READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

STOP!新型コロナ|夜間休日医療の新体制で未来を拓く!

家来るドクター【夜間休日往診】

家来るドクター【夜間休日往診】

STOP!新型コロナ|夜間休日医療の新体制で未来を拓く!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月6日(日)午後11:00までです。

支援総額

558,000

目標金額 1,000,000円

55%
支援者
86人
残り
18日

応援コメント
michiyo
michiyo14時間前以前、親子共に何度か診ていただき、とても助かりました。 診ていただけるところがあると思うと心強いです。 これからもがんばってください。以前、親子共に何度か診ていただき、とても助かりました。 診ていただけるところがあると思うと心強いです。 これからもがんばって…
中口 あづさ
中口 あづさ14時間前追加支援します。頑張ってください!追加支援します。頑張ってください!
nonohana
nonohana23時間前ずっと心配で、経過が気になって、ほんの少しだけですが追加します。今後、私のように感じている方の支援が、伸びることを祈っています。ずっと心配で、経過が気になって、ほんの少しだけですが追加します。今後、私のように感じている方の支援が、伸びることを祈っていま…
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
7お気に入り登録
7人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月6日(日)午後11:00までです。

7お気に入り登録
7人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

 

 

 

 

 

 「家来るドクター」は愛知県の夜間休日医療の架け橋として、新型コロナウイルス感染拡大と闘っています。しかし、コロナ禍で感染防護具などのコストが増え、存続の危機に直面しています。

 そこで、感染拡大防止活動を続けるため皆さまの力をお貸していただければと思いプロジェクトを立ち上げました。

 

 

 新型コロナウイルス感染症の第3波到来により、患者クラスターや感染者濃厚接触者が発生し、未だに医療機関の病床はひっ迫しています。診ている患者様の中には発熱の為に病院で受診を拒否された方もいらっしゃいます。今までのように気軽にかかりつけを頼ることもできず、不安を抱えながら生活を送っている現状を目の当たりにし、一人でも多くの命を救うために新体制を整え、新型コロナウイルス感染疑いのある発熱患者受け入れ可能な救急往診を始めました。

 

 

キャッチ(中京テレビ)

 

 改めまして、こちらのページをご覧頂き有難うございます。家来るドクター発起人医師の犬飼遼と申します。私は名古屋市内でもトップクラスの救急診療を行っている病院で研修医として勤務していました。夜間や休日の救急医療は、軽症を含む急病患者で連日混雑している上、経験の浅い研修医が診察することが多く、医療水準が日中に比べると下がってしまうなどのデメリットが多いと感じました。その中で、名古屋では初の試みとなる夜間休日にも日中と同レベルの医療を在宅で提供することで、救急車に代わる新しい医療サービスとして「家来るドクター」を2019年6月発足しました。私たち「家来るドクター」は、患者様を一人でも多く救いたいという想いのもと、連携医療機関のサポートを365日体制で行っています。

 

 

 

 

 

 

 医療機関との連携により約50名の医師が登録(2021年3月現在)しており、夜間・休日の体調不良時に電話一本で適切な対処法をご案内いたします。名古屋市内全域・愛知県の一部地域をカバーしている往診エリアで救急往診が必要と判断された場合、連携医療機関の医師が最短30分でご自宅へお伺いし診察を行います。必要に応じて、薬の処方もその場で行います。各種保険適用で、15歳未満のお子様はご加入の健康保険の助成制度により自己負担金はございません。医療証もお使いいただけます。

※登録等は不要でどなたでも365日いつでも利用できます。

 

 

 家来るドクターの診察風景

※動画の閲覧は画像をクリックしてください

 

内科、外科症状も治療出来るよう120種類以上の処方薬を持参します。新型コロナウイルスなどの迅速検査、心電図、エコー検査なども可能です。

 

 

 家来るドクターでは症状に応じた対処方法を連携医療機関の医師の判断のもとご案内いたします。緊急度判定プロトコルに基づいて赤(救急)・橙(準救急)・黄(準救急)・緑(低救急)・白(非救急)の5段階にわけて緊急性を連携医療機関の医師が判断(トリアージ)し、対処方法をご案内しております。連携医療機関に登録している医師の他に「家来るドクター」にはコールセンタースタッフ、医療事務、ドライバー等のスタッフが在籍しております。

 

 

 診察のご相談は、お子様のいるご家庭を中心に、20〜30代の単身者の方、基礎疾患をお持ちの方、ご高齢の方など、幅広い年齢層の方々にご利用頂いている状況です。全ては「家来るドクター」を通してどなたでも安心して暮らせる社会を実現する為です。

 また、いつもは救急車を呼んでいた軽症の方が家来るドクターを利用していただければ、患者様の利便性を高めながら、救急車の出動件数と医療費の低減にも貢献できると信じております。

 

 

ドデスカ(メーテレ)

 

 

 

 新型コロナウイルス感染拡大が進む中、連携医療機関と共に徹底した感染対策を講じて多くの診察を行ってきました。

PCR・抗原検査も、2020年12月から導入を開始し、感染疑いがある患者様へ対応しています。2021年1〜2月の期間、「家来るドクター」が対応した往診件数は、前年比160%でした。

私たちは現在も尚、新型コロナウイルスによる危機を乗り越えようと必死に闘っています。

 

 突然の発熱症状に対してかかりつけ医がなく「どこに相談すれば良いのかわからない」患者様や、発熱症状のため他の病院に診察を断られてしまった患者様、基礎疾患があり二次感染が心配で通院出来なかった患者様など、新型コロナウイルスによる影響で、あらゆる不安を抱えた患者様と向き合って来ました。このような状況だからこそ「家来るドクター」は患者様やそのご家族に寄り添い、地域医療の架け橋として走り続ける必要があります。

 

 

※CM視聴は画像またはこちらをクリックしてください。

 

 

 長引くコロナ禍で、家来るドクターの連携医療機関は、新たな危機に直面しています。感染が疑われる患者様を診察・検査することには、医師の感染リスクも伴います。対応として、感染防護具を身につけ、十分な消毒を行い、換気の良い場所で極力短時間での診察を行っています。 

 

 

サンデージャーナル(テレビ愛知)

 

 

ドデスカ(メーテレ)

 

 

 医師自身による徹底した感染予防対策の実践が、全ての患者様とそのご家族様を感染リスクから守る大切な手段でもあります。これまで「家来るドクター」連携医療機関に勤務する医師で新型コロナウイルス感染者は1人も確認しておりません。

 

 しかしながら、往診時に最も欠かせない感染防護具のコストが増加し、感染防護具「PPE(高機能マスクと医療用防護服)」や消毒資材の十分な購入費確保が難しい状況になってきました。また、発熱患者の積極的な受け入れによる往診件数の増加に伴い、医師の増員、往診車の増車も視野に入れなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 2021年3月上旬、家来るドクターのサービス向上を目指し、LINE公式アカウントで満足度調査を行ったところ、300件を超えるたくさんのメッセージを頂きました。

皆様からの温かい励ましのお言葉全てに目を通し、スタッフ一同涙を流し感動いたしました。中には、クラウドファンディングをしてもっと往診サービスを広めてほしいとのご意見もあり、今回のプロジェクトの後押しにもなりました。改めて、ありがとうございました。

 

  

 

 緊急事態宣言が解除された今でも、変異ウイルス感染拡大・迫りくる第4波・見通しが立たないワクチン接種など様々な不安の中で大変な毎日をお過ごしのことと思います。Withコロナ時代を見据えた新しい医療提供体制のあり方が求められる今、家来るドクターは、夜間休日の往診サービスを広める事が地域医療の充実に繋がると信じて邁進しております。そこで、一人でも多くの方の命を守るため、皆さまの力をお貸しいただけないでしょうか。 

 

 

 今回のクラウドファンディングでご協力いただきたい1,000,000円は、以下の項目に全額使用させて頂きます。
・感染防護具(防護服、高性能マスク、保護メガネ、フェイスシールド)


・感染対策備品(消毒液、抗ウイルスシート、ビニール袋)


・医師・スタッフの増員に伴う費用

 

・往診車の購入

 

 家来るドクターへ皆さまの温かいご支援を心よりお願い申し上げます。

 

 

 

・1,000円のご支援:活動報告+お礼メッセージ


・3,000円のご支援:手書きの手紙(PDFデータ)+1,000円と同じリターン

 

・10,000円のご支援:HP特設ページへの名前or企業名掲載(ご希望者のみ)+3,000円と同じリターン


・20,000円のご支援: HPまたはSNS特設ページ上部への名前or企業名記載+3,000円と同じリターン


・100,000円のご支援:往診車に貼るマグネットへの名前or企業名(ご希望者のみ)掲載+20,000円と同じリターン


・500,000円のご支援:お礼動画を公式Youtubeチャンネルにアップロード(名前 or 企業名(ご希望者のみ)読み上げ)掲載+100,000円と同じリターン

 

※支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトの支援獲得のPRのために利用させていただく場合があります。

 

 

 

・支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトの支援獲得のPRのために利用させていただく場合があります。

 

・掲載されている情報(文書、写真、動画など)は著作者から許諾を得て掲載しています。

 

・本プロジェクトのリターンのうち、【お名前記載】に関するリターンの条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 

 

 

 

2021/2/28  データで解析!サンデー・ジャーナル(テレビ愛知)

2021/2/22  日経新聞

2021/2/19  読売新聞

2021/2/16  チャント(CBC)

2021/2/08  ドデスカ!(メーテレ)

2021/1/04  キャッチ(中京テレビ)

2020/6/19 m3.comインタビュー

2020/3/25 m3.comインタビュー2

2020/3/18  ストライク(中京テレビ)

2020/3/06  日経新聞

2020/1/28  中日新聞

2020/1/22  キャッチ(中京テレビ)

 

 

 

 

家来るドクターJAPAN株式会社
発起人・医師 犬飼 遼

 

 家来るドクターJAPAN株式会社発起人・N2クリニック名古屋院長。2011年に自治医科大学を卒業し、名古屋第二赤十字病院で初期研修後、名古屋市立大学病院・市民病院・厚生病院などを経験。救急医療の現場で感じた、軽症者の過剰な救急車利用増加、長い待ち時間、短時間診察、研修医任せの診察、 不要な検査の氾濫、院内感染のリスクなど救急医療の課題を解決するため、2019年6月に「家来るドクター」を創業。 

 

 

 

 

 私たちは夜間休日の医療を支える「家来るドクター」の更なる発展と拡大に向けて、誠心誠意プロジェクトを進行いたします。しかしながらリターン内容や提供時期において、一部変更になる可能性もございます。 今後の展開スケジュールに関しては、プロジェクト成功を想定した上で現在調整中ですが、社会情勢や医療を取り巻く環境により、やむを得ない事情でご提供が遅れる場合がございます。上記のように、プロジェクトページに記載されている内容に変更がある場合は、新着情報等を通して迅速に情報共有致しますのでご了承頂けますと幸いです。 最後に「家来るドクター」が一人でも多くの方の助けになるよう、スタッフ一同力を尽くして参りますので、どうぞご支援のほど宜しくお願い致します。 

 

 

 

【プロジェクト終了要項】


運営期間    
2021/06/01〜2021/08/31

 

運営場所    
愛知県名古屋市中区栄5丁目15番17号-6F

 

運営主体    
家来るドクターJAPAN株式会社

 

運営内容詳細    
家来るドクターJAPAN株式会社が以下の項目を実行する。
・感染防護具(防護服、高性能マスク、保護メガネ、フェイスシールド)の購入
・感染対策備品(消毒液、抗ウイルスシート、ビニール袋)の購入
・医師・スタッフの増員
・往診車の購入

プロフィール

家来るドクター【夜間休日往診】

家来るドクター【夜間休日往診】

【家来るドクター】とは名古屋を中心に夜間休日の体調不良時に電話1本で医師が対処方法をご案内いたします。救急往診の場合、連携医療機関より最短30分で医師が自宅に駆けつけ診察、検査、薬の処方まで行います。 電話、メール、LINE ( @iekurudr)から相談や往診の申し込みが可能です。まずはお気軽にご相談ください。

リターン

1,000

A:家来るドクターへのご支援|1000円

A:家来るドクターへのご支援|1000円

●活動報告
●感謝のメッセージ

※活動報告・メッセージは個別のメールにてお送りさせていただく予定です。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

3,000

B:家来るドクターへのご支援|3,000円

B:家来るドクターへのご支援|3,000円

●活動報告
●家来るドクター運営チームの手書きのお礼メッセージ(PDF画像)

※活動報告・メッセージは個別のメールにてお送りさせていただく予定です。

支援者
32人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

10,000

C:家来るドクターへのご支援|10,000円

C:家来るドクターへのご支援|10,000円

●活動報告
●家来るドクター運営チームの手書きのお礼メッセージ(PDF画像)
●ホームページの特設支援者ページにお名前・企業名掲載(希望者のみ)

※活動報告・メッセージは個別のメールにてお送りさせていただく予定です。

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

20,000

D:家来るドクターへのご支援|20,000円

D:家来るドクターへのご支援|20,000円

●活動報告
●家来るドクター運営チームの手書きのお礼メッセージ(PDF画像)
●ホームページの特設支援者ページ上部にお名前・企業名掲載(希望者のみ)

※活動報告・メッセージは個別のメールにてお送りさせていただく予定です。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

100,000

E:家来るドクターへのご支援|100,000円

E:家来るドクターへのご支援|100,000円

●活動報告
●家来るドクター運営チームの手書きのお礼メッセージ(PDF画像)
●ホームページの特設支援者ページ上部にお名前・企業名掲載(希望者のみ)
●家来るドクター往診車に貼るマグネットへの名前・企業名掲載(ご希望者のみ)

※活動報告・メッセージは個別のメールにてお送りさせていただく予定です。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

500,000

F:家来るドクターへのご支援|500,000円

F:家来るドクターへのご支援|500,000円

●活動報告
●家来るドクター運営チームの手書きのお礼メッセージ(PDF画像)
●ホームページの特設支援者ページ上部にお名前・企業名掲載(希望者のみ)
●家来るドクター運営チームからの限定お礼動画
●家来るドクター往診車に貼るマグネットへの名前・企業名掲載(ご希望者のみ)


※活動報告・メッセージは個別のメールにてお送りさせていただく予定です。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
このリターンを購入する

1,000,000

G:家来るドクターへのご支援|1,000,000円

G:家来るドクターへのご支援|1,000,000円

●活動報告
●家来るドクター運営チームの手書きのお礼メッセージ(PDF画像)
●ホームページの特設支援者ページ上部にお名前・企業名掲載(希望者のみ)
●家来るドクター運営チームからの限定お礼動画
●家来るドクター往診車に貼るマグネットへの名前・企業名掲載(ご希望者のみ)


※活動報告・メッセージは個別のメールにてお送りさせていただく予定です。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年8月
このリターンを購入する

プロフィール

【家来るドクター】とは名古屋を中心に夜間休日の体調不良時に電話1本で医師が対処方法をご案内いたします。救急往診の場合、連携医療機関より最短30分で医師が自宅に駆けつけ診察、検査、薬の処方まで行います。 電話、メール、LINE ( @iekurudr)から相談や往診の申し込みが可能です。まずはお気軽にご相談ください。

あなたにおすすめのプロジェクト

竹ストローでSDGsを広め熊本県に寄付したい!

目白大学 柳田ゼミナール(柳田志学)目白大学 柳田ゼミナール(柳田志学)

#国際協力

75%
現在
150,000円
支援者
25人
残り
19日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする