プロジェクト概要

自己紹介

 

 

 

 皆様、はじめまして。簡単に私の自己紹介をさせていただきますので、興味がある方はご覧いただけると、うれしい限りです。

 

 

 

 

 

氏名:濡髪 隆史(ぬれがみ たかし)

   ※よく珍しい名前ですねと言われます。初対面の方との話のネタになるのはありがたいと思うようにしています(笑)

 

 

年齢:今年(平成30年)で39歳となりました。30歳を過ぎたあたりから体の老化を感じています。健康には気をつけたいと心の中では思っています!

 

 

出身地:生まれは東京都足立区という地域で生まれました。現在は、埼玉県日高市という地域で家族4人で暮らしております。

 

 

趣味等:音楽が大好きで、その中でも歌うことが大好きです。よく一人カラオケへ行き歌を歌ったり、アコースティックギターを持ち込んで弾き語ったりしています。

 

 

好きな食べ物:納豆(毎日でも飽きずに食べられる!)

 

 

 

好きな飲み物:メロンソーダ

 

 

 

 

 

 

 

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 この先は、今回のプロジェクトに関する内容となりますので、引き続き、ぜひご一読ください!

 

 

 

 

 

 

プロジェクトをはじめたきっかけ・経緯

 

 私は家族を持つまでは子どもが苦手でした。

子どもに対してどのような対応をして良いのか分からない」

事が苦手だと思う原因でした。

 子育てをし、自分の子どもと触れ合う事でそんな気持ちも薄れていき少しずつ子どもに対する気持ちが慣れてきた頃の、平成23年8月に、複数の保育園運営をしている社会福祉法人本部へ就職をした事が私の転機でした。元々は経理の希望で入社をしたのでその業務のほとんどが、経理、労務、補助金申請、運営保育園の状況把握、等の業務でしたが現場の保育園へちょくちょく巡回をしていたので、少なからず他人の子どもと触れ合う事も日常となり、さらに子どもへの気持ちが慣れていきました。

 結果として、その法人で3年8ヶ月を法人本部、1年間を現場の保育園施設長として勤務をした経験の中で、新たな自分自身の人生の目標が芽生えたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分の考える、理想の保育園を設立したい!」

 

保育園の施設長を経験し、多くの子どもたちと一緒に生活をし、成長を見守り絆を深めていくことが本当に生きがいとなりました。0歳から3歳までの間の環境が子どもにとって、どれほど大切な事かを知りました。その大切な時間を最高の環境で成長してほしいと思い、自分自身の保育園設立を考え始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い立ってからこれまでの道のり

 

 自分の考える理想の保育園を設立したいと思ったものの、具体的にどうすれば良いのか初めはほとんど分からず、おおまかな計画を立てていく事と、毎月の貯蓄を積み立てることが精一杯でした。

しかし、考え始めてから2年以上経ってみると初めのころの曖昧なイメージよりも具体化された計画が立ち始めました。そうなると自分の中でも行動に移しやすくなってくるので、動けるところは率先的に動き始めるようになりました。

 

 

 保育園設立予定地としては、待機児童の状況を自治体へ確認し、「埼玉県川越市」を選びました。選定の大きな理由は、自宅からの距離も考え、出来る限り近いほうが何かあった際にすぐに保育園へ駆けつけることができます。(これから一生の事ですし、通勤距離は長すぎないほうが良いという点もあります!)

 

 

 そして、物件探しや計画や、調査やらで本格的に動くこともあり、平成29年3月末で認可保育園を退職し、それなりの自信を持って動き出しました。

 

 

 

 

 しかし、初っ端から壁にぶち当たり、計画はまったく進まなくなってしまいました。

 

保育園を運営するための物件がまったく見つからないのです。

 

物件については極端な妥協は出来ないし、最低限でも基準をクリアしなくてはいけないし、川越市内には求めている物件が1件もヒットしませんでした。

夏が終わる頃まで頑張ってみたのですが、全く手応えも無く一度諦めかけて、就職活動を考えながら悩みました。

 

 

しかしどうしても、諦めきれない。

 

 

家族もいるので、ダラダラと何年間も続けるわけにもいかない。

 

 

 どうしようもなく悩んだあげく、自分の中で「あと一年間」という区切りをつけました。あと1年続けても進まなければ、諦めよう。そう決めました。

 

 

 しかし、我が家は裕福ではないため一年間も自由な暮らしなど出来るはずも無く、何かしら働きながら活動をしなくてはなりません。

 

 そのような事を踏まえて、私は派遣社員という選択をしました。派遣会社からはそれなりに時給が高く、生活に関してはギリギリのレベルで生活が保てる就業先を紹介してもらう事ができたので、こういう面では私は運がある方だと常々思います(笑)

 

 

 派遣社員で働きながら、勤務以外の時間で自分の夢を追い続け、半年ほどが経った時、条件に合う物件が1件見つかりました。

 すぐさま、不動産会社へ連絡をし物件を紹介してもらったのですが、内見をしてみると、想像以上に保育園としても、所期費用の限界としても難しいだろうと感じてしまいました。

 

 

 

・・・悩みます。・・・・・ものすごく悩みます。

 

 

 

内見が終わり、不動産会社へ戻り、担当の方と話をしていたところ、条件の賃料より若干オーバーするけど・・・と、ほぼ公表はされていない物件を1つ紹介されました。

 内容を見てみると、賃料のオーバー以外は全てクリアです。むしろ面積も想定よりも大きいので、余裕を持った保育園ができそうです。

早速、話を進めてもらい、後日内見にも行かせてもらいました。

 以前の借主さんが、惣菜や弁当を扱う店舗だったのとどのような契約の解除をされたのかは分かりませんが、店舗の中は残置物で埋め尽くされているような状態でした。しかし、全てが片付き内装工事をしっかり施工すれば明るく、のびやかな空間で子どもたちと過ごすことができるし、駅からもとても近いので保護者の方たちも便利だろうし、一緒に働く職員達も通勤しやすいだろうし、良い環境は作ることができるはず!そう確信しました。

 

 その頃はもう、春頃だったため、躓く事も出来ないラストチャンスという事もあり、この運命を信じようと強く想いました。

 

 

 そして、計画を進めていくうちに関わる人たちが皆さんとても良い人ばかりで、この時ばかりは感謝の気持ちが途切れない日々でした。

 

 

 

 

 そして、それからも何度か壁にはぶち当たりましたが関わる方々の助けをいただいたおかげで、何とか「埼玉県川越市南台」へ保育園のオープンをすることができそうです。

 

 あとは、その内容をどこまで理想に近づけられるかといったところで、現在に至ります。

 

 

 

今回の事で、私は人生で一番悩みました。

 

たくさんの決断をしました。

 

たくさんの人の優しさに触れました。

 

家族を不安にさせました。(今もまだ不安だと思います)

 

たくさんの人と知り合いました。

 

自分自身にも道筋が立ちました。

 

 

 

良くも悪くも、そんな経緯で自分自身が決めた事。

 

 

 この先、後悔をしたくなる時が来たとしても、後悔を無駄にせず後悔にしない努力をするしかない。

 

 

 一人じゃなくて、関わる人とみんなで頑張って行くと改めて思いました!

 

 

 そして、これから先もずっと理想の保育園を続けて生きたいと信念を持ちました!

 

 

 

 応援をしてくれる人に一生感謝をし続けて頑張ります!!

 

 

 

 

 

 ※私情がかなり入った内容となってしまい申し訳有りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクトの内容

 

 認可基準に合わせた、認可外保育園の運営。

 

 このたび私は、認可外保育園からのスタートをします。認可外保育園として運営をしますが、内容は認可基準に出来る限り近づけた運営をしたいと考えています。そのためには、初期工事の時点である程度の細かい工事が必要です。出来る限りの良い環境づくりのために初期工事には、こだわりたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクトにかける思い・熱意・未来への展望

 

 今回のプロジェクトが達成できれば、出来るだけ認可基準に近づけた内装工事が可能です。子どもたちが、のびのびと健やかに、穏やかに育つ環境があり、職員も穏やかに働き、保護者の方にもそんな穏やかな気持ちが伝わり、関わる人全てが幸せな気持ちになれるような理想の保育園を作ることが私の夢です。

その第一歩として、皆様のご協力をいただき、感謝の気持ちを忘れずにこの先もずっと運営を続けていきたいと考えています。

 

こんな理想ばかりを追い続けている若輩者ですが、心からの応援をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支援金の使用用途

 

 <内容>

  2018年11月1日に認可外保育所「はみんぐ保育園」をオープンさせたことをもって、プロジェクトの終了とする。

 

 <資金の使い道>

  内装工事、Readyforへの手数料・消費税

 

 <その他>

  職員の確保見込み

  7月31日現在・・・無料の求人サイト3社へ掲載中。3人の応募があり、2名面接。8月4日に1名面接。

  8月1日、ハローワークへ求人掲載。それに伴い福祉人材センターへ掲載開始。

  9月10日~20日頃・・・タウンワーク等の有料媒体へ掲載予定。

  10月1日~10日頃・・・オープニングメンバーは確保済予定。

  採用予定人数

   保育士正職員1~2名

   保育士パート3~4名

   栄養士正職員  1名

   調理員パート  1名

 

  10月中に、職員研修、入園説明会&イベント、職員会議をできるだけ多く行い開園の準備を固めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし支援をしてくださるのであれば無理のない金額を選んでください。