学校建設ボランティア 第一グループ報告

4/3~4/8まで学校建設の施工ボランティア及び現状の視察に行ってきました。

第一グループのレポートをアップしました。

https://www.youtube.com/watch?v=EjjkR63ksR8

 

建設は現在、屋根の工事に入るところで、正面外壁は私たちが滞在している間にすべて積み上がりました。

私たちボランティアチームは、窓を盗難から守るための鉄格子をつくりました。

タイでは、窓を始め、電気などもすべて夜間に盗まれてしまうのです。

5月末の新学期開始にあわせて建設が進められていますが、現状は工事が少し遅れています。まずは、5月末までに外壁、屋根などの外側はすべて完成させて、新学期開始以降は、建物の裏側の部分、トイレや電気・下水道等の工事を進めていく予定です。

 

学校では5歳くらいから14歳くらいの子供たちが学んでいます。まだ文字を書けない子どももいます。でもみんな学ぶ事に対して本当に純粋に一生懸命!私たちの教えた日本語もすぐに覚えます。ゲームもみんな真剣。大きな子供が小さな子供の面倒をしっかり見ています。私たちは会話はできませんが、一緒に遊べば言葉は関係ありませんでした。子どもたちは生きる力、希望にあふれています。

現状、セントー地区では、13~14歳から地区の工場で働き始めます。しかし学校で学ぶ事により、とてもまじめで器用なミャンマー人は工場でも上のポジションに行けるそうです。

先生はミャンマー語の先生、タイ語の先生、そしてミャンマーからボランディアで来ている先生もいます。彼らの働きにも頭がさがります。今回は、私たちに鉄格子の作り方を教えてくださり、一緒につくりました。

 

まだまだ支援は必要です。ぜひ皆さまのサポートを宜しくお願いします。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています