READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

日本に逃れてきた難民の最低限の生活を守る緊急支援を届けたい!

土岐 茂里(難民支援協会)

土岐 茂里(難民支援協会)

日本に逃れてきた難民の最低限の生活を守る緊急支援を届けたい!
支援総額
1,421,000

目標 1,000,000円

支援者
133人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2015年02月02日 19:37

Q2. どこの国からどんな人が、なぜ日本に逃れてきているの?

【あと21日・達成まで44万円】

日本に逃れてきた難民の最低限の生活を守る緊急支援を届けたい!

 

Q2. どこの国からどんな人が、なぜ日本に逃れてきているの?


世界各国から、さまざまな理由で逃れてきています。これまではミャンマーで民主化活動にたずさわっていた方が多く逃れてきていました。最近では、トルコの少数民族クルドの方々や、カメルーン、コンゴ民主共和国、ナイジェリアなどアフリカ諸国から逃れてくる方が増えています。昨年度、難民支援協会に相談にきた方の出身国は51ヶ国にのぼりました。

 

(待合スペースの様子)

 

軍事政権に対抗するデモに参加した、ジャーナリストとして人権侵害を告発する記事を書いた、民族対立が激しく、ある民族の出身というだけで命を狙われている、など、逃れてくる理由はさまざまです。なぜ、難民に厳しい日本を選んだのか。多くの方は、他に選択肢がなかったと答えます。命の危険を感じて逃げる先を探し、最初にビザが下りたのが日本だったなどです。そのため、日本にたどり着いても、頼る先がなく、日本語も分からないなど、多くの困難に立ち向かわなければなりません。

 

四ッ谷(東京)にある私たちの事務所には、インターネットで調べて空港から直接くる方、道行く人に話しかけて何とか情報を得た方など、毎日のように、世界各国から難民がたどり着いています。

一覧に戻る

リターン

3,000

A. お礼状とプロジェクト報告書のセット

支援者
63人
在庫数
制限なし

10,000

A. お礼状とプロジェクト報告書のセット
B. サバイバルパンフレット
C. プロジェクト報告書へのお名前の掲載
D. クルド難民女性の編んだオヤのストラップ

支援者
57人
在庫数
制限なし

30,000

A. お礼状とプロジェクト報告書のセット
B. サバイバルパンフレット
C. プロジェクト報告書へのお名前の掲載
D. クルド難民女性の編んだオヤのストラップ
E. 書籍「海を渡った故郷の味-Flavours Without Borders」1部
F. 「Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ」へのご招待

支援者
7人
在庫数
制限なし

50,000

A. お礼状とプロジェクト報告書のセット
B. サバイバルパンフレット
C. プロジェクト報告書へのお名前の掲載
D. クルド難民女性の編んだオヤのストラップ
E. 書籍「海を渡った故郷の味-Flavours Without Borders」1部
F. 「Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ」へのご招待
G. 書籍「海を渡った故郷の味-Flavours Without Borders」実食イベントへのご招待
H. 「難民アシスタント養成講座」へのご招待

支援者
5人
在庫数
制限なし

100,000

50,000円の引換券に加え、
I. 難民の方が経営する都内レストランでのクローズドな食事会へのご招待

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする