クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

ネパールの人々にプロレスで笑顔創造「ネパールPEACE&SMILEプロジェクト」

中村 祥之

中村 祥之

ネパールの人々にプロレスで笑顔創造「ネパールPEACE&SMILEプロジェクト」
支援総額
232,000

目標 320,000円

支援者
16人
残り
終了しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2013年04月20日 12:48

ノンフィクション ネパール

ネパール、聞いたことあるけどネパール→ヒマラヤ山脈のイメージしか持っていない方も多いでしょう。貧しい国、そんなイメージも強いですが東日本大震災の際も毛布を数千枚日本へ送ってくれています。ネパールの日常は日本人からすれば全てが非日常。人、町、インフラetcこれは百聞は一見に如かずなんですね。行けば分かるけど行かないとイメージはわかないのが普通だと思います。何せプロレスのシンボルマークがオリンピックのような形状ですし(笑)

衛生面は別問題として「このまま発展しないでいてほしい」ネパールに対してそう思っている方も多いと聞きます。現地の人々はそうは思っていないでしょうけど。ネパール王国が悲しい歴史で幕をおろし、現在も「無憲法政府」が続いております。憲法が無い国・・・言葉で説明するのは難しいかな。ネパールの2013年(現地暦では2070年)、ある意味映画「ALWAYS 3丁目の夕日」よりも前の日本なのかも知れませんね。

停電などの影響もあり、雇用が増える可能性は極めて低い現状。家庭の経済状況もあり子供たちが「ホームレス」になってしまうことも多いそうです。前回はあるホームレスの子供達が共同生活している施設にノートを渡させてもらいました。喜んでもらえるのが僕らにとって最高の喜びでも。

とにかく子供達の「識字率」向上に少しでも役に立てばいいと思っています。僕らの力なんて本当にMP2.5級の大きさかも知れませんが「We can't do everything but we can do something」をプロレスを入り口として今後も実践していきます。

現地では「聞く・歩く・触れ合う」可能な限り、色々な場所を訪ねこんな僕等でも出来ることを探すようにしています。

昨年12月にネパール遠征をした際は、01の外国人選手を中心にネパール義援チャリティーイベントを行い

ファンの方からお預かりした善意をヒマラヤン・タイガー選手へ渡し、その善意で多くの子供達がプロレスを楽しむことが出来ました。

入りきれない人々は近隣にある建物の上からプロレスを楽しんでいました。

6月の大会も多くの子供達にプロレスを楽しんでもらえるように、皆様のご支援よろしくお願い致します。1つでも多くの笑顔を創りだすことを考えて現地で実践してきます。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・ネパール現地大会運営側からの個人名入り感謝状
 (選手一同による記念写真付)

支援者
10人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3000円の引換券と、
・出場選手サイン入り自主製作DVD

支援者
0人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

3,000円の引換券と
・選手のサイン入りTシャツ
日本(プロレスリングZERO1)ネパールフレンドシップ大会ロゴ入り記念Tシャツです。(サイン無しも可能)(非売品:白ボディー:サイズはS~XXLまで指定可能)

支援者
5人
在庫数
制限なし

20,000円(税込)

3,000円の引換券と、
・自主制作DVDのクレジットに支援者の氏名を記載
・選手のサイン入り自主製作DVD
・選手のサイン入りTシャツ
日本(プロレスリングZERO1)ネパールフレンドシップ大会ロゴ入り記念Tシャツです。(サイン無しも可能)(非売品:白ボディー:サイズはS~XXLまで指定可能)

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする