プロジェクト概要

▼ありがとうございます!1次目標を達成することができました!!

12月17日深夜に、開始から18日目で目標を達成することができました!

皆様のご協力・ご支援のお陰様でございます。

本当にありがとうございます!

 

また、今回のプロジェクトを拡散してくださいました皆様ほんとうにありがとうございます!

少しでも、常総市・茨城県にご興味を持っていただければ大変うれしいです。

 

▼Next Goal - 次の目標

今回、1次目標金額では、デザイン関係・写真撮影、CDプレス・印刷を含まない金額でしたので次のゴールとしてそれらを含む金額をNext Goalとさせていただければと思います。

その次、、、もしチャンスを頂けたら、ミュージックビデオの制作を3次目標にさせていただけたらと思っております。

引き続き、応援をよろしくお願いいたします!

 

また、最終目標は、このプロジェクトを通じて常総市・茨城県に興味を持っていただき、沢山の方にお越しいただいたり、物産品を取り寄せていただいたりと、地域活性化のお手伝いを音楽でできれば、本当の意味でのプロジェクト成功です!

 

▼このページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

私は茨城県常総市出身のシンガーソングライターの石塚美咲です。

現在、同市を拠点に常総ふるさと大使を拝命し、これまでにライブ・司会・ケーブルテレビ・ラジオDJ&制作など、皆様のご縁のお蔭で沢山の経験させていただいております。

 

私は2015年関東東北豪雨で被災しました。

 

 

 

▼微力でも・・・

私のCDを通して、水害で被災した街の復興につながるアクションを!

 

2015年の関東東北豪雨で水害に見舞われた私の常総市の自宅は、床上110センチの被害を受けました。

被災後は、ただただ自宅の泥かき、泥にまみれ使用不可になった家具・家電・車・楽器の廃棄作業。消毒、床・壁の解体、行政の申請に必要な書類の制作・提出、自宅再建に向けた施工業者との打ち合わせ、それと並行して被災前と変わらぬいつも通りの仕事と、修繕費を稼ぐためにこれまでより多くの仕事をこなす日々。

 

元々作る予定だったミニアルバムのCD制作費用は修繕費に回し、資金も時間も意欲も水害によって削がれ、CD制作は断念しました。

(上の写真は、CDのジャケット用に水害の数か月前に撮った写真のうちの1枚です。)


皆様のご支援のお陰様で自宅の復興も落ち着き、断念していたCD制作に改めて取り掛かる意欲が芽生えた時、「常総市のPRにつながる何かがあれば自作のCDに取り入れたい」と思うようになりました。

 

なぜ、常総市の㏚をしたいかというと、水害で常総市は人口が減ってしまいました。その減った分の消費を増やさなければ被災地の活気は戻らないと思い、これまでも被災したお店さんで飲食付きのライブを開催してきました。

 

「被災地に移り住んで欲しい」というのはハードルが高いのですが、「被災地に立ち寄って欲しい、被災地のものを購入して欲しい」と呼びかける活動なら、音楽を通して私にもできると思いました。

 

「被災地の消費を増やす」ことが水害で人口が減ってしまった常総市への、長期的な復興支援になると考えたのです。


「観光・食事・購入」・・・

なにか、常総市に興味を持っていただけるきっかけを探していました。

 

 

 

▼被災した常総市には元々、日本最古のピアノがありました。

日本最古のピアノについての参考資料引用元
茨城県立歴史館 wikipedia 水戸経済新聞


そこで、常総市や茨城県に関する楽曲を制作するとともに、現在茨城県立歴史館にある私の出身校・母校の旧水海道小学校と共に寄贈された「日本最古のピアノ スタインウェイ」(慶応元年製造、幕末・明治維新期)の音をレコーディングし、楽曲を完成させることを1つの案として考案致しました。

 

 

茨城県立歴史館に日本最古の財産があること。

そして、常総市の歴史に触れていただく機会と、音色を聞いて頂く機会を設けることで、「市外・県外からも常総市や茨城県に足を運んでくださる方や興味を持って下さる方が増えるのでは?」と思ったのです。
 

さらに、私自身がそうであるように、「水害で被災した常総市には素晴らしい歴史がある」という自負が2015年の水害で被災した皆様の心に少しでも明るい光を灯すのではと、考えております。
 

 また、日本最古のピアノは1975(昭和50)年に茨城県立歴史館に寄贈されたので、年齢層によって(40・50代以上)の方は実際に旧水海道小学校の日本最古のピアノ・スタインウェイと共に、学校生活を送られた方もいらっしゃいます。

CDを通してピアノの音色を届けることで、卒業生の皆様に望郷の念に浸っていただくとともに、ピアノの音色に親しみのない方にも、私の楽曲を通じて「時代を超える常総市のピアノの音色」と「現代を生きる私共制作チーム」が作り出す音楽を聴いていただけたらと考えております。

 

常総市の音楽文化を支えてきた母校・水海道小学校の「日本最古のピアノ スタインウェイ」の音色と、常総市で生まれ育った私が作詞作曲をした楽曲が重なり合えることを、これまで「ピアノ」そして「私」に関わってくださった皆様に深く感謝したいです。

 

 

 

 

▼「MADE IN 茨城」で6年連続都道府県の魅力度ランキング最下位の茨城県の「魅力」をCDに詰め込む!


