プロジェクト概要

2014年6月29日池袋にて、身近な貧困問題について考えるための交流企画

「貧コン!~ビンボーだって出会いが欲しい!!~」を開催します

 

はじめまして、神奈川でソーシャルワーカーをしております小川竜弥です。世の中には、あまり金にはならなくとも、面白い動き、必要な動きをしている人はたくさんいます。様々なソーシャルアクション、アート、そして保育職、福祉職、人の数だけ生き方があります。そんな人たちがもっと分かり合える仕組みづくりをしたいと思い、ビンボー人による、ビンボー人のための交流企画があったら面白いと思い、「貧コン!」プロジェクトを立ち上げました。そして今回、2014年6月29日、14時より池袋ギャラリーKにて「貧コン!~ビンボーだって出会いが欲しい!!~」を開催します。「出会い」とは、恋愛の出会いという意味でもあり、自分らしく輝けるような場所との出会いという意味も込めています。

 

参加目標数は60名。いろんな人に来てほしいから、参加費は高くできない。持ち出しは覚悟でのイベント開催ですが、実行委員の自分たちもそんなに豊かなほうではありません。そこでプロジェクトを立ち上げました。

 

(企画会議の様子です。)

 


貧困問題、どこか遠い世界のこととして

向き合いたくないようで、実は現代の日本に生きる私たちの足元にもある問題。

 

非正規雇用の割合は日を追うごとに増え、2014年1~3月の統計では、全雇用者のうち、37.9%にまで至っています。また、関係性の貧困。生涯未婚率も、2020年には男性で約26%、女性で約17%になると予測されています。

 

ソーシャルワーカーとして働く中で、いろいろな生きづらさを抱え、大変な思いをされている方と出会います。 「福祉の相談員」というと、支える側・支えられる側云々となりがちですが、世の中全体を見渡した時、多くの社会問題や貧困問題は決して他人事ではなく、今の社会に生きている以上、いつどうなるか分かりません。そういった意味では、みーんな当事者なんだ、そう感じてもいます。 また自分自身、気づいてみれば出会いがない。ものは試しと街コンに行ってみたものの、2時間で7000円。そこで繰り広げられる年収の話題にうんざり。ならば、自分で場を作ってしまおう、と。

 

 (厳冬期の横浜寿町での野宿者及び困窮者支援活動、「寿越冬」の様子)

 


「こんな経済状態じゃ、結婚なんて…」
「恋愛なんかしている場合じゃない…」

 

カネも自信もなくたって、いいじゃない。カネなんかなくたって、面白い動き、必要な動きをしている人はたくさんいます。「貧コン!」はいろんな生き方、いろんなソーシャルアクションの博覧会の役割も。自信なんかなくたって、生きてはいけます。誰もが気軽に集い、安心して楽しめる場を。自分なりに波長の合う相手やコミュニティを。「貧コン!」と通じ、現代社会で生きづらさを抱えている、くすぶっている、息苦しい、もっと面白いことをしたいと思うすべての人が、お互いに関心を持ちあいながら、慮り合いながら楽しく生きられる社会づくりへの一歩となればと思います。

 

(貧コン!実行委員のうち複数名が主催者側として関わっていた
2011年11月の「就活ぶっこわせデモ」の様子)

 

もともとの友人に呼びかけてみたり、Twitterで実行委員を募ってみたところ、企画会議に約20名の方に集まっていただくことができました。集まった人々をみれば、ブログで生計を立てている人、農業関係で働いている人、シェアハウスという住まい方をしている人などなど、面白い同世代がたくさん。カネはなくとも、バイタリティーはある。バイタリティーなんてなくても、生きて誰かと繋がっていれば楽しめる。恋愛でであれ、活動であれ、仕事であれ、なんとなく人と繋がることで道は開けてく。そんな思いで、やっていきます。

 

 

「安定しなきゃ」「普通でいなきゃ」という前に、いろんな人の

人となりや思い、生き様を知れる空間を。分かち合える仕組みを。

 

「貧コン!~ビンボーだって出会いが欲しい!!~」
日時:2014年6月29日(日) 14:00〜16:00
会場:池袋 ギャラリーK
アクセス:JR池袋・西口またはメトロポリタン口より徒歩5分、

     地下鉄c7または1b出口より徒歩4分

貧コン!オフィシャルサイト http://hinkonofficial.web.fc2.com/
Facebookページ「貧コン!」 https://www.facebook.com/hinkon.since2014
Twitter @hinkon_2014
お問い合わせは hinkon.since2014@gmail.comまで!!

