READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

就労継続支援A型の利用者の企業就労の支援をサポートしたい

就労継続支援A型の利用者の企業就労の支援をサポートしたい
このクラウドファンディングは募集を中止しました。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

0

目標金額 36,920,000円

0%
支援者
0人
残り
40日

最初の支援者になりませんか?

募集は中止しました(※ログインが必要です)
0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは募集を中止しました。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録
0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

初めまして菱谷昭典です。

幼少から、空手、柔道など段をとりながら鍛えてきました。会社員としても35年務めてきました。長年の激務が祟り、体調不良で休職していた頃に甥が障がい者で高等支援学校に入学したのを耳にしていました。

母親から、その高等支援学校の企業実習のやり方などを見聞きしたりするようになって、体調がいい時にその高等支援学校の話を見聞きしていくうちに、そこの支援高等学校の在り方に疑問を抱くようになり、支援する学校側の企業募集の少なさと個人的な面談シートの把握がなされていない事が多くあり単発的に就労出来たとしても継続的な就労は難しいと感じました。

自分自身、曲がったことが嫌いな性格のため甥の立ち位置に立ち、企業就労の事に一緒に考え行動をしていくこととなりました。

 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

支援することは精神面と体力面の二つが大事でそれと同時に個人の希望している仕事に就労出来る様にサポートが大事だと思います。

甥の性格や体力面を見直す機会を与えてくれた彼の母親からの言葉がけが、休養中の私にとってこれから先の自分の歩む道の岐路になることになりました。

障がい者である彼の言動をみていて、「この子にはどの様に企業就労ができるのか?」と疑問視しながら、彼の不得意だった精神面、体力面を自分が培ったできる範囲の事を伝授していきました。

そして、彼と接していくうちに彼の徐々に変わっていく姿に翻弄されていくと同時に、自分の中でも「この障害を持つ子供たちでも、自分の教え方ひとつで変われていく」のだと感じるようになり、是非とも苦労が多いけれども遣り甲斐のある仕事としてやってみようと決心したのがきっかけでした。

 

80キロ近くあった甥。空手は小学6年生から習っていたが、食欲旺盛でダイエットとは無縁の生活でした。

 

高等支援学校の合格発表で合格し、中学の学生服で向かうがかなり、パンパンな体格。

 

 

▼プロジェクトの内容

【高等支援学校を卒業して、一般企業に就職できた18歳の彼】

 

某高等支援学校に入学し、1年生から企業実習に6月に1回目3日間、11月に2回目5日間。2年生も6月に3回目10日間、11月に4回目10日間企業実習。3年生も6月に5回目10日間、11月に6回目10日間企業実習を行い、全て結果は不合格であった。

学校側の指導は、具体性に欠け個別にあった補修的なものも行われなかった。果たして、彼はどの様にして一般企業就職ができたのであろうか?

それは・・・障がい者という名を払拭させる程の家族の厳しい訓練に、自分自身を鍛えさせて思考、体力づくり、発声練習、特に「しんどい、だるい、暑い」という言葉を口に出すことを無くしていくという訓練を行った。

彼は、小学生から空手を習っていたこともあり、腹の底から声を出す、「おはようございます」「ありがとうございます」「おつかれさまでした」などの基本的な挨拶を日常の中から実践していった。

思考は、「作業所には行きたくない!」という彼自身の言葉通り、信念を曲げずに何が何でも「企業就職する!」という熱い想い。

体力つくりは、スクワット30回出来たら50回と日を追うごとに増やしていく。腹筋も30回出来たら50回。腕立て伏せも30回出来たら50回と増やしていく。発声練習は、口角を滑らかにさせるために「ア行~ワ行」までを朝・夕行った。

その成果、体重も75キロから55キロまで減量することができて、逞しいからだに変貌していく。3年生の最後の実習で、不合格だった彼には、追試として2回企業実習が与えられていた。そこで、追試の1回目の5日間、2回目の5日間死に物狂いで頑張った、結果は【合格・採用】であった。家族は彼以上に涙が出る思いであった。

彼は、きちんと自分の甘さを克服し、「企業就職達成」の目標を成し遂げることが出来たのである。

 

今は彼は19歳になってもう間もなく、1年をその企業で迎えようとしているが、1回も遅刻、欠勤はせず、元気に通っている。次の目標に向かって、日々邁進している。

 

現在の高等支援学校のただ単に、実習に送り出すというだけでは、実際には企業からの【合格】のラベルは貰えないのが現状である。

ならば、どの様に企業実習→ 合格→ 内定→ 採用 につながるのか・・・それは・・・本人の【努力】 である。

しかし、この障害を持った本人の【努力】は一人ではなしえない。やはり、訓練とサポートが非常に密で、しっかりとしたものでなければ成立は難しい。

 

上記の彼は、自己の目標があり、しっかりとした家族のサポートがあったからこそ、目標が達成できたのである。私たちは、わたし達のもとに来て下さる人を家族として接していき、企業就職という狭き門に打ち勝つサポートを丹念にさせて頂く自信をもっています。まずは、ご自身の目標を私たちにきかせてください。以上がこの就労継続支援A型のコンセプトになります。ご検討の程、宜しくお願いいたします。

彼は、放課後デイでフライングディスクの大阪府代表で全国大会1位を取って福井県で行われた「全国障がい者フライングディスク大会」でアキュラシー1位、フライングディスク2位の成績を収める。

右は、ショッピングモールで全国大会に出席したと言うことでサイン会を行った時。

 

https://youtu.be/AaHbX4OMyM0

 

上記の日課のトレーニングを行った結果、甥は下記の企業に就職する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

高等支援学校を卒業して、8割が作業所、1割が一般企業就労が現実なので、この結果を覆すことが可能になれる就労継続支援A型を目指しています。

尚且つ、障がいを持つ人が安心して自分の可能性を引き出せる環境、支援を行って無事に一般企業就労できる施設を運営していきたいと考えています。

 

 

 

現在、既にNPO法人Kanauの設立認証を所轄庁への届け出、準備・許可申請・認可取得・登録、就労支援をするにあたり、サービス管理責任者、介護福祉士、社会福祉士、精神保健士の募集について、ハローワークへの手続きを進めており、本プロジェクト実施である2021年6月1日までには、資格取得・許可申請・認可取得・登録・届出・免許取得等の見込みが立っております。(2021年2月15日現在)
 


【プロジェクト終了要項】

●運営期間  

2021年02月08日〜2021年03月31日 
追記:2021年02月27日~2021年05月27日に変更になりました。

●運営場所    
泉佐野市日根野3430-20

●運営主体    
NPO法人Kanau /代表 菱谷昭典

●運営内容詳細    
・就労継続支援A型の施設をオープンする。
・利用者の企業就労に向けての支援、各行政との連携活動を行う。

●その他    
<オープンする施設について>
・オープン予定月:2021年06月01日
・オープン後の使途:就労継続支援A型の施設をオープン、利用者の企業就労に向けての支援、各行政との連携活動を行う。

 

プロフィール

体力・手先が器用。涙もろい。洋菓子・和菓子両方好き。 自炊が得意。

リターン

10,000

お礼の手紙

お礼の手紙

ご指示、ご支援頂きまして誠にありがとうございます。
皆様の温かい真心を無にせずに、障がいを持つ人の支援のために私を始め、一緒に働く職員と共に施設を盛り上げ、障がい者(利用者)が自身の企業就労に就くという目標を「Kanau」の文字通り、叶うようにしていきたいと思いますので、これからも宜しくお願いします。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2021年6月

20,000

泉州タオルのハンドタオルと感謝のお手紙

泉州タオルのハンドタオルと感謝のお手紙

泉州タオルのハンドタオルとお礼状を送らせて頂きます。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2021年7月

30,000

特産品のタオルとお礼状

特産品のタオルとお礼状

泉州地域の有名な使い心地がいいタオルをリターンのお礼として発送させて頂きます。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2021年7月

プロフィール

体力・手先が器用。涙もろい。洋菓子・和菓子両方好き。 自炊が得意。

あなたにおすすめのプロジェクト

わんちゃん、ねこちゃん用主食に混ぜるサプリメント

鈴木 浩鈴木 浩

#動物

1%
現在
10,000円
支援者
1人
残り
3日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする