皆様にお気持ちを寄せていただき、目標まで60%を超えました。

心より御礼申し上げます!本当にありがとうございます!!あああ。嬉しい。

 

コメントに、それぞれの想いを書いていただいてて、読むたびに胸があったかくなります。

 

青がお好きだったり、相馬とご縁があったり、ライブやラジオで普段からつながって下さっていることが垣間見えたり、「ご縁」って何ものにも代えがたいなあと、あったかいものが胸にじんわり広がっております。そして何より、一緒にワクワクしてくださっている方の多いこと多いこと!嬉しいなあ!

 

さあ、新しい希望の青の絵の具SOMA BLUEで、どうやって海開きを祝おうか!

と具体的な案も現地相馬の海開きチームとお話しさせていただいている最近です。

 

そもそも、相馬にとっては8年ぶりの海開き。

つまり、8年間、相馬の子ども達は海で泳いでいないということ。

 

ふむふむ。そうだよな。

と思いながら、先日、相馬へ行っていろいろ進展を聞いてきました。

 

当日の海開きイベントのタイトルは、「8年ぶりだよ!全員集合!」になったそうです、笑。

 

相馬の方々の、ホッとするこのノリの良さはなんなのだ、と大笑い。

福島の内地からつい最近高速も通ったことだし、たくさん人も来るでしょう。そして全国に向けてそれを発信するのでしょう。そんな記念日に、深く考えているのかいないのか、もはやこちらが深読みするしかないという、かっこつけないこの感じが相馬のいいところ!タイトルを思い出すたびに、じわじわくるなあ、、、と私は笑顔になっています(^^)

 

海開き実行委員長の羽柴さんに、お会いしました。

ステージや、海の家や、様々なビーチ遊びも、地元の実行委員会のみなさんがいろいろ趣向を凝らして今考えているみたいです!

 

羽柴さんとの会話、録音して来たんだった!

ジャーン!プチインタビューWith実行委員長、羽柴さん。

 

LOVE=L  羽柴さん=H

 

L「羽柴さんは子どもの頃、自転車で海行ってたんですって?」

H「行ってましたよー!毎日!暑いから海入るしかないでしょ?ふふふ!」

L「そうなんですね!で、今お父さんでいらっしゃるんですよね?おいくつの?」

H「小学校6年と4年がいます!」

L「そっか、その子達は長らく海に入れてないと。今の子ども達は色が白いの?」

H「そう入れてないから、白いの!!はははは!」

L「ってことは...この8年ぶりの海開き、羽柴さんはどういう気持ち?」

H「...自分が子どもの頃の思い出を、そのまま子どもに伝えたい」

L「そっか。特別な海開きになりますね。大人達が今、一生懸命花火をあげようと当日のイベントを作っているけど、8年間海に入れなかった悔しさは羽柴さんも心の中にも秘めていらっしゃるとは思うんです....でも今回は喜びの方で伝えてみたいですよね」

H「...伝えたいっすよ、もちろん。ぜひ相馬の海に来ていただいて、皆と楽しみたいです、本当に!子ども達に、海、入って欲しいです」

L「本当にそうですね!羽柴さん、ありがとうございます」

H「ありがとうございます、逆に!」

 

>>>>>>

 

トーンまでなかなか文字起こしできないけど、明るく笑いながらいろいろ試行錯誤されています。羽柴さんをはじめとする、大人達、実行委員の人たち、熱いです。

 

 

会話を重ねるごとに思います。

新しい青の絵の具で「全国からのおめでとう」をそのままの熱感で伝えたい、と。

でも、間違えないようにしようとも思います。

だって、一番美しいのは、

相馬の海と、大人達の努力と、当日の子ども達の笑顔。

 

それを伝えるためのメッセンジャーに、このSOMA BLUE絵の具がなれたなら最高です。

 

海開き、どんな彩り方になるかは、どうぞお楽しみに!!

 

みんなにハグしたいです。

引き続き、応援、よろしくお願いします!

 

LOVE xx

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