こんにちは!安部尚登です。

 

かなえあい®はもともと、一対一で、いつでも、どこでもできるようにデザインされた、コミュニケーションのしくみです。

 

今回・次回・次々回は、ワークショップ以外でも、どこでも「かなえあい®」ができるための、ちょっとしたコツについてお伝えします。今回は、道具を携帯すること、についてです。

 

1.カードケースで「かなえあい®」カードを携帯する

 

カードがなければ、かなえあい®はできません。一方で、財布の中や鞄のなかにカードを放り込んでいたら、カードが痛んでしまいます。角が折れたり表面が傷ついたカードを渡されたら、嫌ですよね。カードケースに入れてカードを携帯するようにしましょう。最近は100均でもカードケースを売っていますね。

 

 

2.ペンを2本、携帯する

 

かなえあい®をするには、ペンも必要です。相手がペンを持っているとは限りませんから、必ず2本、ペンを携帯しましょう。

 

 

次回は、かなえあい®の誘い方について、お伝えします。

 

目標達成まで、あと37,000円です。絶対にこのプロジェクトを成立させて、日本じゅうの「どうせ無理」を「やりたい!」「いいね!」に変えていきます!ご支援・ご協力をお願いします!


引換券④でご支援いただいた、
Paul k Abeさま、ご支援ありがとうございます!

新着情報一覧へ