9月13、14日に琵琶湖の環境保全をテーマとし、毎年滋賀県烏丸半島で行われている野外音楽イベント「イナズマロックフェス」の「おいで~な滋賀体感フェア」に展示ブースを出展させていただきました。

 ブースでは、オリジナルのうちわを配りながら、琵琶湖に住む豊かな生き物に触れることのできる展示をおこなったり、それらを脅かす特定外来生物オオバナミズキンバイや、翌日から行われるオオバナミズキンバイ除去活動の詳細ついて説明させていただきました。また、2日目の午後には三日月大造滋賀県知事が展示ブースを訪れてくださり、激励の言葉をかけてくださいました。

 そして、両日のお昼には無料エリアの龍神ステージにて、オオバナミズキンバイが琵琶湖で大繁殖していることや私たちの取り組んでいる活動についてPRさせていただきました。これには司会のアンタッチャブル柴田さんとラリー大岩さんも分かりやすく来場者の方々に説明してくださいました。

 

ご協力頂いた皆様本当にありがとうございました。


新着情報一覧へ