READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

書籍『百年の愚行』の続編を出版します!

上田壮一(Think the Earth)

上田壮一(Think the Earth)

書籍『百年の愚行』の続編を出版します!

支援総額

3,802,000

目標金額 3,000,000円

支援者
343人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
25お気に入り登録25人がお気に入りしています

25お気に入り登録25人がお気に入りしています
2013年08月09日 16:00

最初のメッセージが届きました

みなさんこんにちは。

Think the Earthの笹尾です。

 

おかげさまで、目標金額の半分を超えることが出来ました。
たくさんの応援、本当にありがとうございます!

 

本日は、本プロジェクトに寄せて頂いたメッセージをご紹介します。
テーマは「愚行を繰りかえさないために何をすべきか」。

 

これから「愚行を繰り返さない社会づくり」目指していく上で、
いろんな意見や考え方に触れて、一人ひとりが「どうしたらいいんだろう?」と

考えるきっかけになったらいいな、と思っています。

 

まずは、今週送って頂いた3名の方のメッセージをお読み下さい。

 

「愚行を繰りかえさないために何をすべきか」

 

無意識・無自覚の日常の積み重ねが「百年の愚行」となった。千里の道も一歩から。100年後の目指すべきビジョンをしっかりと持ちながら、自ら現実に働きかけ、その現実を「1ミリ」でも変えていくことが必要な時。無自覚の人に気づかせる、気づいた人が発言する、発言した人が行動する、行動した人の輪が広がる・・・。今日の「1ミリ」が100年後のビジョンを現実のものとするだろう。

 

飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)

 


20世紀は分断の世紀だった。生産者と消費者、資本家と労働者、自然と人間、それぞれが分けて考えてこられた。過ちを繰り返さないためには、私たち自身の意識を深化させ、つながりを意識し、そして取り戻すことが必要ではないか。そのためには一歩先、二歩先のレイヤーを観る想像力が必要に思う。自らの行動の結果を意識し、責任を持ち、自然界の限界に合わせて経済活動を制限していくこと。今必要なのは、そんな先を観る想像力や倫理的な行動ではないだろうか。

 

関根健次(ユナイテッドピープル 代表)

 


ダライラマ法王は2012年の郡山での講演で「世界の平和は宗教を超えた倫理観に基づく。その倫理観を養うには愛情いっぱいの慈悲に満ちた母親の心である」と話されました。子供はそれで猜疑心のない平安な心を持って育つからだというのです。「敬天愛人」―天を敬い、天が人を愛するように、人を愛す。日本には昔から「三方良し」の考え方があります。売り手良し、買い手良し、回り良し、です。ここに私は作り手良し、第一次産業に従事している人たちを入れて「四方良し」を実践しています。一社だけが、一国だけが利益をむさぼることなく、皆がともに利益を共有できるという考えです。私は今だからこそ、こうした日本の倫理観を世界に発信していきたいです。

 

渡邊智惠子(株式会社アヴァンティ 代表)

 

 

今後もメッセージや、編集会議の様子をお伝えしますので、新着情報をチェックしてくださいね!

 

(笹尾 実和子)

一覧に戻る

リターン

3,000

①編集長からのサンクスカード。
②書店での発売日より前に、完成した書籍。
③編集部からのニュースレター(メール配信)


支援者
148人
在庫数
制限なし

5,000

①-③に加え、
④百年の愚行のピクトグラムがデザインされた、オリジナルしおり

支援者
23人
在庫数
制限なし

10,000

①-④に加え
⑤Think the Earthの出版物(選択可)
⑥書籍にお名前を記載させていただきます。

支援者
128人
在庫数
制限なし

30,000

①-⑥に加え、
⑦限定部数のみ出版された『百年の愚行』大判(定価18,900円)

支援者
40人
在庫数
18

100,000

①-⑦に加え、
⑧少部数限定で特別な装丁を施した『百年の愚行2(仮)特装版』を制作してお贈りします。

支援者
4人
在庫数
6

300,000

①-⑧に加え、
⑨日本国内であればどこでも一日だけ、Think the Earthの上田壮一、もしくは編集ディレクターの小崎哲哉が、書籍を題材にした講演やワークショップを行います。(※会場確保はお願いします。告知・集客はThink the Earthのメールニュース等でもサポートします)

支援者
1人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする