プロジェクト概要

【第1目標達成のお礼と、ネクストゴールへの挑戦について】

 

おかげさまで第1目標をなんと、2週間で達成することができました。

皆さま力強いご支援と温かなメッセージを本当にありがとうございます!

 

皆さまからどんどん前に進むためのお力と勇気をいただきました。 あらためて“この活動を1回きりにするのでは無く継続していかなければならない”という強い使命感を感じています。

 

そこで、大胆な目標【Catch A Cambodian Starを定期的に実施できる枠組みを作る】を掲げ、継続的な活動のための資金としてネクストゴール300万円を目指します。(詳細はこちら)

 

どうか引き続き活動へのご理解と応援をよろしくお願いいたします。

 

池田尚子 2019年10月7日

 

カンボジア人の若手演奏家に活躍の舞台を!
日本のプロとオペラ「蝶々夫人」を首都プノンペンで披露します。

 

特定非営利活動法人 日本カンボジア文化振興会理事、池田尚子(いけだひさこ)です。

 

私は福岡県出身で、東京音楽大学に入学。その後、青年海外協力隊の音楽隊員としてカンボジアの首都プノンペンの王立芸術大学で活動しておりました。

 

帰国後、日本国内での教員経験などを経て、カンボジア国内でのクラシック音楽イベントや舞台芸術分野の環境改善の取り組みをしたり、カンボジア人若手演奏家の支援を行っています。

 

カンボジアの地方での授業。

 

現在は、「カンボジア人若手演奏家の発掘育成プロジェクト」に注力しています。

内戦により、文化振興に遅れるカンボジアの若手演奏家を発掘し、育てる目的で始めたものです。

・若手演奏家のオーディション

・プロの演奏家との舞台共演

・国際コンクールへの出場支援

などをメインに活動しています。

 

そして今年もカンボジア人の若手演奏家とそれを楽しみに待つ、愛好家を育成するためにカンボジア国内で世界的に活躍するプロと共に【Catch A Cambodian Star 2019 オペラ「蝶々夫人」】を実施します。

 

しかし、開催には、日本からの演奏家の渡航費や舞台設営費などで500万円以上の費用がかかり、自己資金ではまかないきれず、クラウドファンディングへの挑戦を決めました。

 

経済発展の著しいカンボジア。文化面でも世界で活躍できる才能をもった若者が羽ばたこうとしています。どうかご支援をよろしくお願いいたします!

 

2019年受賞者お披露目コンサート(3月実施)での一場面

 

 

Catch A Cambodian Starのこれまで

 

カンボジアは内戦の影響からすべての分野で専門家が育っていません。その上、舞台芸術の分野、特に西洋音楽は支援が入りにくいため、放置されてきました。結果として、良い舞台芸術に触れる機会が圧倒的に少ないのが現状です。

 

何か役に立てないかと、カンボジアの音楽教育環境の改善をライフワークにすることに決め、「Catch A Cambodian Star」というプロジェクトを立ち上げました。

①みんなが憧れる”スター”を育てるための、カンボジア人若手演奏家の支援

②頑張っている若者が評価される仕組みを作ること(舞台芸術を好む市民の育成)

の2つを掲げて、「Catch A Cambodian Star」は2013年と2017年にオーディションとその受賞者によるコンサートを開催しました。

 

2013年に支援したカンボジア人テノール歌手が、受賞後に支援者を見つけ、カナダの音楽大学へ留学できました。

 

また、2017年には、若手発掘支援だけでなく、舞台経験値を高めるための育成部分を盛り込みました。この際選出された若手ピアニストはスポンサーの支援もあり、2018年に紀尾井ホールで東京交響楽団との共演を果たしました。

 

2017年受賞者のサニー(写真中央)と私(写真左)

 

 

次なる挑戦は、その才能が長く活躍できる環境を作ること

 

青年海外協力隊としてカンボジア王立芸術大学でボランティアしていた時、西洋音楽のことを「お化けの音楽」と言っている子どもがいました。詳しく聞くと、その当時耳にした西洋楽器の演奏から、お化けのような弱々しく、不安定なものをイメージしたそうです。

 

「良いもの」をきちんと届ければそれを好む層が形成されますが、カンボジアにはまだ十分に「良い舞台芸術」が形成されておらず、ましてやチケットを購入して自分の好きな舞台へ足を運ぶという文化は、まだほとんどない状況です。

 

実は、先述したカンボジア人テノール歌手はカナダの音楽大学へ留学後、残念なことに、“カンボジア国内でその技術が評価されない”という理由で演奏活動を継続できておりません。

 

今後は頑張っている若者が評価される仕組みを作ること、つまりその音楽家の演奏を楽しみに待ち、応援してくれる存在が不可欠なのです。

 

