プロジェクト中止のお詫び

【プロジェクト中止のご連絡】

 

「日中友好の架け橋に!学生が中国南京でフリーハグ、合唱をします!」の

プロジェクト立案者 川上 権崇郎 、 石塚 諒平 、劉 夢雲 です。

 

支援を行ってくださった皆様へご連絡があります。

 

熟慮に熟慮を重ねた結果、私たちは今回のプロジェクトを中止するという決断をするに至りました。

元々「反日感情の強い地において、日本人と中国人が最大の友情表現ともいえるハグ」を行い動画におさめることで、

それを見た方々に「反日感情が特に強いとされる地においても、中国人はみんながみんな日本を憎んでいる訳ではない」

ということを知るきっかけにしていただけたらという思いが出発点でした。

 

しかし、私たちがプロジェクトを始めたのと丁度同時期に

アパホテルの一件(「南京大虐殺」などを否定する書籍を客室に備えているとして、

中国政府が訪日中国人に日本のアパホテル利用禁止を呼びかけた問題。)が起こり、

いま中国は異例の緊張状態となっています。

 

中国事情に詳しい先生方にも

「今の状況で中国でこういった活動をすることが、向こう側からしたらどのように映るかを今一度考えるべきだ」

との指摘を何度も頂戴し、私たちの「日中友好を目的とした活動」が、

結果として「日中関係に更なる火種を蒔く恐れ」があるということを強く認識しました。

周囲の人々に、そして日本にそういった形の迷惑をかけてしまうのは、

私たちも望むところではないと考え、今はそういった時期ではなく活動を差し控えるべきだという結論に至りました。

 

既に、複数のメディアにも取り上げていただける予定で、

移動の手配も済み、80人程の中国の方々と活動をする予定でいました。

ここまで私たちプロジェクトメンバーの中でもかなり議論が白熱し

色々な想定をしてどうにか続ける選択肢を模索しました。

しかし、こういった経緯で今回「プロジェクトを中止する」という選択をしました。

 

今回はこのような不測の事態により活動ができなくなってしまいましたが、

私たちの活動はこれで終わるというわけではなく、諦めたというわけでもありません。

今回は本当に本当に悔しいですが、私たちにできることは他にもあります。

現在は模索段階ですが、新潟から活動を継続していきたく思っています。

 

皆様、そのときはどうぞ宜しくお願い致します。

 

JCFプロジェクトメンバー一同

 

ご支援頂きました皆様へのご返金につきましては、以下をご参照ください。

ーーーーーーー

 

ご支援者様

 

お世話になります。 READYFOR事務局でございます。

ご支援金の返金について以下、ご案内いたします。 

 

クレジットカードでのご支援の場合、決済予約のキャンセルとなり、返金は発生いたしません。

銀行振込でのご支援の場合には、2月15日頃にご指定の口座に返金いたします。

 

上記の通り、プロジェクトの中止となりましたことにつきましてお詫び申し上げます。

皆様に信頼されるサービスを目指して参りますので、

引き続き、READYFOR並びに挑戦をする実行者の皆様を応援頂ければ幸いです。

 

その他ご返金につきまして、ご不明なことがございましたら、 事務局までお問い合わせください。

 

READYFOR事務局

tell: 03−6801−5767 (平日 10:00~18:00)

e-mail: info@readyfor.jp

 

ーーーーーーー

 

お問い合わせ先:

川上 権崇郎

E-mail:jcf.niigatau@gmail.com

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています