プロジェクト概要

『弘前ねぷたまつり』の剛情張大太鼓を後世に。
団結のしるし「オリジナルはんてん」を作りたい!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。公益社団法人弘前青年会議所です。私たちは、青森県弘前市にある青年会議所で、1951 年に設立されました。


地域社会の次代の担い手たる責任感をもった 20歳から40歳までの、人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意思により参加したメンバーで構成されており、これまでさまざまな活動を行ってきました。

 

その中の1つが、弘前市で毎年8月1日~7日の期間に行われている『弘前ねぷたまつり』です。江戸時代から続く伝統的なおまつりですが、個々に町内会で運行されていたものを、昭和26年(1951年)に弘前青年会議所がネプタコンクールを主催してから、合同運行の形式へと変化していった等、私たちが歴史的に深く関わっており、現在も会員の多くが町内会や団体の一員として参加しております。

 

ですが近年では、この地域も少子高齢化の影響を受け、ねぷたまつりの参加者や有志で出陣している大太鼓に参加できる人が減少しているという現状があります。中には、参加を断念せざるをえない団体もあるのです。

 

その一つが『津軽剛情張大太鼓』です。一度は人手不足によって出陣を断念しましたが、昨年私たちが叩き手募集、育成することで復活を果たすことができました。

 

そして、今年は新たに一般市民の方にも引き手として参加をしてもらうことでねぷたまつりを盛り上げていきたいと考えていますが、団結のしるしである「オリジナルはんてん」を参加者分まで製作するための費用が不足しています。

 

そこで、クラウドファンディングを通じてその費用をご支援をいただきたく、このプロジェクトを立ち上げました。

 

ねぷたまつりを盛り上げるために、そして、この伝統を後世に繋げていくために、皆さまの力を貸してください!

 

 

『弘前ねぷた』にかけた想い。

剛情張大太鼓出陣へ!


『弘前ねぷたまつり』は、青森県弘前市で開催される弘前四大まつりのひとつである夏ねぷたまつりです。毎年8月1日~7日の期間に開催されており、大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに山車を引いて、市内を練り歩きます。

 

私たち弘前青年会議所は、昭和26年(1951年)の設立後から合同運行を企画し、今でも、毎年当代理事長はねぷたの審査員を務めるなど、深く関わりをもっています。

 

 

中でも、昨年は『津軽剛情張大太鼓』の復活に尽力をしました。

 

『津軽剛情張大太鼓』は、平成元年に弘前市市制施行100周年の記念につくられた、直径が4m、50人がかりで引く大太鼓。雷のようなお腹に響く大きな音が特徴です。

 

ですが、少子高齢化によって、太鼓の叩き手と引き手に多くの人数を必要とする『津軽剛情張大太鼓』は人を集めることが難しくなってしまい、ついに出陣をすることができなくなってしまったのです。

 

そこで私たちは、復活を楽しみにしている地域の人たちのためにも、なんとかこの大太鼓を復活させたいと叩き手募集し、育成。そして昨年、無事復活させる事ができました。

 

ねぷたまつり当日、大太鼓の太く低い音が会場に響き渡った時の地域の人たちの笑顔がとても印象に残っています。

 

そして本年は、叩きの育成に加え、一般市民も共にねぷたまつりに参加して剛情張大太鼓の引き手を体験していただくことで、弘前ねぷたをより一層盛り上げていきます。

 

そこで、団結のしるしとして「オリジナルはんてん」を製作し、一般の参加者と気持ちを一体にしたいと考えておりますが、一般の参加者が着用する分のはんてんを製作する費用が不足しています。

 

そのため、みなさまにご支援をいただきたくプロジェクトを立ち上げました。

 

 

参加者と団結!

ねぷたまつりを盛り上げる「オリジナルはんてん」

 

皆さまからいただいたご支援で、一般の参加者と気持ちを一体する団結のしるし「オリジナルはんてん」を製作します。

 

デザインは、弘前の地域や大太鼓の出陣、弘前ねぷたをイメージできるような案を地域の方々から広く公募します。そして、当会にて選考した結果、最優秀作品となったデザイン案をもとに製作をする予定です。

 

今年の剛情張大太鼓の出陣は、8月1日(木)土手町コースと5日(水)弘前駅前コースの2日間出陣します。見て楽しむだけではなく、引き手として、一般の方にも参加していただくことで、共に弘前ねぷたまつりを盛り上げていきます!

弘前に轟く音を。

ねぷたまつりで地域と地域の「絆」を広く強く繋げて行く

 

古くから受け継がれてきた『弘前ねぷたまつり』には、地域と地域の絆をより広く、そして強くしていく力があると思います。


少子高齢化などによって、地域から人が減ってしまっている現状がある今だからこそ、『津軽剛情張大太鼓』や地域に根付いた伝統文化である『弘前ねぷたまつり』を身近に感じ、この弘前に愛着を持ってもらいたい。

 

そして、これからの世代に『弘前ねぷたまつり』を繋いでいきたいです。

 

みなさまの温かい応援・ご支援をお願いいたします!

 

 

本プロジェクトの全てのリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)