ご好評により本プロジェクトのマッチングギフトの支援額は満了致しました。
みなさまの引き続きのご支援をお願い致します。

プロジェクト概要

*システムの不具合により公開期間に誤りがございました。本プロジェクトの公開期間は、2016年8月31日までの76日に修正されました。(2016,6,27 READYFOR事務局)

 

西会津町の高校生が考案した「フフフッスイーツ 車麩ラスク」を広めたい!
気仙沼と茨城の高校生と共に東京にて発表会を開催

 

はじめまして、西会津町のi.clubを担当しています荒海正人と申します。西会津町出身、西会津高校卒業。つまり車麩ラスクを生み出した高校生たちが所属する西会津高校のOBです。現在は、西会津町地域おこし協力隊として地域の方と地域外の方とをつなぐ仕事をしながら、高校生へのイノベーション教育を提供するi.clubの活動をサポートしています。


福島県耶麻郡西会津町にある西会津高校の高校生が考案し、商品化したスイーツブランド「フフフッスイーツ」。それは、地域の特産品を使用したその商品を口にすると、思わずフフフッと笑みがこぼれてしまう、高校生と地域の大人の想いがこもった商品ブランドです。

 

「車麩ラスク」は、この春から地元の道の駅などでの販売が開始され、今ちょっとした地元の話題のグルメになっています。その車麩ラスクにおいて、今年度は昨年度開発したバターシュガー風味に加え、新たな風味の開発を行い、さらに商品の魅力を伝えるためのプロモーション活動を行う予定です。
 

今回のクラウドファンディングでは、車麩ラスクを全国に広めるきっかけとなるプロモーションの機会を作るための費用に加え、西会津の高校生たちと同じ志をもち活動する他地域の高校生たちと交流する場を東京でもつための費用を集めることに挑戦します。

 

地域の大人との協働で形になった車麩ラスクに最高の笑顔の高校生

 

フフフッスイーツ 車麩ラスクの新たな風味の開発とプロモーション活動を

 

西会津町の高校生にもイノベーション教育を

 

車麩ラスクを考案した高校生たちが所属する西会津高校は、町の唯一の高校です。しかしながら、現在入学者数の減少により存続が危ぶまれています。生徒数も一学年40名程度と小規模になっており、高校の存続のためには、高校の魅力を創り出すことが地域にとっても大きな課題となっています。

 

こうした状況下の中、高校生が地域の魅力を掘り起こし、地域内外の方へ発信することを目的に作られた特設委員会が「西高魅力発信隊」です。この西高魅力発信隊の活動をi.clubがサポートしています。

 

イノベーション教育を学び、アイデアを生み出すことに挑戦する

  

その西高魅力発信隊と地元の業者の方たちと創り上げてきたものが、スイーツブランド「フフフッスイーツ」第1弾の商品「車麩ラスク」です。高校生が、地元で活躍する事業者にインタビューを行い、地域の魅力を探し出し、その魅力を生かす方法を試行錯誤しながらアイデア発想を行いました。そのアイデアを地元の車麩屋さん、お菓子屋さん、道の駅、デザイナー、役場職員、地域おこし協力隊と、多くの方々の協働によって商品として実現したものです。

 

はじめて出会う地元の車麩屋さんから教わる車麩の魅力

 

車麩とは、ドーナツのように、丸くて真ん中に穴があいている、お麩です。原材料には、小麦粉、小麦たんぱく質(グルテン)のみが使われている、とてもシンプルな食材で、主に煮物や汁物に入れられ、食卓で親しまれていました。

 

高校生たち車麩に興味をもったのは、地元で車麩を製造している「丸十製麩本舗」へのインタビューに行ってからでした。はじめて会う地元の車麩屋さん。はじめて知る地元の車麩の作り方。そして、はじめて知る車麩の魅力。

 

西会津町の車麩は、長年町の名産品として販売されてきました。先代より伝統的な製法を守り続けられ、町内外の方たちから親しみのある商品として食べられ続けていました。膨張剤などが一切含まれず、一つ一つ丁寧に炭火で焼き上げられ、つくられています。しかし今日、食の多様化により若者を中心に車麩を食べる機会が減少し、地元でこだわり抜かれて作られている商品であることも忘れられようとしていました。

 

車麩に対する想いを高校生に熱く語ってくれた車麩屋さん

 

食べてみたい!と思ってもらえる車麩の未来を

 

自分たちでもなにかできないか。そして気づいたのが、観光客は車麩の存在をあまり知らないが、実は西会津町の町民でさえも「車麩」を最近はあまり食べていないとう事実でした。そこで、高校生たちは、西会津町の特産品である車麩を食べたことのない人や最近食べていない人にも、「食べてみたい!」と思ってもらえる食材になっている未来をつくることに挑戦することにしました。

 

注目したのは、車麩が多くの家庭で主に 「おかず」としてのみ使われていること。逆に言えば、「おかず」以外の食べ方はあまり知られていない、されていないということでした。

 

そこで高校生たちが考えたのが、車麩を一枚一枚オーブンで焼き上げ、ラスクのような仕上がりにしたスイーツにするアイデアでした。しかも、車麩の象徴でもあるドーナツ状の形はそのまま残し、西会津町の車麩のしっかりとした形と食感を楽しんでもらえることを意識したのでした。

 

さっそく車麩ラスクのアイデアを町内で100年以上の歴史を持つ老舗菓子屋「上野菓子店」へ提案。想いが伝わり、試作していただくことになりました。はじめは思うようにうまくできなかった車麩ラスクも、高校生と上野菓子店のやりよりを何度も行い、改良を重ねることで、美味しく仕上がったのでした。みんなの想いが結集したスイーツ「車麩ラスク」の完成です。

 

学校の調理室で車麩ラスクを何度も試作する

 

車麩ラスクを形にしてくださることになった地元の老舗菓子屋さん

 

思わずフフフッと笑みこぼれるスイーツの完成

発売は2月22日。そう、フフフッの日です!

 

地域の特産品を使用し、高校生と地域の大人の想いがこもってうまれた車麩ラスク。そのブランド名をつけるにあたっては、その商品を口にすると、思わずフフフッと笑みがこぼれてしまうことから「フフフッスイーツ」と名付け、その第1弾を「車麩ラスク」にすることにしました。

 

高校生も、そして大人も緊張する中で迎えた発売前の商品完成発表会。一年間やってきたことを町の関係者に発表すると、盛大な歓声が巻き起こりました。高校生の顔に、そして関わって下さったたくさんの方々の顔にも笑顔がありました。

 

それから数ヶ月。発売開始から多くのお客様に評価いただき、町のガイドブックやイベントには、町を代表するお菓子として紹介され、地域住民の方たちには、お茶受けにいいと評判になっています。おかげで今でもほぼ毎日完売する商品となっており、町を代表するスイーツになりつつあります。

 

発表会で緊張するものの、しっかり想いを伝えることに成功する

 

自ら考案したアイデアをお客様に販売する

 

「フフフッスイーツ 車麩ラスク」を全国へ!

 

今、車麩ラスクを中心にさらに新しいアイデアが湧き上がっている西会津町。高校生が描いた車麩ラスクの未来が、新たな事業を生み出しただけでなく、地域を前向きにさせました。さらには、高校生自身も、地元に誇りや愛着を抱く変化がみられるようにもなっています。車麩ラスクを作り上げることが自らの成長にも繋がってきているのです。

 

この想いを全国に届けたい。高校生には車麩ラスクの次なる風味の考案への挑戦、そして、車麩の魅力をプロモーションする場を実現させたいと思っています。

 

「フフフッスイーツ 車麩ラスク」で、地元に誇りや愛を。

どうか私たちを応援していただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します。

 

地域の高校生と大人の協働で生まれた車麩ラスクで西会津町の未来を切り拓きます!

 

リターンについて


■車麩ラスク(バターシュガー風味)
2015年度に開発したバターシュガー風味の車麩ラスクをお届けします。バターの風味が口の中で、漂う、クセになる味に仕上がっています。

 

■ざっくぅストレスリリーサー
 ケーブルインターネットZAQのキャラクター"ざっくぅ"のストレスリリーサーをお届けします。硬すぎず、やわらかすぎず、理想的な触りごこちで癒されます。
[大きさ]約8.3×6.5×奥行6.5cm

 

 

■ざっくぅ顔型クッション
ケーブルインターネットZAQのキャラクター"ざっくぅ"の顔型クッションをお届けします。思わずぎゅっ~としたくなるクッションです。
[大きさ]高さ約20㎝×横約30㎝

 

 

■高校生から始まる地域イノベーションプロジェクト応援セット
気仙沼、西会津町、茨城の3つのプロジェクトのリターンを提供します!
・酒粕ミルクジャム x 1本 
・アルファフォーレス x 1箱(5個)
・シフォンケーキ x 1箱(ホール) 
・車麩ラスクセット x 4箱(20枚)
・高校生がチョイスほしいも x 3袋(3種類)
・ざっくぅ顔型クッション

 


最新の新着情報