応援・見学コース

応援・見学コース

ヒロックメンバーが執筆した自費出版本をお礼の気持ちを込めて進呈いたします。

自費出版「ないなら創ろう、理想の学校!(仮)」
は、設立経緯の想い、スクール憲法「ヒロック宣言」草案やカリキュラム、スクールの特徴(自由進度、探究、シェルパのどうしてもクラスなど)について心を込めてつづったもので非売品です。

応援コースの特典に加え、
・自費出版本にお名前を記載して進呈いたします。
・HILLOCKの見学ご招待券を発行いたします。オンラインでの見学も可能です。※有効期限:2022年4月1日〜9月30日(6ヶ月)

支援者
58人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

30,000


ヒロックバディ・コース(学校創り仲間コース)

ヒロックバディ・コース(学校創り仲間コース)

●ヒロックのバディ(先輩・仲間)になっていただく。

・自費出版本へのお名前掲載と進呈(希望者)
・パンフレットお名前記載(希望者)
・ヒロックバディTシャツ(希望者)
・「学びの研究所」会員初年度ご招待
・オープンセレモニー参加
→コロナウィルスの収束の目処が2021年8月時点でたちにくいため、開催日時・場所は未定といたします。2022年4月30日までに開催日時・場所を決め、お知らせいたします。開催場所は都内を考えており、現時点では2022年の8月までに開催したいと考えております。

・ヒューマンライブラリー登録(希望者)
→ご自身の特技を登録しておいてもらって、特技を用いたクラス実施、プロジェクトサポートをしていただきます。※登録期限:2022年4月1日〜2023年3月31日
・見学ご招待券(年間三枚、オンラインも可)※有効期限:2022年4月1日〜9月30日(6ヶ月)

支援者
98人
在庫数
完売
発送完了予定月
2022年1月

30,000


追加ヒロックバディ・コース(学校創り仲間コース)

追加ヒロックバディ・コース(学校創り仲間コース)

追加ヒロックバディ・コース(学校創り仲間コース)
10名追加募集させてください。バディ・コースと中身は同じです。
理由:複数口支援や費用のみ支援の方がいらしたので、バディを追加で募集させていただきます。

●ヒロックのバディ(先輩・仲間)になっていただきます。

・自費出版本へのお名前掲載と進呈(希望者)
・パンフレットお名前記載(希望者)
・ヒロックバディTシャツ(希望者)
・「学びの研究所」会員初年度ご招待
・オープンセレモニー参加
→コロナウィルスの収束の目処が2021年8月時点でたちにくいため、開催日時・場所は未定といたします。2022年4月30日までに開催日時・場所を決め、お知らせいたします。開催場所は都内を考えており、現時点では2022年の8月までに開催したいと考えております。

・ヒューマンライブラリー登録(希望者)
→ご自身の特技を登録しておいてもらって、特技を用いたクラス実施、プロジェクトサポートをしていただきます。※登録期限:2022年4月1日〜2023年3月31日
・見学ご招待券(年間三枚、オンラインも可)※有効期限:2022年4月1日〜9月30日(6ヶ月)

支援者
9人
在庫数
1
発送完了予定月
2022年1月

100,000


ヒロックバディ・プラス

ヒロックバディ・プラス

●ヒロックのバディ(先輩・仲間)になっていただく。

・自費出版本へのお名前掲載と進呈(希望者)
・パンフレットお名前記載(希望者)
・ヒロックバディTシャツ(希望者)
・「学びの研究所」会員初年度ご招待
・オープンセレモニー参加
→コロナウィルスの収束の目処が2021年8月時点でたちにくいため、開催日時・場所は未定といたします。2022年4月30日までに開催日時・場所を決め、お知らせいたします。開催場所は都内を考えており、現時点では2022年の8月までに開催したいと考えております。

・ヒューマンライブラリー登録
→ご自身の特技を登録しておいてもらって、特技を用いたクラス実施、プロジェクトサポートをしていただきます。※登録期限:2022年4月1日〜2023年3月31日(1年)

上記バディコースに加え、以下の特典があります。
・見学フリーパスチケット+ご友人招待券(1年フリーパス)

・ヒロック創りの軌跡(生データ集パワポ200頁分)
→ヒロック設立準備期間に議論をした記録集をお渡しします。どのような議論の変遷を経て設立されたか、設立に必要な項目のリストや詳細が記載されています。

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

500,000


ヒロックバディ・アドバンス(企業のみ)

ヒロックバディ・アドバンス(企業のみ)

●ヒロックのバディ登録と以下を進呈、ご招待(3名分)
・自費出版本、へのお名前掲載と進呈(希望者)
・パンフレットお名前記載(希望者)
・ヒロックバディTシャツ(希望者)
・「学びの研究所」会員初年度ご招待
・オープンセレモニー参加
→コロナウィルスの収束の目処が2021年8月時点たちにくいため、開催日時・場所は未定といたします。2022年4月30日までに開催日時・場所を決め、お知らせいたします。開催場所は都内を考えており、現時点では2022年の8月までに開催したいと考えております。
・ヒューマンライブラリー登録
→ご自身の特技を登録していただき、特技を用いたクラス実施、プロジェクトサポートをしていただきます。※登録期限:2022年4月1日〜2023年3月31日

●上記バディコースに加え、以下の特典があります。
・見学フリーパスチケット(3名分)+ご友人招待券(1年フリーパス)
・ヒロック創りの軌跡(生データ集パワポ200頁分・3名分)
→ヒロック設立準備期間に議論をした記録集をお渡しします。どのような議論の変遷を経て設立されたか、設立に必要な項目のリストや詳細が記載されています。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

プロフィール

ヒロック初等部は、ワイルド&アカデミックな環境で、子どもが主役となって「育ち」や「学び」を主体的に勝ちとる“自由な学校”です。HILLOCKは「小さな丘」という意味で、草原や丘を自由に駆けめぐる子ども(大人も!)をイメージして名付けました。砧公園でのアウトドア活動、マイプロジェクトやテーマ学習を通して、Co-learnersたちは育ちや学びのオーナーシップを身につけていきます。

あなたにおすすめのプロジェクト

【SDGs】貧困に苦しむコーヒー生産者の生活を支援したい!

大江祐里大江祐里

#国際協力

18%
現在
61,000円
支援者
36人
残り
20日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする