こんにちは、いつもありがとうございます。
ミュージックインストラクターの相原尚美です。

 

「皆様のご協力、本当にありがとうございます。
プロジェクト実現まで、あともう少しとなりました!」

 

これまで、たくさんの方々にご協力をいただきました。
私のチャレンジについて、FacebookなどSNSでシェアしていただいた方

ご支援をしていただいた方

本当にありがとうございます。
感謝いたします。

昨晩は、ReadyforのFacebookページでも紹介されました。
 

 

 ある調査によると、
音楽家で身体の不調を訴えているものは約半数いるという結果が判明しました。
別のアンケートでも音楽演奏で生計を立てている演奏家の約8割が、身体に対して何らかの症状を訴えている、ということが分かりました。

一例として、
あのコブクロの小渕健太郎さんも
「発声時頸部ジストニア」
(高い声を出そうとするとき、首の筋肉が硬直する運動障害)を発症し、
一時歌手活動を休業したことがあります。

音楽家(ミュージシャン)にも健康管理が必要なのです。
身体を動かして、素晴らしい演奏をしています。
彼らもスポーツ選手と同じようにアスリート。
だからこそ、身体をケアして、正しく身体を動かして、
演奏活動していただきたいのです。

「すべての音楽家が身体の不調を抱えることなく、
生涯音楽演奏を楽しんでいただきたい!」

だからこそ、私はしっかりサポートします。

どうぞよろしくお願いいたします。
新着情報一覧へ