READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

世界初!古典『ロミオとジュリエット』をラップミュージカルで!

オギハルカ(劇団ひるやすみ)

オギハルカ(劇団ひるやすみ)

世界初!古典『ロミオとジュリエット』をラップミュージカルで!
支援総額
91,000

目標 200,000円

支援者
13人
残り
終了しました
募集は終了しました
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2015年03月03日 00:04

ブログキャッチアップ号~キャストインタビュー・笠浦静花の場合

特別インタビュー企画
「ラブ・アク」
 星モリエ×恋する役者
 『ROMEO & JULIET』参加メンバーが語る、彼らの思いと恋。

ラブ・アクター/アクトレスを略して「ラブ・アク」。ロミジュリを背景に役者たちの愛や恋への思いを探ります。
第2回は笠浦静花。現役の大学生でありながら、その強烈な個性で様々な劇団から引っ張りだこ。一度見たら忘れられないと噂の彼女にインタビューしちゃいます!


ラブ・アク 第2回



役者:笠浦静花(かさうらしずか)
~派遣シンデレラ~

 

星モリエ(以下モリエ):遅れちゃった~あ、あれが笠浦さんかな?遅れてすみませ~ん

 

笠浦静花(以下笠浦):あ!星モリエさんですか?すみません、私なんかのためにこんな場所までわざわざ足を御運びいただき誠にありがとうございます。星さんをお待たせしてはいけないと思い、待ち合わせ30分前には到着していたのですが、逆にそのことで星さんに遅れてしまったという気持ちを持たせてしまうのではないかと今自分の行いを悔いています。この反省の気持ちをどうやって表せばいいのか、私にできるのはこのれくらいのことしか

 

モリエ:ひっ…!ぜーんぜん、大丈夫よ、悪いのこっちだしさ…お願いだから土下座はやめてぇ…お願いだからぁ…

 

笠浦:私ってば自分の謝りたいというエゴでまた星さんを傷つけてる…?一体どうすれば…

 

モリエ:自己紹介!とりあえず自己紹介してほしい!そしたら傷も癒えるから!!

 

笠浦:じゃあ僭越ながら自己紹介させていただきますね。ご挨拶が遅れて申し訳ございません。笠浦静花と申します。HIRUYASUMIさんには初めて参加させていただきます。稽古場では皆さんの優しさに甘え、普段は貧困と闘う23歳です。生きるのは、楽しいです。

 

モリエ:すっごい礼儀正しいよねぇ。なんだろ逆に重くなっちゃう?自己紹介の最後にすっごーい重たいメッセージつけてくるしさ。うん、でもなんか今日はいいこと聞けそうな気がしまーす、ぷくく♪よろしくね!

 

笠浦:こちらこそ、よろしくお願い致します。失礼のないように星さん脚本のドラマは全て拝見いたしました。まだまだ至らないところもあるかと思いますが貴重なインタビューの機会を有意義なものにできればと考えております。

 

モリエ:ありがとね、嬉しいんだけどね、嬉しいんだけどさ。とりあえずインタビュー始めようか。さっきさらっと「貧困と闘う23歳」ってすごいワード放り込んでたけど、それってどういうことですか?

 

笠浦:言葉の通り、貧困と闘わせていただいております。大学には在学しておりますが、派遣社員として色々な現場で働かせていただいていますね。最近では試食販売、ティッシュ配り、コールセンター等やらせていただいています。体に貧困が染み付いているせいで、派遣先で大学生と言っても信じてもらえないんです。だから普段はフリーターってことにさせていただいています、ふふっ(笑)

モリエ:す、すごーい(今日初めて見た笑顔がなんか悲しい…)今回のインタビューはですね、ロミジュリに合わせて皆さんの恋とか愛について教えてもらってるんです。それだけ多くの現場で働いていたら色々と出会いもあるような気がしますが、笠浦さんにとって一番の恋というとどんなものがありますか?

 

笠浦:恋…恋、か、ふふ…

 

モリエ:そうです、恋!!(あ!やっと女学生らしい笑みが見れた!)

 

笠浦:最近は雪もちらつき、寒い日が続いていますよね。先日私、寒風吹きすさぶ中、早朝のティッシュ配りのバイトをしておりました。楽しく配っていたのですが、あまりに寒くて手がかじかんでいるところに強いビル風が吹いて持っていたティッシュが飛ばされてしまったんです。慌てて追いかけたのですが、スーツだったこともあってなかなか追いつけません。すると、前を歩いていたサラリーマンがバシッと足で止めて下さり、それを拾い上げて「ごめんね、今ので破れちゃったみたいだから、コレは僕がもらうね」とさわやかスマイルで私に言うではありませんか!見た目もものすごく好みでした。

 

モリエ:え、すごい優しい~運命的な出会いですね!!

