クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

身近な貧困問題を考える交流企画「貧コン!」in池袋を開催!

小川 竜弥(貧コン!実行委員会)

小川 竜弥(貧コン!実行委員会)

身近な貧困問題を考える交流企画「貧コン!」in池袋を開催!
支援総額
101,000

目標 100,000円

支援者
14人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年06月16日 23:00

貧コン!今後の構想

貧コン!は単発の打ち上げ花火じゃ終わりませんよ。


第一回以後の貧コン!の今後の展開。

「大貧コン」「小貧コン」構想。

第一回6/29は大貧コン。
まず、ハードル低く、色んな人が交流できる場を。思いや問題意識の共有を、楽しみつつできる場に。
そこで出会った人同士が集い、それぞれ得意なことを活かしながら、10〜20人規模の貧コンをあちこちで開催していけたら面白いと思っています。

 

<誰もが担い手に>

貧コン!は誰が主催しても、全然OK。
男性、女性、そしてセクシャルマイノリティ(男女だけじゃないよ、とTwitterで指摘してくださった方がいました。ありがとうございます)それぞれの立場を尊重し合える企画になるならば。
また、ハードル低く、誰もが参加しやすい工夫をするならば。
私も引き続き、貧コンを開催していきますが、だれか自分でやってみたいという方がいれば、情宣や開催に向けたお手伝いをさせて頂きます!

 

<”家庭”を考える>

東京でもまたやりたいと思ってますが、ひとまず私が次にやりたいのは、貧コン@神奈川の実行委員会づくり。
やはり、地元神奈川でもやりたいと思います。今年中には開催する予定です。

テーマは「貧コンから貧婚へ(仮)」
貧困世帯からも、中流家庭からも、金持ちの家でも、支え合いにくい、生きづらい家庭はあり、生きづらさが積み重なっていけばあっという間に困窮に。

リッチではなくとも、温かく豊かな家庭を作るにはどうしていこうかを考える場づくりをしたいと考えています。
「貧婚」をした既婚者の方をパネリストに招き、ざっくばらんなトークショー。子育て、働くこと、暮らすこと。大上段に構えて、男女共同参画や貧困問題などを論じることも大事だと思いますが、理念だけではどうも基盤が弱い。
身近な切り口、実生活に則した切り口から考えていける場を作りたいと思います。

公共施設を使い、ちょっとワークショップ形式でやってみようかな、と。
もちろん、その後の二次会もちゃんと設けます 笑

 

<つながりで作る、場づくり>

必要と感じる動き、面白いと感じる動きを強く感じた人が担っていく。非営利活動、市民活動ってそうやって成り立つものだと思っています。

実行委員は約25名ほど集まりました。貧コン!会場でのオードブルやデザートバイキング提供を申し出てくれる人もいます。

今回、本当に色んな人に支えられて、貧コン開催に向けて取り組んでます。
開催を宣言してから、ここ2ヶ月で実行委員会を組織し、会議を重ねながら、人と人との繋がりで協力者を増やしつつ、動いてきました。

こういった企画は、自分一人じゃとてもできません。
私自身にはたいした才能もありません。
でも逆に、緩やかな繋がりさえあれば、誰でも動きは作れるんだな、と。
貧コン!は、それを証明できる場にしたいな、と思っています。

「○○だから自分なんかには××はできない…」なんて、自己肯定感を失ってしまう前に、誰もが、色んな人とつながりながら、少しでも生きづらさを軽減していくための動きや形を作っていくために。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■企画報告とお礼状
■当日、会場で配布する企画パンフレット

支援者
2人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

3,000円の引換券に加えて、
■6/29 池袋ギャラリーKでの「貧コン!」にご招待
■オリジナルステッカー進呈
■会場で配布する企画パンフレットにスポンサーとしてお名前を掲載

支援者
9人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

5,000円の引換券に加えて、
■会場にて、関わっている取り組みに関してのマイクアピールタイム(5分)
■会場で配布する企画パンフレットに、
お名前および関わっている活動についての原稿掲載権(500~1000字程度でお書きください)

支援者
2人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

10,000円の引換券に加えて、
■企画当日、会場にてブース出展権
(長机一つ分、飲食物以外の物販、パフォーマンス等行うことができます)

支援者
1人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする