プロジェクト概要

みなさまの応援、本当にありがとうございました!

 

お陰様で目標達成を達成することができました。みなさまの応援のお気持ちを胸に、福島でのプロジェクトに臨みます。ご支援いただいた方々、リターンをお待ち下さい!

鯨岡 栄一郎

 

 

 

今、介護・福祉業界は離職率が高く、運営が難しくなっている事業所が増えています。 専門家である私が、「働きがい」を感じる施設になるよう無料研修を実施していきます!


こんにちは。鯨岡 栄一郎です。私はこれまで20年近く介護老人保健施設に勤め、最後4年間は施設長として100名超の組織をマネジメントしていました。そこで学んだ経験を生かし、組織運営のマネジメントを専門にコーチングを始め、これまで日本作業療法士協会臨床実習指導者研修、全国老人保健施設協会中堅職員研修会を始め、全国各地様々な学会や職能団体研修会で講演を行ってまいりました。

 

​いま、介護・福祉業界は離職率が高く、人員が整わず、たくさんの事業所の運営が立ち行かなくなっています。「この現状をどうにかしたい!」わたしは、プロコーチとして数多くの組織の目標達成に関わり、「人のやる気が高まる組織運営とは何か」ということについて、様々な取り組みをしてまいりました。

 

そして今回、研修を希望される福島県内の施設を無料で研修させていただこうと思います。その際の移動費や研修提供費の一部を皆様からご支援いただきたく思います。よろしくお願いいたします!

 

施設や事業者様だけでなく、学会などでも講演をしてきました。

 

 

人がそこで働きたいと思う理由は、「働きがい」などの心の中の動機です。

 モチベーションの専門家である自分が動くことで、何か役に立てないだろう

 かと考えました。

 

私はこれまでの経験の中で、人がそこに勤め続ける、人がそこで働きたいと思う理由は、決して給与の額だけではない、「働きがい」「居がい」といった心の中の動機が非常に大きいことが分かりました。しかし、そこにまで着目して運営している施設は非常に少ないことにも気づきました。

 

私自身、長く介護老人保健施設というフィールドに身を置き、その業界の動向を見てきたため、どこに行っても「人がいない」という声を聞いたり、スタッフの離職が連鎖しなかなか定着しないという事業所をたくさん見てきました。ならば、専門家である自分が動くことで少しでも事業所役に立つことはできないだろうかと考えました。

 

介護福祉士の職場をやめた理由。

 

たしかにこれまでも、介護職が辞める理由として、「給与の問題」「仕事のきつさ」は挙げられていました。しかし、厚生労働省の統計においても、「法人・事業所の理念や運営のあり方に不満があった」「職場の人間関係に問題があった」など、事業所・経営者のマネジメントのあり方に起因していることが明らかになったのです。

 

実際の介護施設でのコーチングの様子。

 

 

外から無理矢理変えるのではなく、元々その事業所が持っている資源や特性、環境の強みを発掘、フル活用し、そこならではの特色を開花させます。

 

これまで行ってきな主な研修内容としては、「利用者さまの可能性を引き出す技術」「臨床実習指導に生かす実践コーチング」「部下の心に火を点けるコーチングメソッド」「自分史上最高を目指すキャリアアップとは」「人間力としてのコミュニケーションスキル」「職場環境へのコーチング理論の導入」などです。

 

今回特に意識していることは、外から無理矢理変えるのではなく、元々その事業所が持っている地域的資源、職員特性、組織環境の強みを発掘、フル活用し、そこならではの特色を開花させます。

 

例えば、ある事業所では朝礼時にハイタッチをしてスタートする取り組みをしたり、前向きな思考を鍛える「GOOD&NEW」を取り入れたりしました。承認感があふれた風土にするために、日々の声かけを意識したり、定期的に「○○○賞」を決め、表彰したりもしました。トータルしても「否定」ではなく、「肯定的」な姿勢を基調とし、スタッフのアイデアを積極的に登用しています。

 

職員1人1人からお話を伺うときもありあます。

 

《実際のプロジェクトの流れ》

・県内から本プロジェクトを受けたい事業所を公募

・現状をヒアリング

・課題,現状すぐ出来ること,強み,使えるリソース抽出

・「内発的動機づけ」に特化したコーチングに関する研修

・面談、目標設定

・作戦ご提案

・実践

・フォローアップ

 

《講演後のお言葉》

・山形県 老健施設 管理職対象コーチング研修会のご感想 リハビリ科管理者 理学療法士 川田さまより

 

 

 

 

「いい人材を集め、辞めずに定着する施設づくり」をコーチングすることで、地域でピカイチの施設にします。

 

研修の目的は、「いい人材を集め、辞めずに定着する施設づくり」です。それによって前向きな風土をつくり、利用者稼働率も安定させていくのが狙いです。短期的には、「人の動機づけ」に着目した研修、経営者、管理職層との面談、ミーティングを切り口にしていきます。長期的には、「○○ならあそこ!」と呼ばれるような、地域でもピカイチの施設にする。周りからも、そこで勤めたい!と思われる事業所になる。福島県内の事業所に人材確保の好循環をつくっていきたいと思っています。

 

すでにいくつもの県内事業所様から研修依頼が来ています。福島県の介護・福祉施設を元気にしていきたい!無料で研修を開催していくために、皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします!

 

 

【これまで講演を行った学会】

・日本作業療法士協会臨床実習指導者研修

・福島県理学療法士会管理職研修会

・東日本国際大学特別授業

・全国老人保健施設協会中堅職員研修会

・山口県理学療法士学会特別講演

・岩手県理学療法士学術大会

・日本理学療法士協会全国学術研修大会 など。

 

【今まで行ってきた活動について】
・Facebook https://www.facebook.com/eiichiro.kujiraoka
・Twitter   https://twitter.com/search?q=%40anicoach&src=typd&lang=ja
・Youtube   https://https://www.youtube.com/channel/UCYd6vw-o52MowtxwcDPK8Bg

・メルマガ    http://medicaresolution.info/neo/usrctrl.php?mag_id=2
    

 

資金使途について

 

・無料研修提供費(半年間分)
・交通費など諸経費(半年間分)
・宣伝広告費(半年間分)   

 

 

リターンについて

 

・サンクスレター

・活動報告レポート

・来春発売予定の本

・鯨岡が個別に相談する権利

・鯨岡を講演に呼ぶ権利

 

※本の発売時期と個別相談、講演に関しては、時期を相談させていただく場合がございます。ご了承ください。

 


最新の新着情報