プロジェクト概要

2016年5月22日上智大学四谷キャンパスにて、

政治イベント「保育園落ちた!選挙攻略法2016」を開催します。

 

こんにちは、元橋利恵といいます。大阪大学大学院に所属し、子育て・母性・家族について研究をしています。今回は、5月22日に開催予定の、子育てと政治に関するイベント開催プロジェクトの費用について皆様にご協力をいただきたく、このファンディングを立ち上げました。

 

私の同世代の友人は、政治に関心がありながらも、子育てと仕事に忙殺され、なかなか社会の動きや選挙についての情報を得たり、人と話したりする機会を得ることができません。「大切なこどもの将来に関わる政治なのに、参加しづらい。」そのような友人たちの声を受け、彼女ら/彼らに必要な社会や政治の情報を届けたいという思いからこのプロジェクトを立ち上げました。

 

「保育園落ちた!選挙攻略法2016」←参加を検討されている方はコチラから

 

しかし、イベントを開催するための費用、特に、できるだけ広く、たくさんの人に届くものをつくるために必要なビデオや資料制作の資金が不足しています。イベントの開催にあたり、会場費や講演料などの総費用90万円が必要です。今回はそのうちの40万円をクラウドファンディングで集めたいと考えております。どうぞ皆さま温かきご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

 

お母さんも子どもたちももっと暮らしやすい世の中を実現したい!
その思いからこの政治討論会を開くことを決意しました。

 

このイベントでは実際にどんなことをやるの?

 

今回のプロジェクトを企画したきっかけのひとつに、7月に行われる予定の参議院選挙があります。この選挙では、憲法24条、つまり「家族のあり方」について書かれた憲法条文の改正が争点のひとつになっています。つまり、この選挙で、今後の日本の家族の形が変わっていく可能性があるのです。

今回のイベントでは、日頃から特に政治に関心をもっている人でないとなかなかわかりにくい子育てと政治、選挙のしくみについて解説します。ビデオや、有識者や政党関係者を交えたトークを通じて、選挙の判断材料を提供することを目的としています。制作したビデオや資料は、イベント後にネットで広く公開する予定でいます。

 

 

政治の話って難しくてわからない。政治の話には興味があるけど、人前で話すのには抵抗がある。
そういった方々にも、多く参加していただければと考えています。

 

当日の登壇者について

 

当日の登壇予定者としては今回のイベントの目的に共感してくださった三浦まりさん(政治学者)・川上未映子さん(小説家・詩人)・治部れんげさん(ジャーナリスト)をゲストとしてお迎えすることができました。また、各政党関係者の方々にも登壇していただく予定ですので、随時紹介していきます。

 

 

三浦まりさん

 

川上未映子さん

 

 

治部れんげさん

 

他にも、各政党関係者の方々についても確定次第ご紹介させていただきます。

※講演ゲストは一部変更となる可能性がございます。

 

まだまだ子育てに厳しい先進国・日本
超少子高齢社会に突入する前にこのままでいいの?

 

日本はまだまだ子育てに厳しい国だと言われています。莫大な教育費や自らのキャリアを犠牲にしないと子どもをもてない仕組みになっている上、子どもをもつことは自己責任でしかないと心理的にも追い詰められます。

 

私自身、いずれ子どもをもちたいと考えても、社会的なハードルが高すぎて希望がもてません。子育てしやすい社会へと政治制度を通じて変えていこうにも、当事者である子育て世代の女性は、子育てと仕事に忙殺され、最も政治から遠ざけられてしまっています。

 

少し前、「保育園落ちた!日本死ね」というブログがクローズアップされ、待機児童問題ひいては子育て環境の劣悪さが大きく話題になりました。「#保育園落ちたの私だ!」というハッシュタグやプラカードとともに多くの共感の声が寄せられました。社会も政治も子育ての問題に注目している今こそ、今後の日本の保育制度を考える転機となるはずです。

 

某主婦のブログにより有名となったニュースと「#保育園落ちたの私だ」のハッシュタグ。
この日本政府への問題提起はこれからの子育て世代の方々の生活を改めて考える機会となりました。

 

私の背中を押した友人たちの”声”

 

私が大学院生として研究をしている中でこの間も、子育て中の高校時代の友人と再会した際にこんなことを耳にしました。

 

「子どものためにも社会や政治について考えたいのに、情報が錯綜していてどれを選べばいいかわからない。教えてほしい!」

 

「政治の話はとても気になるのに日常でしづらい。」

 

「政治や政治家に絶望してしまっている自分がいる。」

 

「テレビの情報って本当のことを言っているの?何を信じればいいのかわからない。」

 

友人たちのこの言葉やネットで騒がれているこのようなことを見聞きして、同じようなことを考えている境遇の人はきっとたくさんいるのだと気づきました。7月に総選挙が、と早々に言われていますが、投票者が自分の暮らしをよりよくするために投じた1票でなければそれは民意とは言えないと思います。

 

そこで、子育て世代と政治について分かりやすく解説するイベントとコンテンツづくりをしようと有志で集まった仲間たちと企画することにしました。

 

 

あなたの投じる1票にはかけがえのない価値があります。
その投票権を自分のために、生まれてくる子供のために自ら選択し投じることが重要なのです。

 

◆イベント概要◆

 

イベント名:「保育園落ちた!選挙攻略法2016」

 日時:2016年5月22日 13:00~15:30

 主催:「保育園落ちた!選挙攻略法2016」実行委員会

   場所:上智大学四ツ谷キャンパス、2号館4階401教室

 

 

 イベント参加費(Peatixでチケット購入): 1000円+手数料

 託児 未就学児先着35名まで 申込はチケット購入時

 参加を検討されている方は次のページよりご確認くださいませ。

   →→「保育園落ちた!選挙攻略法2016」←←

 

◆当日の題目◆
(第1部)子育てをめぐる社会状況に詳しい有識者のパネルディスカッションを通して、子育て世代のニーズが政治的なものであることを参加者と共有する。
(第2部)7月の選挙に向けて各政党から国会議員を招き、私たちのニーズを直接対話する場をつくる。

 

◆講演・登壇ゲスト予定者◆

【有識者】

三浦まりさん(政治学者)/川上未映子さん(小説家・詩人)/治部れんげさん(ジャーナリスト)


【政党関係者】
現在講演依頼中です。

 

【モデレーター】

對馬果莉同志社大学大学院)/元橋利恵(大阪大学大学院)

 

※当日の登壇者は一部変更となる可能性があります。

当日の論点をわかりやすく解説し、また会場に来られない人にも届けられるような映像や資料を製作予定です。


同日の講演内容を録画・編集するコンテンツの制作とイベントの開催には、「男性、女性、いろんな性、みんなが平等でHappyな社会を」モットーに活動しているフェミニズム・アーティストグループの明日少女隊の協力を得ています。


 

明日少女隊は、2015年に誕生した、様々な性別の
第4世代若手フェミニストによる、社会派アートグループです

 

そして、女性研究を代表するともいえる上野千鶴子先生(ウィメンズアクションネットワーク WAN理事長)からも応援のメッセージをいただきました!当日も駆けつけてくださるとのことです!

 

「良い政治も悪い政治も人間がつくるものです」

「今度の選挙、どうする??」

 

また、この企画はウィメンズアクションネットワークによるWAN基金からの助成を受けております。

 

働くお母さんも、専業主婦も、子どもたちも――。

もっとたくさんの人が暮らしやすい社会を実現したい。


今回のプロジェクトを通して、20、30代女性が子育て環境や政治について、情報を効率的に得る機会をつくることができます。また、映像資料や紙媒体のコンテンツを製作することで、イベントに足を運ぶことができない人も含めて、選挙に向けて議論を盛り上げることができます。

 

このように、イベントに政治家を招き対話したり、コンテンツで議論を喚起させたりすることによって、政治に関心がないと言われがちな若年子育て世代の政治的な力を、社会や政治家にアピールすることができます。この活動が広く知られることによって、その流れをさらに押し広げることができます。

 

「子どもが泣いてうるさいから講演イベントには行けなかった」、という方や「これまでの政治の知識がなくてそういう会には抵抗があった」、という方にも満足していただける内容にしたいと考えています。

 

 

子どもも大人もお年寄りも。女性も男性もそうでない人も。
みんなにとって暮らしやすい、住みよい社会をみんなで考えませんか?

 

これからの日本のことについて、自身と子どもの未来について真剣に考える機会を実現したいと考えています。どうか皆さま私たちの活動に賛同いただき、ご支援賜ることはできませんでしょうか?どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

*****リターンについて*****

 

リターンには【ご支援がそのまま今回の活動に使われるコース】【支援しながら楽しめるリターンのコース】の2種類がございます。

 

ご支援がそのまま今回の活動に使われるコース】

・お礼のメール

実行者よりお礼のメールをお送りいたします。

3,000円/10,000円/30,000円/50,000円/100,000円

 

B069940e4b25c38c70119f6bf90bf3b724e7c13d

 

 

【支援しながら楽しめるリターンのコース】

お礼のメール

「#保育園落ちたの私だ」のプラカード画像データ×3種類

・隠れフェミニスト感謝状

実行者からのお礼のメールと、共催である明日少女隊が制作する、女性の権利のための活動を支援された方にお送りする「隠れフェミニスト感謝状」をお送りいたします。

 

73e933a7a9b04e32f1618c4e7493ee64879425a1

 

 

・イベント当日のチケット

 

34585ff1d120af02888a4da49080e5c0b4e557c9

 

 

​・【数量限定】イベントでの優先発言権

 

質疑応答の際に優先的に発言が可能です。また、遠方に住まわれている、お仕事で当日来れない方には、質問やコメントをいだけましたらイベントで優先的に読み上げさせていただきます。


最新の新着情報