世界で活躍しようとする若者を応援していただける方をもっと増やさなければいけません。

 

 

3回目を迎えるCatch A Cambodian Star 。
日本のプロ全面協力の元、音色を届けます。

 

そして今年もCatch A Cambodian Star 2019を開催します。

 

今年選出されたのはカンボジア人バイオリニストのサオム・ピスットさん。彼は受賞後すぐから特別レッスンを受けており、年間を通じて国際コンクールへの参加や、プロの演奏家との共演を通じて演奏家として成長していきます。

 

特に今年は、課題となっている「その音楽家の演奏を楽しみに待ち、応援してくれる存在」を増やすことに注力し、カンボジア国内で世界的に活躍するプロによる公演を実現します。

 

そのイベントがCatch A Cambodian Star 2019 オペラ「蝶々夫人」なのです。

 

 

カンボジアに本物の音楽を。

Catch A Cambodian Star 2019 オペラ「蝶々夫人」開催。

 

私たちの活動趣旨に賛同し、ご協力くださる日本のトッププロ5名+Catch A Cambodian Star 2019の受賞者による公演です。

 

コンパクトでありながら本物の舞台を提供できるエレクトーンオペラ、“デジタリリカ(Digitalyrica)”の発想をもとに、カンボジアの民放テレビで人気のニュースキャスターによるクメール語の語りが入ったエレクトーンオペラ【蝶々夫人】を公演予定です。

 

 

【開催概要】※詳細はこちらからも確認可能です。

 

[開催日時]
2019年11月1日〜3日
[開催地]

イオンモールセンソックシティ、イオンホール

[入場料・参加費]

「チケット」S席70$(前売り50$)A席50$(前売り35$)B席30$(前売り20$)学生席5$

[席数]

各日550席

[主催]

特定非営利活動法人 日本カンボジア文化振興会

[演奏者]

小川里美氏
清水のりこ氏
大山大輔氏
宮里直樹氏
高野百合絵氏
カンボジア人バイオリニストのサオム・ピスット

 

 

カンボジア人の若手演奏家による「本当に良い音」をいつの日か。

 

カンボジアではここ数年来7%以上の経済成長を続けています。プノンペンのような都市部にあっては消費社会に切り替わり、量より質が求められ始めています。

 

このような時期だからこそ、若手演奏家を支援すること、そして同時に舞台芸術を愛好する層を形成することは、時間をかけて作られた「本当に良いもの」を愛する市民を増やすことにつながると思います。

 

Catch A Cambodian Starは2012年から3回目となりましたが、今後もより多くの方に協力をいただきながら出来るだけ定期的に開催していきます。また、過去の反省から、受賞者をカンボジア国内でこそ積極的に広報し、受賞以降も定期的にフォローアップし経過を見守ってまいります。

 

一歩ずつ着実に演奏家の才能を発掘し、その音色をカンボジアから世界に届け、文化振興に貢献していきます。

 

どうかあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

ご協力いただける演奏者の皆さまの応援メッセージ

 

●小川里美(蝶々夫人役・ソプラノ)

私がカンボジアで初めて演奏させていただいてから6年、カンボジアの方々が少しずつ、でも着実に演奏を楽しんで下さるようになってきたと感じています。今年は、念願のオペラ「蝶々夫人」に挑戦します。お客様の心に残る素晴らしい公演を、魅力ある出演者と作り上げます。皆さまに応援していただけたら心強いです。

 

●清水のりこ(エレクトーン)

2013年に初めてカンボジアで演奏しました。クラシック、電子楽器はどうなのだろう…不安は杞憂に終わり、皆さんは音を感じ、飛び切りの笑顔と澄んだ瞳を向けて下さりました。その時から私はこの国が大好きになりました…魂を込めて演奏致します。

 

●大山大輔(シャープレス役・バリトン)

かつての内戦により音楽が姿を消したと言われている国、カンボジア。でも今は、色んな音楽が彼らの人生の傍らにあって良い。私たちは今回、オペラを届けてみたいのです。音楽と言葉が紡ぐ、果てしなく広がる想像力と心の旅を、子供達にも、大人にも。是非、私たちの活動を応援してください!

 

●宮里直樹(ピンカートン役・テノール)

日本が舞台でもある《蝶々夫人》を日本人の目線で、また日本のクラシック界を牽引するトップ歌手たちが最高のクオリティでカンボジアにて演奏させて頂きます!

 

●高野百合絵(スズキ役・メゾソプラノ)

ご来場される方に音楽ってこんなに素晴らしい!オペラってこんなに楽しい!と感じでいただけるよう精一杯つとめさせていただきたいと思っております。

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。


 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)