プロジェクト概要

「鎌倉好き」たちが本を持ち寄って交流できる、そんなみんなでつくっていく新しい仕組みの会員制図書館を鎌倉につくりたい!
 

はじめまして、鈴木章夫といいます。私はこれまで、鎌倉市の観光事業だった『みんなの鎌倉遠足』のスタッフとして、そして今ではFacebookページでは約3万人の「いいね!」を獲得している『かまくらの学校』立ち上げメンバーとして、鎌倉と密接に関わってきました。

 

活動をしている中で、単なる観光ではなく一歩踏み込んでもっと鎌倉を知ってほしいと思うようになりました。年間2000万人を超える観光客がやってくる鎌倉ですが、有名スポットだけでなく、一般的に知られていない鎌倉をもっと知りたい、もっと体験したいという人が実はたくさんいることを肌で感じました。

 

そんな「鎌倉好き」を集めて、これまでにはなかった新しい仕組みの図書館を一緒につくっていきたいと思っています。応援していただけないでしょうか?

 



■駅前の古いビルの3階の小さな部屋との出会いが僕を動かしました。

 

『大人だって覗いてみたい!鎌倉の人気会社訪問』
『早朝、鎌倉の禅寺で修行体験』

『鎌倉で1日とことん女子力アップ』
『鎌倉でお店を持つ講座』

 

これらは、かつて僕が企画したツアーや講座のタイトルです。実際に参加してくださったみなさんと話をしていると、情報を集めるために「鎌倉に関する本が家にたくさんあるよ」という方が多かったことが記憶に残っています。その頃から僕は、鎌倉好きにとって単発的なイベントだけではなく、日常的に交流できる場があったらいいな、そしてそれぞれが持っている鎌倉に関する本を見せあえたら楽しいだろうなと漠然と思っていたのです。

 

 

それが先日、縁あって駅からすぐの古いビルの3階にある小さな部屋と出会い、漠然としていた構想が一気に具体化していきました。エレベーターもなく、階段は暗くて狭く、頭をぶつけそうにもなりましたが、なんだか誰も知らない秘密基地に向かっているようなワクワク感がありました。

 

扉を開けると8坪にも満たない小さなスペースでしたが、鎌倉好きがふらっと立ち寄って情報を交換したり、本を見せ合ったりするにはちょうどいい空間にも思えました。

 

 

聞けば、「駅前なのに3階でこの狭さだから何年も借り手がついていない」とか。でも僕には、目的さえあればむしろそのアプローチさえも楽しくなるのではないかと、前向きに受け取ることができたのです。しかも駅前です。こんな素晴らしい物件との出会いを逃す手はないと、僕はすぐに動き出しました。



■これまでのキーワードを結びつけたら「会員制図書館」になりました。

「鎌倉好き」「交流」「本」「情報交換」、そして「駅前」「3階」「8坪弱」…これまでに集まったワードから浮かび上がってきたのが「会員制図書館」でした。

 

「会員制」であれば、エレベーターもない古いビルの3階までわざわざ上がっていくことに目的が生まれます。鎌倉好きが持ち寄った本が並んだ空間がいつでも利用できれば、情報交換ができ、交流が生まれるはずです。これまで単発で不定期なイベントでしか集まれなかった鎌倉好きが、日常的に集まれる場所が駅前に誕生します。そのマグネットになるのは、鎌倉の本たち。名称は『かまくら駅前蔵書室』です。

 

 

■入会金は、鎌倉に関する本1冊以上の「贈書」です。

 

会員制なのでまずは入会金ですが、お金ではなく鎌倉に関する本を1冊以上「贈書」(寄附)してもらうことにします。つまり『かまくら駅前蔵書室』の「蔵書」は「贈書」でもあり、会員一人一人が図書館をつくり育てていくイメージです。はじめは空っぽの書庫が、会員数と共に充実していく仕組みです。

 

「贈書」は、家にあるもの(古本)でも、改めて購入(新品)してもOK。もちろん書籍だけでなく、雑誌でも資料でもマンガでも自費出版本でも、それこそオンデマンドで個人的に作った鎌倉の写真集でもなんでもOKです。物語のワンシーンに鎌倉が登場している小説でも面白いと思います。また、入会時だけでなくその後も随時受付ける予定で、例えばみんなをあっといわせるような鎌倉本を探してきての「贈書」もお待ちしております。

 

本にはすべて贈書者の名前が入るので「この本を贈書したのはどんな人?」と検索する楽しみも出てくる仕掛けです。なお館内での閲覧のみで貸し出しは行いません。

 



■「私語厳禁」ではなく、楽しくゆるやかにつながれる場にしたい。

現時点では年会費1万円を考えています。1ヶ月約800円なので、ランチ1食分程度です。平日のオープン時間は12:00〜22:00(土日10:00〜22:00)で、その時間内ならいつでも利用でき、コーヒー1杯無料(2杯目以降とアルコールは有料)で考えています。ここは図書館ですが「私語厳禁」ではありません。その場にいる人たちがゆるやかにつながれる場をつくりたいと思っています。

 

また、できるだけデジタルは排除して、今や「非日常」ともいえるアナログな空間と時間を過ごせる場所にします。鎌倉好きが持ち寄った鎌倉本をパラパラと閲覧したり、調べ物をしたり、のんびりしたり、情報交換したり。時にはみんなで話をしながら、この図書館をもっと良くしていく方法を考えたり、新しい企画を立ち上げることもできたらと思っています。

 


■鎌倉の歴史上、初の会員制図書館を一緒につくっていきませんか?

ここまでお読みいただきありがとうございます。「会員制」なので仲間内だけのプロジェクトのように感じてしまう方もいらっしゃったかと思います。でも、会員がみんなでつくっていくというこれまでにないスタイルの図書館です。そして、鎌倉好きが集まるからこそ、より鎌倉ならでは、より鎌倉らしいモノやコトがここで生まれ、世の中に広がっていくと思っています。

 

その場所と「贈書」以外の本棚やテーブルをはじめ、必要な物品を中心とした費用等にご協力いただけないでしょうか。

 

鎌倉にこれまではなかったツアーや講座をつくってきたように、単なる「会員制図書館」ではなく、これまでの鎌倉の歴史になかった新しい面白い図書館で、鎌倉に新しい風を吹き込みたいのです。ぜひ応援をよろしくお願いいたします。

 

 

・かまくら駅前蔵書室ホームページ

http://www.kamakuraekimae.com/

 

 

◆◇◆◇◆◇引換券について◆◇◆◇◆◇

 

・かまくら駅前蔵書室オリジナル木製しおり

 

・「かまくら駅前蔵書室」コーヒー1杯付き利用券

・かまくら駅前蔵書室通信創刊号進呈+氏名掲載
・かまくら駅前蔵書室オリジナルエコバック
・年会費1年無料
・木製名札を申し込み先着順に掲示
・かまくら駅前蔵書室1日室長権

 

・氏名入り個人書棚「◯◯◯◯文庫」設置

あなたの名前が刻まれた本棚を設置させていただきます。

 

 


最新の新着情報