プロジェクト概要

2015年8月29日(土)に六本木SuperDeluxeで、90年代生まれのアーティストによる、最新鋭の演出を取り入れた今までとは一味違うジャズフェスティバルを開催します。

 

こんにちは、JAZZ SUMMIT TOKYO 実行委員会です。私たちは、中山 拓海、石若 駿、江﨑 文武、ぬかたまさしの4名で構成され、同世代の仲間と日本のジャズシーン、ひいては日本の音楽シーンにムーブメントを起こそうとイベントを企画しています。

世界レベルで活躍する若手ミュージシャンに参加して頂き、さらに新進気鋭の美術家、メディアアーティスト、ファッションデザイナーとのコラボレーションといった、これまでのジャズシーンではあまり見られなかったライブイベントを開催したいと思っています。この夏、このイベントが1つのムーブメントのきっかけになればと、日々活動を続けています。

 

最新鋭の演出を取り入れた本格的なジャズ&アートフェスティバルを開催し、ジャズの魅力を浸透させるための費用の一部をお手伝い頂けないでしょうか?

 

(JAZZ SUMMIT TOKYO 運営メンバー。

左から、ぬかたまさし、石若 駿、江﨑 文武、中山 拓海。)

 

 

即興演奏だからこそ生まれる、『瞬間の奇跡』を感じて欲しい。

 

日本は、多くの場所で(たとえBGMとしてとはいえ)『ジャズ』という音楽が使用され認知されている国ですが、近年低迷を続けており、市場規模は産業全体の2%、クラシック音楽市場の10分の1、歌舞伎市場の半分以下にとどまってしまっています。

(参考:日経ビジネスオンライン 2009


理由は様々なことが考えられますが、『ジャズ、興味はあるけど難しそう』という音楽リスナー層が一定数存在していることに対して、"入門編"と銘打った、過去の名曲を集めたオムニバスCDを作り続けているようなよくあるやり方ではジャズに未来はありませんし、ジャズが演奏される"場所"も時代に合った経営を心がけなければ、次の世代にジャズの醍醐味を伝えることは出来ないでしょう。ジャズは、単なるBGMの音楽ではなく、即興演奏によって作られる『その場限りの音楽』であり、即興演奏によって生まれる『奇跡の瞬間』があるということを知ってほしい。日本に深く根付いているジャズという音楽の醍醐味を、もっと多くの人に、ジャズという音楽に生で触れることによって感じて欲しい。

 

 

 

多くの人に本来のジャズの良さを知ってほしいと考え、今年3月から定期的にイベントを開催しています。これまでのジャズシーンではあまり実践されて来なかった''魅せ方''はとても重要なポイントとなるのではないでしょうか。

 

今年の3月に老舗のジャズライブハウス新宿 PIT INN、そして4月に江古田そるとぴーなつにて、90年代生まれの若手ジャズミュージシャンによるライブイベントを開催しました。6月30日(火)には渋谷・SARAVAH東京にて、ジャズはもちろん、ヒップホップ、エレクトロニカといったジャズに近しいジャンルも交えた、クロスオーバーなイベントを開催します。このように、90年代生まれのアーティストを中心としたライブを定期的に開催しています。

 

これからはジャズの''魅せ方''の部分にも重点を起きたいと考えています。音楽としてのクオリティは最大限に保ちつつ、ヴィジュアル、ファッション、メディアアーティストとのコラボレーションを始め、これまでのジャズシーンではあまり見られなかった要素を積極的に導入し、ジャズシーン、ひいては日本の音楽シーン全体を盛り上げていきたいです。 

 

(新宿PIT INNでの第1回イベントより)

 

 

ジャズの''魅せ方''は''プロモーション''の面と合わせ、まだまだ改善する余地は大いにあると感じています。


様々な場所でジャズが流れているこの国で、ジャズは多くの人にとって『都合のいいBGM』としてしか認知されていないという問題のほかに、プロモーション方法、ステージとしての魅せ方、ジャズ喫茶・ジャズクラブの在り方など、音楽産業全体の低迷以外にも、ジャズが下火になってしまっているのにはいろいろな原因があると考えることはできないでしょうか。特に、技術の進歩によってセルフプロモーションが容易になった今日、ジャズ界はすぐにでもプロモーションの方法を改善すべきでしょう。

JAZZ SUMMIT TOKYOは、そんな思いから『90年代生まれの若手ジャズミュージシャンの協力』でムーブメントを起こそうと結成されました。日本には世界レベルで通用するジャズ・ミュージシャンが数多く存在し、ジャズも日々進化し続けています。日本における『ジャズ』がこれから、さらに"アツい"ものになるように…そんな時代が訪れるキッカケになることを目指しています。

 

(新宿PIT INNでの第1回イベントより)

 

 

新たな魅せ方として、様々な『ヴィジュアルアーティスト』と『ジャズ』のコラボレーションによる、『ジャズ&アートフェスティバル』を開催します。


最新鋭の演出を取り込むことは、ジャズという音楽の熱量はそのままに、若い世代に向けたアプローチに繋がるのではないでしょうか。そして、BGMとしてではないジャズの魅力が若い世代に浸透することで、最終的にはジャズシーンの活性化、音楽シーン全体の盛り上がりに繋がると私たちは考えています。

今回のジャズ&アートフェスティバルには、世界を股にかけ活動するサックス奏者・寺久保エレナをはじめ、新時代を切り拓くアコースティックポップミュージック・ユニット、そして、あの女性ジャズピアニスト(出演者情報は後日公開)…ほか、世界レベルで活躍する若手ミュージシャンが六本木に集結します。さらに、新進気鋭の美術家、メディアアーティスト、ファッションデザイナーとのコラボレーションといった、これまでのジャズシーンではあまり見られなかった新しい演出を取り入れたライブイベントとなる予定です。

 

(第6弾出演アーティスト"西本 桃子 & 細井 美裕")

 

(第5弾 出演アーティスト"Srv.Vinci")

 

(第4弾出演アーティスト"桑原 あい")

 

(第3弾出演アーティスト"馬場 智章 & 長原 大智")

 

(第2弾出演アーティスト  "ものんくる" ))

 

( 第1弾出演アーティスト"寺久保 エレナ&井上 銘&金澤 英明&石若 駿")

 

(第1弾出演アーティスト"Akiko Nakayama")

 

★ 開催概要 ★

日程:2015年8月29日(土) 夜
会場:六本木 SuperDeluxe
出演者、その他詳細は、後日公開予定。


★ 開催費用 ★

1.ライブイベントを開催するための会場・機材費 ¥500,000-
2.出演者のギャランティ ¥600,000〜
3.スタッフへの謝礼 ¥500,000-
4.広報費用・当日パンフレット作成費用 ¥100,000-
5.本イベントのライブ CD 制作費 ¥200,000-


計190万円のうち、約90万円をチケット収益で賄えますがライブイベントの運営費100万円が不足しています。皆様のお力をお借りできないでしょうか。

 

 

最後に

 

日本の音楽シーンはいま、未曾有の転換期をむかえています。様々なメディアが発達し、それを誰もが簡単に扱える今日において、ジャズの受容形態も時代に合わせて刻々と変化していくでしょう。

ジャズの熱量、演奏としてのクオリティは最大限に保ちつつ、''魅せ方''を追求することで、さらに多くの人々にジャズが親しまれるきっかけとなるのではないでしょうか。


日本のジャズシーン、音楽シーンの明るい未来のために、共にムーブメントを起こしましょう!よろしくお願い致します。

 

 

★ 引換券 ★

 

・運営メンバー4名による手書きサンクスレター

 

・JAZZ SUMMIT TOKYO READYFOR 限定Tシャツ

 

・8/29(土) JAZZ SUMMIT TOKYO 2015のライブレコーディングCD

 (一部抜粋・非売品)

 

・8/29(土)夜 JAZZ SUMMIT TOKYO 2015 入場券

 

・8/29(土)  JAZZ SUMMIT TOKYO 2015

 ライブレコーディングCDへの氏名・団体名のご掲載

 

・2015年8月30日(日)以降に開催される、

 JAZZ SUMMIT TOKYO イベントのフリーパス3回分(入場券)

 

・8/29(土)のリハーサル&アフターパーティー参加権利

(出演アーティストとプライベートトークをお楽しみ頂けます。)

 

・JAZZ SUMMIT TOKYO Special Band 出張演奏(交通費別)

 

 

 


最新の新着情報