プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

自然あふれる農村集落に高規格道路が建設されようとしています!

岡山県美咲町飯岡地区で建設予定の高規格道路を住民の生活に影響の少ないルートに変更する事を求めています!

 

私たちは岡山県美咲町飯岡地区の「高規格道路をみんなで考える会」です。飯岡地区は上地区(127戸)と下地区(65戸)で構成される穏やかな農村集落です。3年前の平成25年6月、岡山県が高規格道路「美作岡山道」の建設にかかわる住民説明会を開きました。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

< 参 考 >

地域高規格道路(ちいきこうきかくどうろ)とは高規格幹線道路網と一体となって高速交通体系の役割を果たし、地域構造を強化する規格の高い道路である。

------------------------------------------------------------------------------------

 

住民説明会の内容は次の通りです。
 

① 飯岡地区を貫通するように「幅約85m高さ約16m」の道路を建設する。

② 上地区127戸のうち29戸が移転対象になる。

③ 平成25年秋から測量に入りたい。

 

住民に一言の相談もなく、一方的に決定、通告し半年後には測量に入りたいという県の姿勢に住民の多くは強く反発しました。

そして「住民生活に影響の少ないルートへの変更」を求めて当会を結成し、県に要望書(住民の71%が署名)を提出しお願いをしてきました。しかし、県はルートを変更しようとはせず、事業推進は膠着状態に陥っています。

 

私たちは道路建設に反対しているのではありません。道路建設をする場合は、住民にしっかり相談し県の発展と住民の幸せが両立するような工夫と努力をお願いしたいのです。

 

私たちは「ルート変更」の活動を通して、郷土の景観と自然、集落機能や人間関係を守るとともに、公共工事のあり方に一石を投じ「公共の福祉と個人の幸せが両立する真に民主的な社会」が実現されていくことを願っています。

 

この度、プロジェクトを立ち上げ、住民の苦悩と地区の状況をお伝えし、皆様のご理解とご支援をお願いする事と致しました。

 

          住民による幟(のぼり)旗の組み立て

 

  

          住民による幟(のぼり)旗の取付

 

私たちが、ルート変更を求める理由は

 

① 住民無視のルート決定

 平成25年6月に、県は一方的にルートを発表し地区に計画を押し付けてきたが、住民を無視して公共工事を計画するようなことがあってはならない。

 

※ 県は4案を比較検討しなぜか、最下部の第2案ルート(紫色)を推薦しています。

    住民生活に影響の少ないルートへの変更は可能なのでは???

 

② 弱体化する集落機能

 第2ルートでは、飯岡上地区127戸のうち29戸が移転対象であり、高齢化と少子化が進むこの地区の集落機能が弱体化する。

③ 想定される内水被害

 飯岡地区の北側には標高300m前後の山地があり、豪雨の際はその山地からの流水が低地の遊水区域に貯留する。高規格道路は、この遊水区域に建設されるため遊水区域の約25%が減少する。そのため、貯留した内水が住宅地にあふれ約30戸~50戸の家屋に浸水被害が想定される。

④ 生活環境の悪化

 巨大な道路によって地区は分断され、住環境や自然環境が悪化し、移転対象者はもちろん、道路周辺に残された住民にも排気ガスや騒音、振動といった被害が想定される。

⑤ 失われる環境

 飯岡地区の最大の宝物は、北から山地→丘陵地→平地→そして吉井川と吉野川というように南斜面に開けた景観の良さです。景観と自然環境を求めて127戸の1割以上が京阪神からの移住者です。1割以上が移住者という地区が美咲町にあるでしょうか。岡山県も美咲町も「移住の促進」を大きな政治目標として掲げおり、地区の宝物である景観を、盛り土やコンクリートの柱で壊してははならない。

⑥ 傷つく史跡や文化財

 月の輪古墳に代表される文化財や神社仏閣の撤去や移転などが想定される。

( 一度、破壊すれば復元は不可能なのです。)

<参 考>

美作の国・・・月の輪古墳が築かれる. 美作地域で製鉄が始まる。

       四ツ塚古墳群が築かれる。

 飯岡廃寺・ 大化の改新・ 大宝律令制定・ 頼観が本山寺を創建、 備前国の北部6郡を割いて美作国建国。初代国守として上毛野堅身(かみつけぬかたみ)が就任。

 

              

月の輪古墳 資料館

 

       

  資料館 内部(銅鏡・勾玉他)      資料館 内部(土器他)

 ※ 約1500年前の現物(レプリカではありません)が展示されています。

 

⑦ 信仰対象物の撤去

 飯岡神社の鳥居や参道等の撤去により、信仰している対象物や景観が失われ、参道を通り初詣に行くといった慣習なども継続できなくなります。

 

      

   飯岡神社入口(鳥居・参道)         平賀元義歌碑

 

 

 美しい自然と安心安全な環境を後世に残しつつ、高規格道路の建設と住民の幸せを両立させることで、真に民主的な社会のあり方を次世代に継承する。

 

このプロジェクトを通して、以下のことを後世に伝える。

 

① 公共工事は、公共の福祉と個人の幸せの両立が可能である。

② 住民と行政との話し合いこそが両立させる必要条件である。

③ 民主的な社会の建設には、行政への住民の積極的な参加が必要条件である。

④ 活力ある地域社会の建設には、行政と住民の対等な関係が必要条件である。
 

また、プロジェクトを通して、行政に対する意識を向上させ、岡山県・美咲町の活性化の第一歩にしたいと思います。これを見て頂いた皆さまが行政に対して関心を持ち、より良い町づくりに貢献出来る事を期待します。また、地元においては、地域活性化になり、暮らし易い地域造りを目指せればと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------------

 町民の理解と支援を要請するために、主張と内容を美咲町全世帯に郵送する。

 

 

資金使途について

 

① 郵送世帯数 6000世帯

② 資金使途について   30万円

           (内訳)

            印刷・折込費等 12万円

            郵送費     12万円

            手数料他      6万円

③ 郵送期日     平成28年11月下旬~12月初旬 吉日

 

リターンについて

 

3000円のリターン

◇ サンクスメール
◇ 会報「道ニュース」

年末にお送りします。

 

5000円のリターン

◇ サンクスメール
◇ 会報「道ニュース」
◇ 地元産「新米2Kg」

年末にお送りします。