 

笠浦:はい。すっかり感動してしまった私は「いえ!いえ!ぜひ新しいものをご利用くださいませ!」と、何個もティッシュをあげてしまいました。もうめちゃめちゃキュンキュンして、その日一日幸せでした。

 

モリエ:なにそれ~!笠ちゃんめっちゃ恋してるじゃーん!ティッシュ何個もあげちゃうとかそれ反則だし~でも恋しちゃってるんだもんね。

 

笠浦:あ、でもそのときは幸せだな~ってだけで恋とか思わなかったんですよ。

 

モリエ:そうなの?

 

笠浦:はい、そのときは。ただ、後で思い返してみて、一つとても心配なことに気が付いたんです。その方はすごく私の好みの容姿だったのですが、というのはつまりすごくハゲてたんですが、渡したティッシュにはいっていたチラシというのが「男のたしなみは脱毛!~サロンでつるつるピカピカに☆」という内容のものだったのです。他意はなかったのですが。もし傷つけてしまっていたらと思うとそれから胸が苦しくって…これが恋かもしれませんね…

 

モリエ:…何を恋とするのかは人それぞれだからね。十人十色。蓼食う虫も好き好き、千差万別、百人百様、三者三様…百人百様と三者三様って似すぎてて三だと規模感小さいし三者三様の方はいらなくないかねぇ…

 

笠浦:はぁ…苦しい…これが恋…

 

モリエ:笠ちゃん辛そうだし、そろそろインタビュー終わりにしようかな。じゃあ最後にごめんね、ほんとに辛そうなところ悪いんだけど、一応決まりでさ。今の気持ち、恋への気持ちをラップにしてもらってもいいかな?最悪ラップじゃなくてもいいからさ!

 

笠浦:はい…私にできることならやらせていただきます。

 

モリエ:ほーんと、ごめんね。じゃあもうできるかな?

 

笠浦:(頷き)

 

モリエ:じゃあお願いしまーす!

 

笠浦:レペゼン渋谷! ティッシュ配り
雪やべえ日でも早めに出勤
遅刻は罰金 ほしいの現金
バイトリーダーの意見は絶対
トークマニュアルの日本語崩壊
ばかにならないぜ源泉徴収
でもあなたの笑顔がSO報酬!
東京砂漠に舞い降りた天使は
モーレツ社員?頭皮がSHINE!
CAN YOU BE MY SUNSHINE?
薄毛のあなたに受け取ってほしい
薄給の私のラブ&ティッシュ
チェケラ!

 

笠浦:こ、こんなんでよかったでしょうか?

 

モリエ:完璧すぎて怖いくらいだよぉ!薄毛ほんとに好きなんだねぇ。

 

 


第1回は若者の恋愛離れ、第2回はワーキングプア問題ということで結構初っ端から社会問題扱っちゃってるかな。恋をテーマにしても人によって千差万別だなぁてラブ・アクを読んで感じて貰えたら嬉しいです、始めるときそんな風に全然思ってないんだけどね!

 

※ラブ・アクはフィクションとノンフィクションを織り交ぜてお送りするインタビュー企画です。次回更新もお楽しみに!

一覧に戻る

リターン

3,500

・通常チケット
 (チケットは当日受付にてお渡し)
・メッセージカード(写真付)

支援者
7人
在庫数
制限なし

3,500

ご来場いただけない方もお楽しみいただける
・当公演の台本
・当公演DVD~READYFOR限定バージョン
・当公演CD

支援者
5人
在庫数
制限なし

7,000

特別席チケットA
~目の前までキャストが迫る、一公演2名様限定席
(チケットは当日受付にてお渡し)

支援者
2人
在庫数
19

15,000

・特別席チケットB
~目の前までキャストが迫る、一公演2名様限定席
(チケットは当日受付にてお渡し)
・出演キャスト一同と写真撮影
(写真はデータにてお送りします)

支援者
0人
在庫数
22

30,000

・特別席チケットC
~目の前までキャストが迫る、一公演2名様限定席
(観劇希望日時をご指定ください)
(チケットは当日受付にてお渡し)
・出演キャスト一同と写真撮影
(写真はデータにてお送りします)
・劇中に舞台上にあがって共演するチャンス

支援者
0人
在庫数
22

プロジェクトの相談をする