こんにちは、いつもありがとうございます。

ミュージックインストラクターの相原尚美(あいばら なおみ)です。

 

「お腹の底から声を出して!」

とあるボーカルトレーニングの本に掲載されていました。

 

この言葉の通りにやってみて、

自分が思ったように声が出せますでしょうか?

 

「大丈夫!できた」という方は、

自身の身体のコントロールがうまく出来ていると思われます。

 

しかし、「うまく出来ない…」と感じる方へ。

 

こういう方こそ、

ここに至るまでの「身体の使い方」を知っていただきたいのです。

 

息を吐くことが伴います。

息を吸う・吐くの呼吸は、肺でのみ行われます。

したがって‘お腹から’は息は出ません。

 

「でもお腹は膨らむでしょ?」

そうです、お腹(腹部)は動きます。

これは息を吸うときに横隔膜が腹部の方向へと下がり、

そして腹部へと圧力がかかるため、息を吸うと、お腹は膨らみます。

 

「お腹の底って?」

この言葉を聞くと、どこをイメージしますか?

実は呼吸の際、骨盤底筋群も働きます。

骨盤の底にある筋肉を意識していただきたいのです。

 

そうすると「お腹の底から息を出して」の意図が

理解できるのはないでしょうか?

 

 

新着情報一覧へ