現地報告!②

子供たちが描いた絵で飾られたピカピカのゴミ箱。

 

この日は数名のスタッフと共にLoregaにゴミ箱を設置して回りました。

 

 

ゴミ箱設置にあたって、Lorega一帯を担当している行政官Joanも駆けつけてくれました。彼女のアドバイスの下、50個のうち40個をLoregaのストリート全体に、残りの10個をLorega内にある小学校に設置することになりました。

 

 

ゴミ箱が我が家にやって来た!

 

 

多くの住民たちが心待ちにしていたゴミ箱。「うちにも欲しい!」と前々から言っていた住民の自宅付近にも、設置することができました。

 

 

 

ゴミ箱を並べて、ビニール袋を被せると、とても嬉しそうに「Thank you!」と笑いかけてくる住民たちの姿が印象的です。

 

 

 

こちらはLorega内にある幼稚園。園児たちも上手に正しく、ゴミ箱が使えるようにと、先生にお願いをしました。

 

 

 

Loregaの衛生の第一歩。本番はここから。

 

ゴミ箱を設置してから数時間後、Lorega内を歩いていると、いくつかのゴミ箱にはすでにゴミが入っていました。

 

今後ゴミ箱がきちんと利用され、Loregaの街の衛生が改善されるのか、現地スタッフの協力を得てモニタリングを行っていきたいと思います。

 

また今後、小学校へのゴミ箱の設置の様子も合わせて報告いたします。子供たちには学校でもゴミ箱を利用してもらうことで、自然と日常的にゴミ箱を使う習慣を身につけて欲しいと思います。


 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています