今回、福島智氏の著書『盲ろう者として生きて』の日本語から英語への翻訳作業は、京都在住のフリーランス翻訳家、ロバート・チャペスキー(Robert Chapeskie)さんに引き受けて頂きました。

 

ロバートさんは、日本の障害学関連研究における代表的な著作の一つとされる立岩真也著『私的所有論』の英訳をはじめ、森岡正博著『感じない男』、藤田正勝編『京都学派の哲学』(John W.M. Krummel共訳)など、数多くの本や論文の英訳を手がけてこられました。

 

そんなロバートさんより、本書の魅力についてメッセージを頂きましたので、ご紹介します。

 

区切りリボン青

 

 

 

 

この本は著者が子供の時に目が見えなくなり、高校生の時に耳も聞こえなくなったことについて読み手を引き込むように語りますが、通常の自伝や回顧録と異なります。オートエスノグラフィーという方法を用いて、日記、医者のカルテ、音声録音、作文など資料を参考にしながら著者は自分の経験を分析していきます。

 

その結果、起こった事についての客観的視点と主観的視点が結合された描写と評価が含まれ、著者、家族や関係者のその時々に記録された言葉や後年のインタビューで述べた言葉で語られた物語になっています。

 

ここに書かれている個人の盲ろう者になった経緯は、その時代の日本の生活や制度の独自性を紹介しながら、同時に損失、孤独、家族の絆、そして人間にとってのコミュニケーションの必要性という普遍的なテーマにも触れています。他の国の人々にとっても大変読む価値がある本で、できるだけ広く読む機会が与えられるべきです。

 

(English)

This book offers a compelling account of the events surrounding the author’s loss of sight and hearing in his childhood and adolescence, but it does not take the form of a traditional memoir. Using an approach called “autoethnography,” the author draws on various primary sources such as diaries, doctor’s charts, voice recordings, and his own writings at the time to analyze his own experiences.

 

The result is a combination of subjective and objective descriptions and assessments of what occurred, both in the author’s own words and those of the people around him, in some cases preserved in contemporaneous documents and in others spoken in interviews conducted many years later.

 

This story of one person’s experience of becoming deafblind introduces readers to distinctive aspects of Japanese life and institutions during the period in question, and at the same time explores the universal themes of loss, isolation, family bonds, and the human need fo
 r communication. A book with much to offer people not only in Japan but all over the world, it deserves to be made as widely available as possible.

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)