READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

【第2弾】カンボジアの子どもたちに小学校を届けたい!

【第2弾】カンボジアの子どもたちに小学校を届けたい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月29日(金)午後11:00までです。

支援総額

85,000

目標金額 1,500,000円

5%
支援者
7人
残り
26日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月29日(金)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

English page

 

ホープってどんな団体?

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。認定NPO法人ホープ・インターナショナル開発機構(以下ホープ)です。

 

私たちは、支援の届いていない人々への自立へ道筋を支援することを理念に、どんな環境に生まれても持っている力を生かせる希望ある世界の実現を目指し、カンボジア、フィリピン、エチオピアで貧しい人々が自立できるよう支援をしている団体です。2001年の団体創立当初から、水からはじまる自立支援をモットーに「安全な水」を届けることから始まり、自立に向けた包括的な支援を行っています。

 

中でもカンボジアでは「安全な水」を届ける支援に加え、全ての子どもたちが教育を受けられるよう、学校建設などの教育支援も行っています。

 

 

2021年は初めてのクラウドファンディングに挑戦し、目標金額を大きく上回る350万円以上のご支援をいただき、クローセン・ノブ村の小学校に新しい校舎を建設することができました。本当にありがとうございました。

 

2021年のクラウドファンディングのページはこちらからご確認ください。

 

|2021年に完成したクローセン・ノブ小学校からのメッセージ

 

この度は新しい校舎を建てるため、多くの方々がご支援してくださったと聞きました。皆さまの温かいご支援にとても感謝しています。

 

皆さまからのご寄付は、生徒たちが明るい未来を切りひらくために必要となる「知識」を提供する、最高の機会を私たち教師に与えてくださいました。

 

広くなった教室は、新型コロナウイルスの感染対策が重要な時代に、生徒同士の距離を保つことができます。校舎も頑丈なものになったので、これからは授業中に雨や嵐の心配をする必要がなくなりました。 

 

もしこの校舎が出来ていなければ、生徒たちは感染対策のため登校できず、ずっと家にいて教育を受ける機会を失っていたかもしれません。

 

これからも安心して学べる子どもたちが増えていきますよう、ご支援をいただけますと幸いです。

 

クローセン・ノブ小学校 校長

 

古い木造の校舎での授業は、雨の日は、雨が教室に入り込み、雨音がうるさかったです。晴れた日は暑くてたまらず、たくさん汗をかくし、とても不快で授業に集中することが難しかったです。

Lさん 11歳(4年生)

 

学校が新しくなって嬉しいです! すっごく嬉しいです!

H・Jさん 12歳(5年生)

 

 

学校で勉強ができるようになったので、しっかり勉強をして、将来は地域のリーダーになりたいです。

S・Pさん 14歳(5年生)

 

子どもたちが教育を受けられるよう校舎の建設に寄付をしてくださった、遠く離れた日本にいる皆さんに心から感謝しています。皆さんの幸せと成功をお祈りしています。本当にありがとうございました!

P・Hさん(保護者代表)

 

 

貧困のサイクルを断ち切るために必要な支援

 

貧困は連鎖し、世代を超えて人々を苦しめ続けます。一度そのサイクルに陥ってしまうと日々を生きることに精一杯になり、根本的な解決策に目を向けられなくなってしまいます。

 

貧困のサイクルから抜け出すため、ホープは安全な水の供給、保健衛生教育、収入創出活動のサポートなど包括的な支援を行っています。中でも「教育」支援は効果が表れるまで長い時間を要しますが、世代を超えた貧困のサイクルを確実に断ち切る一番の手段です。

クラポー・ピークロン村の小学校建設にご協力ください!