 

男性1500円、女性1000円。飲み放題とオードブル付きで実施します。恋愛のマッチング企画もやりますが、いろんな人の取り組み、生き様を知れる機会にしたいと思っています。会場にマイクを用意し、他の人がしゃべる時間も意識しながら、思っていることを言える場をつくります。また、興味深い取り組みがあれば、ブースを出展して欲しいと考えています。

 

(実行者の小川です。当日は色んな社会活動を

行っている方にブース出展、登壇を行ってもらう予定です。)

 

 

いろいろな偶然の出会い・化学反応を求めて

 

「貧コン!」がREADYFOR?に企画投稿した目的は、単に支援でお金を出してもらうだけではなく、支援者としていろんな人に企画に参加してもらい、ともに企画を作り上げていく事にあります。いろいろな問題が社会に存在すること、それに対して思いをもって解決に向かう取り組みをしている人がいるということ。そして、関われる部分は多いこと。そういったことを知ることができる場にしたいと思っています。自分が何をしたいのか、何ができるのか分からず、くすぶってしまっている人は少なくありません。

 

企画者である私も、かつて人並みに就職活動をしていたものの、自分が何がしたいのか分からず、取り繕って面接を切り抜けるほど器用なわけでもなく、大学卒業後はしばらくフリーターをしていました。フリーターをしながら、卒論を書くために関わり始めた横浜・寿地区でのおっちゃんたちとの出会い。技術の変化、機械化により段々と仕事にありつきにくくなっていったものの、港湾荷役、建設等々、今の日本の発展を支えてきたおっちゃんたち。昔やっていた仕事に誇りを持ちながら「俺は誰の世話にもならないよ、今だってアルミ缶の仕事やって自分で生きてんだ」と語るおっちゃんたちの話に惹かれ、格好いいと思い、でも体調を崩したりした時はサポートが必要だと思いながら、野宿のおっちゃんたちのもとを訪問する夜回りや相談活動、町内行事などのボランティアを続けていました。そこでの知人から「うちで人募集するけど、就職決まってないなら受けてみる?」と言われ、福祉業界に飛び込ませてもらって4年。こうやって動いていくうちにやりたいことを見つけられるような、きっかけ作りができたらなぁ、と思っています。

 

 

引換券について

 

基本的には、まず「貧コン!」の企画の場にいろんな方に来てもらいたいと思っています。「貧コン!」は恋愛の出会いだけの場ではありません。いろいろな取り組みや生き方、思いと触れ、お互いに刺激を受けたり、参加者それぞれの次の一手につながる「出会い」をつくる場にいたします。

 

■6/29 池袋ギャラリーKでの「貧コン!」にご招待 

*招待券については、IDナンバー入りクーポンを発行し、前日までにデータでお送りいたします。それを会場受付にて名簿と照合いたします。

■企画当日、会場にてブース出展権

(長机一つ分、飲食物以外の物販、パフォーマンス等行うことができます)

■会場にて、関わっている取り組みに関してのマイクアピールタイム(5分)

■会場で配布する企画パンフレットに、 お名前および関わっている活動についての原稿掲載権(500~1000字程度でお書きください)

■オリジナルステッカー進呈 

■会場で配布する企画パンフレットにスポンサーとしてお名前を掲載  

■企画報告とお礼状

■当日、会場で配布する企画パンフレット

 

遠隔地の方、企画当日は予定があっていらっしゃることができないという方、パンフレットの原稿掲載をぜひご利用ください。当日参加できるという方も、原稿掲載は形に残るものなので、お勧めいたします。どうぞ「貧コン!」をよろしくお願い申し上げます。


 


最新の新着情報