都道府県魅力度ランキング 引用元 日本経済新聞 ブランド総合研究所

 

常総市をはじめ、水害や竜巻、地震の被災を乗り越えてきた茨城県。

そして2018年現在、都道府県魅力度ランキング6年連続最下位(ブランド総合研究所調べ)の記録を更新中の茨城県。CDをきっかけに興味を持っていただき、訪れる方が増えればと願い、制作メンバーも茨城出身・茨城で活動をしているメンバーで構成し、CDプレス以外を「MADE IN 茨城」で行います。

 

【制作メンバー】

<演奏>

Vocal.作詞作曲 石塚美咲 - 常総市出身・常総ふるさと大使

             日立市ケーブルテレビ出演

Piano.編曲.プロデュース John Nakayama - 笠間市出身・つくば市土浦市水戸市レッスン講師

Guitar.馬場一人 - つくば市土浦市レッスン講師

Bass.八田信有 - 笠間市出身・つくば市土浦市レッスン講師

Drum.目次敬之 - 牛久市出身つくば市在住・つくば市土浦市レッスン講師

 

<ミキシング・マスタリング>

コウダ ヨシノリ - かすみがうら市出身

 

<ピアノ調律>

平山ピアノ - 水戸市

 

<CDジャケット編集・撮影>

Imaharu Kazunori - 北茨城市出身

 

<撮影>

kamome design - 常陸太田市出身

 

<衣装提供・コーディネート>

KOMARI - ひたちなか市出身

 

<ミュージックビデオ撮影・制作>

MASTERPICE 島田大輔 ‐ 日立市・東海村

 

<CD掲載用写真 撮影場所>

一言主神社 - 常総市

こもれび森のイバライド ‐ 稲敷市

茨城県立歴史館 旧水海道小学校 ‐ 水戸市

 

 

 

 

▼リターンは茨城の魅力満載CDやライブ!

 

この度のプロジェクトで出来上がった、茨城の魅力を詰め込んだCDをご支援いただいた皆様にお届けいたします。

 

楽曲は常総市「一言主神社」を舞台に制作した「椋木の陰で」や常総市の弘経寺に遺骨と遺髪が収められている「千姫様」の大阪城夏の陣をモデルに制作した「千の夢」、大洗町の大洗海岸をイメージして制作した「YOZORA」、他を収録予定です。

 

また、CD発表を記念したライブを2019年3月以降に茨城県内で予定しております。

是非ご参加いただければ幸いです。

 

<ライブ日程>

●2019年4月28日(日)13時~17時の間 常総市「弘経寺」

●2019年5月3日(金・祝)12時~17時の間 牛久市「エスカードホール」

 

 

この度はご興味を持ってご覧いただきまして誠にありがとうございます!

 

今回の目標金額の73万円はCD制作費用の一部です。

可能であれば、計上しなかった「CDのデザイン・プレス代金」や「ミュージックビデオ制作費」をネクストゴールとして、さらなる挑戦をする機会をいただけたら大変有難いと思っております。

 

皆様の温かいご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします!

そして、どうぞ、常総市や茨城県を多くの方に知っていただけるよう、今一度皆さんの思う「魅力発信」をご一緒にしていただければ嬉しいです!

 

石塚美咲

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・プロジェクトの終了要項
2019年2月28日までにオリジナルCD1000枚制作したことをもってプロジェクトを終了とする。
・関連事項
オリジナルCD制作について 
 制作枚数:1000枚 
 進捗状況:制作中 
 制作者:自分で行う 
CDプレス依頼予定先 ((株)at green http://www.at-green.jp/)

■製作スケジュール

2018/9/4茨城県立歴史館にてピアノレコーディング済み。 
2019/1/10までに各パートのレコーディング完了予定。 
2019/2/10までにミキシング・マスタリング完了予定。 
2019/2/12までにCDプレス発注予定。(プレス会社へオーダーを出す。) 
2019/2/28までにCD入荷(プレス済みCD自宅着予定) 
2019/3/1/以降 CDリリース予定・CD発送開始 
2019/7/31までにお客様へのCDの発送を完了します

■ピアノの使用許可について

ピアノ使用許可:許可取得済み(ピアノ保存場所:茨城県立歴史館、URL:http://www.rekishikan-ibk.jp/) 
※ピアノのレコーディングは2018/9/4に終了済みです。また、CD化(商品化)すること、クラウドファンディングにて資金調達をすることを含め許可をいただいております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最新の新着情報