皆さま、こんにちは

 

一般道では、どうなの?

昼間しか乗らないんだけど?

近くしか運転しないの

 

というお声をいただいたので、そのあたりについて、お話します。

 

私は、日常的に車を運転します。

普段は、そのあたりをうろうろ、片道30分程度のところまでが多いです。

その次は、ちょっと営業、遠出となると片道1時間から2時間くらいの一般道を運転します。

普段から、朝4時とか、4時半とかに家をでることもしばしば。真っ暗です。

出張となれば、高速にも乗ります。

昼でも、夜でも運転します。

ナビ頼みで、行ったことがないところでもお構いなしでどんどん向かってしまうので、雪道のホワイトアウトも経験済み(事故も経験しました。よく死ななかったなぁレベル)。

豪雨の中も、濃霧の中も、半泣きになりながら運転した経験が何度もあります。

 

だから、思うのです。一般道にも危険がいっぱい!

今日、信号待ちをしていました。左手には、駐車場の入り口。

(もし、今、ここから、車が出てこようとしたら、私、下がったほうがいいのかな~)

そんなことを思っていたら、何かが、後ろを横切りました!

おばあさんが、反対車線を横切って、私の車の後ろを通って、その駐車場入り口前をとことこ歩いて行きました。

 

「ここは、横断歩道では無い!」と思ったこと、きっと多くの方があると思います。

住宅街の見通しがよいように見える1本道。左右の植栽の陰から、何かがふわふわ、次に犬!びっくりした!なんて経験も。

 

昼間に近場しか運転しない方には、も必要ありません。

ご本人の注意力で前方の確認は肉眼で大丈夫です。赤外線レーザーは夜間と悪天候時や、雪、濃霧などの時に役立つので、お天気の昼間には必要ありません。

 

そして、新車を購入した方や新車を購入予定の方には、たぶん、も必要ありません。

ブレーキに連動する最先端ADASが車の標準装備になり始めています。

 

昼間しか乗らない方で、今の車にADASがついていないけれど、あとしばらくは、今の車に乗っている予定で、事故予防をしたいという方なら、をおすすめします。ドライブレコーダーは、一般的な数千円で買えるもので事故の記録のためには充分役立ちます。

 

運転がどんなに上手な方でも、急ブレーキをかけたとたんに、その場で車がピタッと止まるわけではありません。空走距離+制動距離があります。

運転技術も大事ですが、危険に先に気づけるかは、とても大事です。

 

運転する方、運転する方がご家族にいらっしゃる方、業務として運転がある事業者の方、安全に事故なく帰ってくることが当たり前のように思っていても、突然、思わぬ事故に巻き込まれたりすることもあります。

 

転ばぬ先の杖、大事です。「命や日々繰り返される日常の尊さは、失いかけて、実感し、失われて、思い知らされる」と、大きな事故に遭遇した方々が口々におっしゃいます。

 

私の子、2人も運転します。ほぼ、毎日2人とも自分の軽自動車を運転します。

雪が降っている時や、冷え込んで凍っているだろうなと思う時は、運転してほしくないと思います。皆さんもきっと同じですよね。大事な誰かが運転していると、自分のことより気がかりだと思います。

 

危険だから、行かないでと言っても、行かねばならぬ時もある、が日常の方もいらっしゃることでしょう。

 

そんな運転に関わる多くの方に、どれかが、お役に立てたら、嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