プロジェクト概要

 

東京から約1時間。

豊かな自然が残り

泉質抜群の温泉に恵まれた

まさに「癒し場」。

 

それがここ、

「湯河原温泉」です。

 

しかし、近年は観光客が減少により

温泉街の街並みも寂れてしまっています。

 

そこで今回、

湯河原の新しい魅力を発信し

かつての賑わいを取り戻すため

老舗土産店「つたや名産店」をリニューアル。

 

新たな観光スポットを作ります。

 

 

 

古くから湯治場として愛されてきた湯河原温泉。

かつての賑わいを取り戻したい!

 

 

はじめまして、湯河原温泉まちづくり会社「株式会社癒し場へ」です。私たちは、昨年6月に、湯河原温泉を活性化するため、この会社を立ち上げました。

 

私たちの共通の願いは、「湯河原温泉にかつての賑わいを取り戻したい。」

 

この願いを胸に集まったメンバーと共に、これまで、空き家の再生や公共施設の民間利活用、湯河原温泉のプロモーションなどに取り組んできました。

 

メンバーと、つたや名産店のオーナー伊藤さん(右から2番目)

 

ここ、湯河原温泉は、東京から約1時間。豊かな自然が残り、泉質抜群の温泉に恵まれた、まさに「癒し場」です。

 

湯河原は、最盛期には年間100万人以上が宿泊する人気の観光地でした。

 

しかし、旅行形態の変化や景気の悪化とともに観光客の数は減少。(平成28年の宿泊客数は、約57万人でした。)

 

それに伴って、温泉街の街並みも寂れてしまい、人通りが少なく、シャッターの閉まったお店も目につくようになりました。

 

緑豊かで落ち着いた雰囲気の温泉通り

 

人通りが少なく、寂れた印象の街並み

 

 

湯河原は、都会から離れてオフになれる「癒し場」 

 

 

私たちが掲げている湯河原の観光コンセプトは「癒し場」です。

 

なぜなら、湯河原を訪れる人が本質的に求めているのは、「都会生活から離れ、『オフ』になること」だと考えているからです。

 

「わざわざ何かをしに行く」のではなく、「何もしない」でリラックスし、日頃の疲れやストレスを洗い流し、明日への活力を充電できる場所。

 

そんな場所として、多くの方に訪れていただけるよう願っています。

 

 

ー豊かな自然ー

湯河原では、緑豊かな山並みが迫り、町中に2本の川(藤木川、千歳川)が流れています。町中を歩いていると、川音が聞こえますし、川辺に茂った木が風に涼しげに揺れる姿は、見ているだけで落ち着きます。

 

 

ー癒しの温泉ー

皮膚病(アトピーなど)や外傷、打ち身などにによく効くと言われており、太平洋戦争の際は、多くの傷病兵が湯治に訪れました。

 

 

東京から気軽に行ける、こんなに静かで穏やかな「癒し場」は他にありません。

都心で忙しく働く人、静かにのんびりと過ごしたい人たちが週末、手軽に癒しを得るにはまさにぴったりの場所なのです。

 

 

 

温泉街の中心地であった湯元通りの

老舗土産店「つたや名産店」をリニューアルへ

 

 

私たちはこれまで、さまざまな街づくり活動をしてきました。

 

・湯元通りの美装化(石畳化、街路灯整備)

・空き店舗のリニューアル(温泉場商店街で、旧スマートボール店をワインバーとして今年8月にオープン)

・観光ポータルサイトの運営

etc…

 

 

そして今回、新たに取り組むのが、老舗土産店「つたや名産店」のリニューアルです。

 

つたや名産店があるのは、かつては名旅館が軒を連ね、多くの湯治客で賑わった湯元通り。この場所も、観光客の減少と共に徐々に元気を失ってしまいました。今や人通りもまばらな状態で、旅館の外で食事が出来るお店も少なくなっています。

 

そこで、「つたや名産店」で新たな「食」の楽しみを味わっていただき、集客の目玉となるお店にすることで、通りに活気を取り戻したいと考えています。

 

 

■老舗土産店「つたや名産店」とは?

「つたや名産店」は、昭和初期に建てられた古い建物です。

 

現オーナー伊藤公洋さん(御年78歳!)は東京の大学をご卒業、就職の後、ご実家である「つたや名産店」に戻られました。ご家業の傍らで、国際交流の取組み等、町おこしの活動に熱心に取り組まれてきた方です。

 

そんな伊藤さんに、私たちの趣旨に賛同いただき、この度リニューアルに踏み切ることになりました。

 

 

こんなお店になります!
地元相模湾の海の幸を活かした海鮮料理店として再生させ、観光客からも地域の方からも愛されるお店を作りたいと考えています。

 

 

この建物は、昭和初期築造の古い建物で、かなり老朽化していますが、お客様がゆったりとくつろげるお店にするため、木をメインに、かつての温泉街の風情を感じさせるレトロかつ優しい雰囲気温かみのある空間へと再生させたいと考えています。


お店のメニューの「目玉」は、金目鯛やアジなど、地元相模湾の海の幸。地元の石田さんが経営する老舗鮮魚店「魚浦商店」直送の素材を使用し、新鮮キラキラでボリューム満点の海鮮丼などの名物メニューをご提供する予定です。

 

 

オープン予定:2018年12月

 

 

ー湯河原でのおすすめの過ごし方ー

こんな1日はいかがですか?

 

午前10時 湯河原駅到着

午前10時半~11時半 

町立湯河原美術館にて展示と庭園を鑑賞。

付設のカフェ「and garden」にて喫茶

 

遅めの朝ごはんにも◎

 

午前12時~午後1時 

昼食

リニューアルした「つたや名産店」で新鮮な海鮮を。

午後1時~午後3時 

温泉街散策(万葉公園の散策、土産物店への立ち寄り 等)

午後3時 

旅館にチェックイン

午後3時~午後6時 

部屋でリラックス、温泉入浴、夕涼み

午後6時~午後8時 

旅館にて夕食

午後8時~午後10時 

温泉場商店街のワインバー「...&N」にてお酒を楽しむ

 

 

 

 

湯河原の可能性を最大限に生かした街づくりを

 

 

今現在ではずいぶん人通りが少なくなってしまった湯河原の街づくりは、決して簡単なものではありませんでした。それでも私たちは、湯河原に大き可能性があると信じ、これまで活動をして来ました。

 

都心から1時間の場所にある「癒し場」を、もっと多くの人に知っていただければ、これまでのファンだけではなく、若い方にもたくさんお越しいただけると思います。

 

都心から多くの「大人」たちが湯河原を訪れ、街は落ち着いた雰囲気の中にも活気があり、思わず歩いてみたくなるような温泉地にしていくためのこの活動に、皆さまの力を貸していただけませんか?

 

応援・ご支援をお願いいたします。

 

 

みなさまのお越しを、心よりお待ちしております。

 

 

メンバー紹介

 

■山本 一郎

<役職>

・株式会社癒し場へ 代表取締役

・有限会社ふきや旅館 代表取締役

・湯河原温泉旅館協同組合 理事長

・湯河原温泉まちづくり協議会 会長 等

 

 

■鈴木 龍介


<役職>

・株式会社癒し場へ 取締役

・有限会社鈴木呉服店 代表取締役

・湯河原温泉観光協会 副会長

・温泉場商店会 副会長 等

 

 

■石田 浩二


<役職>

・株式会社癒し場へ 取締役

・株式会社フォレスト 代表取締役

・湯河原温泉観光協会 専務理事 等

 

 

■中西 佳代子


<役職>

・株式会社癒し場へ 執行役員

・一般社団法人ノオト まちづくりプランナー

・株式会社ランドスケープ アンド パートナーシップ 代表取締役

 

 

■米森 智基

 

<役職>

・株式会社癒し場へ 代表取締役CEO

・株式会社地域経済活性化支援機構 マネージャー

 

 

■「つたや名産店」のご主人 伊藤 公洋さん(ご協力者)

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)