READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
    成立

    間伐材を使った食器「かまくら和器」で鎌倉の里山を守りたい

    竹林昌代

    竹林昌代

    間伐材を使った食器「かまくら和器」で鎌倉の里山を守りたい
    支援総額
    378,000

    目標 350,000円

    支援者
    38人
    残り
    終了しました
    プロジェクトは成立しました!
    8お気に入り登録8人がお気に入りしています

      8お気に入り登録8人がお気に入りしています
      2014年09月18日 20:00

      山の手入れについて

      私達も和器の取り組みを始めるまでは、「鎌倉は、緑が豊富でよいところだな」くらいに、身近にある山の木々について考えていませんでした。

      皆さんにも少し山の手入れについて知っていただきたいと思います。

       

       

      風致保存会が語る山の手入れについて

      鎌倉の豊かな緑を残すためには、放置せず手をかける必要があります。
      そのことを市民に理解してもらい、緑地所有者の負担を広く市民に共感してもらうことを目的として、風致保存会は活動しています。

       

       

       

       

      -鎌倉風致保存会の活動目的-
      1. 手入れの必要性を多くの人に知ってもらう
      2. 災害の防止
      3. 土木遺構の保護
      4. 生態系の多様性の確保
      5. 里山の景観維持

      山には、いろいろなタイプがあります。


      自然そのままの山は、人が手をいれてはいけません。
       一方、里山は、長い間、人との関わりの中で育まれ、多様な動植物が存在しています。水田や畑での利用のため山に入り、炭、たい肥作りなど、人間の生活との密接な関係の結果です。 鎌倉の山は、一般的な里山に加えていくつかの特徴があります。

       


      神社仏閣の後背林で、1000年以上前からの里山が 多いこと、山との間に田や畑の緩衝帯がなく急峻な斜面緑地が人家に隣接して場所が多いことです。
      さらに岩盤は柔らかく、切り通し、やぐらなどの 土木遺構があります。

       


       

      一覧に戻る

      リターン

      3,000

      サンクスメール
      游風のwebサイトへの掲載
      鎌倉和器 皿

      支援者
      17人
      在庫数
      制限なし

      10,000

      サンクスメール
      游風のwebサイトへの掲載
      鎌倉和器と鎌倉物産

      支援者
      21人
      在庫数
      制限なし

      30,000

      サンクスメール
      游風のwebサイトへの掲載
      鎌倉和器
      鎌倉物産とわっぱ飯(2個)

      支援者
      1人
      在庫数
      制限なし

      50,000

      サンクスメール
      游風のwebサイトへの掲載
      鎌倉和器 各種
      鎌倉物産とわっぱ飯(4個)

      支援者
      1人
      在庫数
      制限なし

      プロジェクトの相談をする