プロジェクト概要

「生涯活躍のまち」の取り組みであるサービス付き高齢者向け住宅で

理想の定年後を過ごせる場所を実現したい!

 

はじめまして、佐久市臼田地区活性化共同企業体の伊藤洋平です。

 

これまで、サービス付き高齢者向け住宅の企画・開発など、地方創生の生涯活躍のまち分野でシニアの住まいづくりに携わってきました。

 

今、シニアの住まいというのは介護や医療が必要となる施設がほとんどです。その多くが自ら望んで入居するのではなく、家族や親せきが探してくるという状況が多いようです。


皆さんは、もしご自身がそのような立場になったらどうでしょうか。もしかしたらご自身の望まない転居になるかもしれません。

 

そうであれば、元気なうちに、介護や医療が必要になった時もずっと暮らし続けられる住まいを見つけて、自らの意思で転居したいと思いませんか?

 

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

この度、私たちは長野県佐久市で、移住後も安心して暮らし続けられるサービス付き高齢者向け住宅を運営する「ホシノマチ団地プロジェクト」をスタートします。

 

本プロジェクトは、佐久市の「生涯活躍のまち」の事業に位置付けられており、2018年3月に、私たち佐久市臼田地区活性化共同企業体が事業者として選定されました。民間主導で市の補助金を受けずに進めるプロジェクトです。

 

プロジェクトをスタートするにあたり、たくさんの方々にホシノマチ団地のことを知っていただき、佐久市発の地方創生の先進事例として応援していただきたいと思っています。

 

生涯活躍のまちの先進事例を、ここ佐久市から一緒に作っていきませんか?

 

 

地域医療で先進的な長野県佐久市では、「医療連携・健康づくり推進型生涯活躍のまち」の取り組みを進めています

 

長野県佐久市は地方創生の一つの柱である生涯活躍のまち(日本版CCRC)の取り組みを2015年度から行ってきました。

 

生涯活躍のまちとは、「東京圏をはじめとする地域の⾼齢者が、希望に応じ地⽅や「まちなか」に移り住み、多世代と交流しながら健康でアクティブな⽣活を送り、必要に応じて医療・介護を受けることができるような地域づくり」*とされています。*「生涯活躍のまち」構想最終報告より

 

佐久市の人口は2010年をピークに減少しています。新たな人の流れを生み出す手段のひとつとして、佐久総合病院を中心とした「医療連携・健康づくり推進型生涯活躍のまち」をコンセプトに掲げ、星のまち臼田として有名な臼田地区(旧臼田町)を生涯活躍のまちの拠点として取り組みを進めてきました。


先進的な取り組みが評価され、佐久市は内閣府のまち・ひと・しごと創生本部の生涯活躍のまち形成支援チームの支援自治体に選ばれています。

 

ホシノマチ団地は、このような佐久市の財政にも大きく貢献する官民連携分野において先進的な事業です。また、空き家の市営住宅をリノベーションしてオープンしますので、空き家を活用して人口増加に貢献できます。

 

本事業が実現すれば、佐久市の生涯活躍のまちはもちろん、全国で生涯活躍のまちを広げるモデルケースになると考えます。

 

 

■佐久市のご紹介■

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
佐久市からは浅間山がきれいに見えます。ですが、火山による影響も少なく安心して暮らせる地域です

 

 

毎年8月には臼田よいやさ(祭り)が行われ、地域の人たちでにぎわいます

 

 

龍岡城五稜郭。春には桜の名所です
五稜郭は函館が有名ですが、日本には2つの五稜郭があり、もう1つは佐久市にあります

 

 

皆さまからのご支援で、空き家の市営住宅をホシノマチ団地としてリノベーションし、地域と交流できるシニア移住者の住まいへ

 

今回のプロジェクトでは、長い間空き室になっていた4階建ての市営住宅の一部をリノベーションし、バリアフリー化して、移住後も安心して暮らし続けられるサービス付き高齢者向け住宅「ホシノマチ団地」としてオープンします。現在準備を進めており、竣工は2021年の予定です。

 

■ホシノマチ団地のご紹介■

 

住宅完成イメージ図(バリアフリーにするため、エレベーターを外付けします)

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
現在の住宅の様子(外観)

 

現在の住宅の様子(キッチン)

 

 

ホシノマチ団地は、住む方は基本的に首都圏からの移住者を想定しているため、移住後も安心して暮らし続けていただくためのサービスを提供していきます。

 

★移住と高齢者の生活をサポート


移住者の皆さんの不安は、地域になじめるかという点です。そこで、私たちは団地の集会所を整備し、地域の人たちと交流ができる場として開放します。団地には、地域コーディネーターがスタッフとして常駐し、地域と移住者をつなげていきます。


地域コーディネーターは移住者の働きたい、ボランティアをしたい、といった地域で活躍できる機会をつくるサポートをし、臼田地区の地域活性化に貢献します。

 

年齢を重ねていくうちに、外出が困難になったり、誰かのサポートが必要になったりすることも出てきます。そのような時にも、コーディネーターが生活のサポートをすることで、ずっと安心して暮らし続けられる地域を実現します。

 

また、団地ならではの居室の広さを活用して、外国人がホームステイをするような民泊として活用したり、入居者がオフィスとして作業や接客に活用するような、団地の中で仕事をして稼ぐことができるような仕組みも作っていきたいと考えています。

 

ここが集会所になります

 

 

★様々な世代が暮らす"団地"という環境を生かした、多世代コミュニティを実現


サービス付き高齢者向け住宅は、通常は高齢者の方々だけが暮らす場となっています。ですが、ホシノマチ団地は佐久市の市営住宅を改修するので、24戸のうち8戸は一般の方が住んでいる住戸です。そのため、サービス付き高齢者向け住宅としてはめずらしく多世代が住んでいる環境になります。


ホシノマチ団地には集会所がありますので、ホシノマチ団地に住む入居者はもちろん、同じ住宅に住む方々や、地域の方々にも集っていただける地域交流拠点にしたいと考えています。

 

例えば、ホシノマチ団地は中学校のすぐ近くに位置しているので、自習室として開放すれば、中学生が利用してくれますし、それに対して教員経験のある入居者が勉強を教えるということも可能かもしれません。集会所にはキッチンもあるため、キッチンを利用して料理教室や食事会、バーなどを行うこともできます。

 

隣接する道は子どもたちの通学路。浅間山も望めます

 

 

定年後が不安ではなく、希望となる社会に!その先進事例を佐久市のホシノマチ団地から日本の地方へと発信します

 

現代の日本では、定年後というと健康や年金など心配なことが多く、定年後を不安に思ってる人が増えています。

 

私たちはこのホシノマチ団地プロジェクトを通して、定年後も安心して充実した生活を送ることを実現し、それを全国に発信して、定年後を楽しみに思う人を増やしていきたいと思っています。

 

そのためにはまず、シニアにとってホシノマチ団地が"定年後に住みたい場所NO.1"となるように、佐久市の地域の方々とともに、充実した生活が送れる場所にしていきます。ぜひ多くの方に、私たちと一緒にこのホシノマチ団地を盛り上げていただきたいです。皆様のご支援・応援をよろしくお願いいたします。
 

私たちと一緒にホシノマチ団地を盛り上げていきましょう!

 

 

佐久市長 柳田清二様より応援メッセージをいただきました!

 

 

佐久市長の柳田清二です。

 

佐久市は長野県の東部に位置し、東京から北陸新幹線で約75分。晴天率は全国トップクラスで、1979年に気象観測が始まって以来、一度も熱帯夜になったことがないまちです。

 

平成27年度から、新たな人の流れを生み出す手段のひとつとして「生涯活躍のまち事業」に取組んでおり、最初に選定された全国7か所の生涯活躍のまち形成支援チーム対象自治体のうちのひとつです。「佐久市生涯活躍のまち構想」において臼田地区を対象エリアのひとつに設定し、先行して事業を進めています。


臼田地区の中心には、地域医療の先駆けとして全国に知られる佐久総合病院があります。佐久総合病院を核とした地域の医療・介護環境等が整うとともに、まちの機能が集約し、かつ豊かな里山に囲まれた臼田の地は、生涯活躍のまち構想を実現するのにふさわしいエリアであると確信しています。

 

現在、既存の市営住宅下越団地の一部をサービス付き高齢者向け住宅に改修し、移住された方の住まいとする計画を進めています。平成29年度末、公募によって「佐久市臼田地区活性化共同企業体」がサービス付き高齢者向け住宅の整備・管理運営を担う事業者として決定し、具体的な改修計画や入居要件について検討・協議いただいているところです。

 

入居対象者は、50歳以上のアクティブシニアの方々です。これまで自分が培ってきたスキルを活かしたい、夢を実現したい、地域コミュニティに自分も参加したい…そんな皆さまをお待ちしています。

 

 

▶︎資金の使い道について

 

皆さまからご支援いただいた資金は、ホシノマチ団地の工事着工(2019年3月予定)にかかる初期費用として大切に活用させていただきます。ご支援・応援をよろしくお願いいたします。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)