 

現在ホープが学校建設を行っているポーサット州ビール・ベン地域は、内戦中に多くの地雷が埋められ、今でも撤去作業が行われています。この地域の住民のほとんどは地雷が撤去された後、貧しさから抜け出したいと新しい土地に希望を求めてきた移住者です。

 

しかし新天地には生活に必要な安全な水がなく、生業である農業も水が不足しているため軌道に乗らず、生活の苦しさは変わらないままでした。


2019年からホープがビール・ベン地域で水供給事業をスタートし、地域の人々は安全な水にアクセスできるようになりました。生活環境も改善し、農業も順調に進みだすと、支援も次のステージへと移行します。


水支援の次は、誰もが安心して教育を受けられる環境を整える支援です。私たちはカンボジアのポーサット州に毎年1校のペースで校舎の建設を続けています。今回学校の建設を予定しているクラポー・ピークロン村にある学校は劣化が激しく、雨の日は雨風が吹き込み、授業が中断されることもあります。定員オーバーで授業が受けられない生徒たちもいます。


それでも「学校で勉強をしたい」と願う子どもたちがいて、「子どもたちが学ぶ場所を作りたい」と願う大人がいます。彼らの願いを実現し、全ての子どもたちが安心して教育を受けられるようになるには学校が足りていません。 
 
カンボジアでは新型コロナウイルスの感染者数は落ち着いてきたものの、予測不能な時代に、学校は雨風をしのぐ頑丈さだけではなく、生徒同士の距離を保てる広い教室も必要です。 まだ校舎の新設や建て替えが必要な学校があります。

 

古い学校(左)と青空教室(右)
古い学校(左)と青空教室(右)

 

これまでにご支援いただいた方々、ボランティア・インターン・スポンサーとして活動を支えてくださった方々、そして新たにこの取り組みに賛同し、協力してくださる皆さまと一緒に、子どもたちが安心して学べる小学校建設を実現させるため、2022年もクラウドファンディングに挑戦します。

 

 

 

クラポー・ピークロン小学校建設プロジェクト

 

今回はクラポー・ピークロン村に地域の全ての子どもたちが初等教育を受けられるよう、2023年春の完成をめざし、小学校を建設します。

 

建設工事には地域住民も参加します。学校の建設に住民が当事者意識を持って関わることで「学校を大切に管理しよう」というオーナーシップが生まれ、学校は長く、大切に使われていくのです。

 

このプロジェクトはホープ・ネットワークと資金を出し合って建設します。3教室ある鉄筋コンクリートの校舎の建設費用約540万円のうち、当団体は1教室分の建設費用の150万円を負担します。達成できなかった場合はホープ・ネットワークがカバーします。

 

※ホープ・ネットワークは、カナダのバンクーバーに本部を置き、世界9カ国の拠点から45年以上にわたり世界の極貧層の人々への自立支援を行っています。

 

今回のクラウドファンディングを通して、皆さまにご協力を募っていきたいと思います。

 

今回の皆さまのご支援で実施していくこと

 

| 資金用途

校舎(1教室分)建設費用:150万円(管理費も含まれます)

 

| 建設スケジュール

・1ヶ月目:資材購入、土地整備

・2ヶ月目:基礎工事

・3~5ヶ月目:校舎建設

 

※2023年4月末までにカンボジアのポーサット州クラポー・ピークロン村に小学校の建設を完了したことをもって、プロジェクトは完了となります。


子どもたちと地域の人々の自立への道筋を
学校づくりを通して支えていきたい

 

カンボジアでの安全な水の供給や教育支援を通して、これまでにおよそ15,000人が貧困から抜け出し、自立への道を歩み始めています。そして私たちは、これからもカンボジアの人々が支援に依存することなく、彼ら自身で自立をして健康で不安のない生活を営んでいけるよう、寄り添ったサポートをしていきたいと考えています。

 

 

事業地の子どもたちに「将来の夢はなに?」と聞くと、多くの子が「学校の先生」と答えます。彼らにとっては学校の先生が唯一、実際に見たことのある憧れの職業だからです。

 

教育を受けて知識や技術を得ることで視野が広がり、将来の選択肢も広がります。

 

クラポー・ピークロン村に小学校を建設し、そこで学んだ子どもたちが新しい夢を見つけることができる、そんな学びの場となる学校づくりにご協力いただけますと幸いです、どうか温かいご支援、応援をお願いいたします。

 

 

 

寄付金控除について

 

認定NPO法人ホープ・インターナショナル開発機構へのご支援は申告を行うことにより法人税、所得税、一部自治体の個人住民税、相続税が税控除の対象になります。

 

申告の際に、当団体発行の領収書が必要となりますので、大切に保管してください。


寄付金控除についての詳細はこちらからもご確認ください。

 

<寄付金受領証明書の発行について>

寄付金控除型のリターンコースをご支援をされた方には、後日「寄付金領収書」を送付致します。

寄付金領収書の発送日:

2022年11月末を予定しています。発行までお時間をいただきますが、予めご了承願います。
寄付金領収書書名義:

ご支援時に記載いただく「リターンお届け先」を宛名として作成します。

発送先:

READYFORアカウントにご登録の「リターンお届け先」にお送りします。
寄付の受領日(領収日):

READYFORから実行者に入金された日となります。2022年9月9日を予定しております。

 

 

|ご留意事項

 

・支援者システム手数料についての詳細はこちらからご確認ください。

 

・プロジェクト成立後の返金やキャンセルはご対応いたしかねます。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

 

・支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。

 

・本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】【命名権】に関する条件の詳細については、こちらから「命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」の項目をご確認ください。

 

・支援後のリターンお届け先情報などの変更はできません。お間違いのないようご注意ください。

 

・ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。

プロジェクト実行責任者:
ベア ジェフリー(認定NPO法人ホープ・インターナショナル開発機構)
プロジェクト実施完了日:
2023年4月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

カンボジア、ポーサット州のクラポー・ピークロン村に小学校の校舎を建設します。集まった資金は、3教室ある校舎の1教室分の建設に使用します。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
本プロジェクトはホープ・ネットワークでの共同事業です。必要金額と目標金額の差額はホープ・ネットワークが補填します。目標金額を超える支援をいただいた際は、当団体がカバーする資金の割合を増やします。 ※ホープ・ネットワークは、カナダのバンクーバーに本部を置き、世界9カ国の拠点から45年以上にわたり世界の極貧層の人々への自立支援を行っています。

プロフィール

認定NPO法人ホープ・インターナショナル開発機構

認定NPO法人ホープ・インターナショナル開発機構

1970年代にカナダで設立され、日本では2001年に愛知県で活動をはじめた国際協力NGOです。主に安全な水の供給と衛生教育事業から貧困問題を解決するために活動をしています。国内では名古屋を中心に、関西や関東でも活動を広めたりチャリティーイベントを開催しております。

リターン

5,000+システム利用料


alt

【税控除対象】校舎レンガコース

・お礼のメール
・ニュースレター配信
・寄付金領収書

※本コースは税控除の対象になります。
※寄付金領収書の日付はプロジェクト成立後の9月9日になります。送付は11月末を予定しています。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

10,000+システム利用料


alt

【税控除対象】屋根瓦コース

・お礼のメール
・ニュースレター配信
・年次報告書
・寄付金領収書

※本コースは税控除の対象になります。
※寄付金領収書の日付はプロジェクト成立後の9月9日になります。送付は11月末を予定しています。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

30,000+システム利用料


alt

チャリティーディナー参加権

・お礼のメール
・ニュースレター配信
・年次報告書

・2022年~2023年に開催するチャリティーディナーにご招待します。
チャリティーディナーは、名古屋、関西、東京で開催しており、世界の貧困状態にある人々の生活を支援すること、私たちの社会意識を高めることを目的としています。イベントで集められた寄付金は、ホープが実施している自立支援事業に使われます。

詳しくはこちらをご覧ください
↓ ↓ ↓
https://www.hope.or.jp/events/charity-dinner

留意事項
・名古屋、関西、東京の中から参加希望の場所を1つお選びください。
・各ディナーの開催日は決まりしだいお知らせします。
・会場までの交通費は含まれません

※本コースは税控除対象外です。

支援者
0人
在庫数
15
発送完了予定月
2023年7月

50,000+システム利用料


alt

【税控除対象】鉄筋コース

・お礼のメール
・ニュースレター配信
・年次報告書
・寄付金領収書
・ホームページにて支援者様のご希望のお名前掲載(希望者のみ)

※本コースは税控除の対象になります。
※寄付金領収書の日付はプロジェクト成立後の9月9日になります。送付は11月末を予定しています。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

60,000+システム利用料


alt

【税控除対象】完成した学校を見に行こう!

・お礼のメール
・ニュースレター配信
・年次報告書
・寄付金領収書
・校舎完成後の写真をメールにて送信
・ホームページにて支援者様のご希望のお名前掲載(希望者のみ)

・カンボジアの事業地と完成した学校をホープスタッフが案内します

留意事項
・以下の費用を負担していただきます。
 - 航空券
 - 海外旅行保険
 - 予防接種(任意)
 - 日本国内移動費・宿泊費
 - 現地での宿泊費・交通費・食費
・1名まで同伴可(渡航に係る全ての費用はご自身で負担していただきます)
・渡航時期については要相談

※本コースは税控除の対象になります。
※寄付金領収書の日付はプロジェクト成立後の9月9日になります。送付は11月末を予定しています。

支援者
0人
在庫数
6
発送完了予定月
2024年4月

100,000+システム利用料


alt

【税控除対象】セメントコース

・お礼のメール
・ニュースレター配信
・年次報告書
・寄付金領収書
・校舎完成後の写真をメールにて送信
・ホームページにて支援者様のご希望のお名前掲載(希望者のみ)
・感謝状贈呈
・校舎の壁にご希望のお名前を印字(スペースサイズ:小 / アルファベット40文字まで)

※本コースは税控除の対象になります。
※寄付金領収書の日付はプロジェクト成立後の9月9日になります。送付は11月末を予定しています。

支援者
0人
在庫数
10
発送完了予定月
2023年4月

300,000+システム利用料


alt

【税控除対象】土台コース

・お礼のメール
・ニュースレター配信
・年次報告書
・寄付金領収書
・校舎完成後の写真をメールにて送信
・ホームページにて支援者様のご希望のお名前掲載(希望者のみ)
・感謝状贈呈
・校舎の壁にご希望のお名前を印字(スペースサイズ:中 / アルファベット40文字まで)

※本コースは税控除の対象になります。
※寄付金領収書の日付はプロジェクト成立後の9月9日になります。送付は11月末を予定しています。

支援者
0人
在庫数
3
発送完了予定月
2023年4月

1,000,000+システム利用料


alt

【税控除対象】教室コース

・お礼のメール
・ニュースレター配信
・年次報告書
・寄付金領収書
・校舎完成後の写真をメールにて送信
・ホームページにて支援者様のご希望のお名前掲載(希望者のみ)
・感謝状贈呈
・1名様限定:校舎の壁にご希望のお名前を大きく表示(アルファベット50文字まで)

※本コースは税控除の対象になります。
※寄付金領収書の日付はプロジェクト成立後の9月9日になります。送付は11月末を予定しています。

支援者
0人
在庫数
1
発送完了予定月
2023年4月

プロフィール

1970年代にカナダで設立され、日本では2001年に愛知県で活動をはじめた国際協力NGOです。主に安全な水の供給と衛生教育事業から貧困問題を解決するために活動をしています。国内では名古屋を中心に、関西や関東でも活動を広めたりチャリティーイベントを開催しております。

あなたにおすすめのプロジェクト

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
総計
56人

注目のプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
重度障害児・者の「できた!」を支えたい|チームの構築・アプリの改修 のトップ画像

重度障害児・者の「できた!」を支えたい|チームの構築・アプリの改修

伊藤史人(島根大学総合理工学部)伊藤史人(島根大学総合理工学部)

#子ども・教育

181%
現在
6,360,500円
寄付者
351人
残り
26日

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする