プロジェクト概要

 

子どもが大きくなったら自分の夢を叶えよう。
そう思っているママに手を差し伸べる場所を!

 

はじめまして、巴翔(ともえ しょう)です。地元秋田を離れ茨城に移り、13年間リラクゼーション業界に関わってきました。母になり4人の子供を育てながら、子育てサロンやシェアスペースなどを拠点に施術をしています。

 

施術を通し、多くのママさんと出会う中で「やりたいけどできない」「やりたいことをできている」「自分のやりたいことがわからない」その違いは環境なのではないだろうかと気づき、子どもを抱えた母親がやりたいことを躊躇なく始めることができる場をつくりをはじめました。

 

ママになった女性が自分のやりたいことに挑戦するきっかけを作る場所が完成するまで、あと一歩です!応援どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

結婚・妊娠・出産と"女性の幸せ"を得るにつれ、私の閉塞感は加速していきました

 

たまたま手に取った求人誌に載っていたお店にひかれ、リラクゼーションの道にはいりました。新しい技術を覚えたり、お客様との会話やご指名をいただり…心地よい体の疲れと自分が誰かの役に立っているという充実感に満ちた生活を送っていました。
 

そんな中、24歳の時に結婚、長男を出産。自分で育てたいと思ったものの、働かなくては生活できないと、日中、子供を祖父母に預け、初めての子育てに奮闘しながらも、仕事はやめず共働きで生活していました。
 

その後、次男、三男も授かり、結婚、妊娠、子供を授かるという女性としてこれ以上ないくらい順調に進んでいく事とは裏腹に、私の閉塞感は加速していきます。

 

 

朝から晩まで仕事をしていても全て生活費にお金が消えて手元に残らないという虚しさ。子供を一日中預けることの申し訳なさと無力さ。そのわりに、子供になにかあると仕事を抜ける無責任さ。

 

母親としてこれでいいのだろうか。私がやりたいことと違うのではないか。
仕事も子供も自分のことも中途半端で、このままでいいのだろうか?

 

30歳という節目を迎え自分の将来について考えてた時に、家庭も仕事も自分のやりたいこと全てを我慢する生活を変えたいと、起業した仕事が広がってきた2017年に、子供を連れてシングルになりました。

 

 

 

動ける私が、そのチャンスを作る側に回れば、
もっと自由に動けるママたちが増えるのでは

 

起業し、子育てサロンやレンタルスペースで施術をしていると、子育て中のママとお話する機会があります。話にあがるのは、やはり「やりたいことを今は押さえているが子育てが落ち着いたら本格的に始めたい」ということ。

趣味として続けている方もいますが、「仕事じゃないから」と自分がお金を頂いて稼ぐということに躊躇する人が多いのです。

 

それと同時に、ママたちのスキルを求めている方がいることも知りました。

「●●くんのママ」という肩書をなくし、自分の得意を「コンテンツ」として打ち出し、ニーズのあるところに繋ぐ。人同士が繋がることで、報酬をもらって終わりという関係ではなく長く続いていく輪ができる。


そんな場所があれば、家庭を守りながら、社会と関わるチャンスを見つける事ができ、肩書に縛られて動けない人が自分らしさを取り戻せる環境ができるのではないか…と、ママ達が一歩を踏み出せる場所を作ることになりました。

 

 

 

やりたいことが出来る、長く関係を続けていける場作りスタート

 

そう考えた時、今までさんざん遊んできたゲームの「ギルド」というシステムが浮かびました。ギルドとは、中世より近世にかけて西欧諸都市において商工業者の間で結成された組合のようなもの。依頼したい人と依頼する人を繋ぐ場所です。

 

「本拠地」と名付けた場所を用意し、登録してもらう時にハンドルネームを作り、自分をキャラクターとして「スキル」や「活動範囲」など自分が出来ることを書いてもらいます。それは資格とは違い、どんなことでもいいんです。

 


○○が作れる、○○が出来るなど、自分が楽しく提供できることや、今までの仕事で培ってきた経験などを提供する。そしてそれが小さなお仕事になり、何かを始める資金になったり大きい仕事に繋がるご縁ができたり、誰かの前に進む力になれたり、そういう場になってほしい。


同時に、自分がやっていることを披露できる場所を提供したり、自分のスキルを上げられるワークショップや講座を楽しみたいとの思いからシェアスペースも作ります。


 

本拠地店舗の予定地

 

飲み屋街の真ん中に作り、昼間は通り道になってしまう所に新たな魅力を作りたい

 

事務やデザイン、裁縫や料理など…なんでもいいのです。
その人のスキルを使って輝ける場所をつくりたい

 

 

 

やりたいことができる環境は、自分の思いの強さとサポートしてくれる人がどれだけいてくれるかで作り出せます

 

もし会社に入ったならバリバリ仕事できるのにという知識を持ったママさん、趣味と言っているけど、他人からみたら素晴らしい能力を持っているママさんがたくさんいます。

 

もう無理だ、と諦めてしまうのはもったいない。一度きりしか無い自分の人生を思いっきり楽しめるようになってほしい。

 

子供が独り立ちしたら私は50才。親の介護があるかもしれない。孫の面倒をみているかも。「子育て」が終わったとしても、やりたいことができる保障はないのです。やりたいと思ったときにやらないと、そのまま終わってしまいます。

 

自分の未来は自分で守るしかありません。そして、一歩を踏み出す、その環境を作るのは、今の自分しかいません。

 

私と一緒に、やりたいことを始める一歩を踏み出しませんか?

あたたかい応援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 

 

本拠地について

 

  • 場所:茨城県水戸市泉町仲通り
  • 設備:WIFI完備、施術ベット完備のシェアスペース
  • 運営期間:2018年4月1日〜(予定)
  • HPサイト http://honkyochi.com 

 

支援金の使途内訳

 

  • 転資金 240,000円
  • 備品購入費 60,000円

 


最新の新着情報