皆様、こんばんは。一騎討実行委員会でございます。

 

改めまして、プロジェクトへの多大なご支援本当にありがとうございます。

 

Twitterやメールでも沢山、お祝いのお言葉を頂きましたが、皆様のご好意、ご期待を裏切らぬよう今後はこれまで以上に自らプレッシャーを掛けて大会準備に邁進していかなくてはなりません。

 

さて、一昨日ご支援頂いた皆様のお名前を公式サイト上に掲載させて頂きました。

(画像は3/28現在のものです)

 

 

平素より須藤元気を応援して下さっている方、我々の活動に何かしらのご賛同&ご期待を頂けた方、そして柔術をされていらっしゃる方。嬉しいことに第一回大会から応援して下さっている方柔術ジムなどの組織としてご支援頂いている場合もございます。


「一騎討」の存在が少なからず「柔術」の名をこれまで届きにくかった層への新たな認知拡大に寄与できたら――。海外のユーザや親日家の興味を惹くことができたら――。

 

それは、ここに名を刻んで頂いた皆様のお陰ということになります。

 

まだご支援の募集は続いて参ります。今回の支援金の最低目標額は、試合場の設置費用になりますが、その他にも映像制作費や人件費は必要な経費となります。

 

先日取り上げて頂いたメジャー雑誌のWEB版における「一騎討」の記事は同サイト内にあるFacebookランキングで1位になっていたそうです。

 

それは小さいことなのかも知れませんが、やはり「一騎討」は認知さえされれば「(言い方は乱暴かもしれませんが)面白いと思って貰えるコンテンツ」であるということは言えるのかなと改めて感じました。

 

何度も申し上げておりますが、「一騎討」には「一騎討」の役割があると思っています。柔術認知の底辺拡大に寄与できれば、国内の柔術マーケットを一層活性化することにも繋がります。

 

「一騎討」に可能性を感じて頂けましたら、趣旨にご賛同頂けましたら、どうか更なるご支援を賜りたく何卒宜しくお願い致します。