大会収支概算の掲載

平素より大変お世話になっております。

 

今年度の慶應チャレンジャーは、来年度以降、プラスホスピタリティー制度の義務化がされることに伴い、入場料の徴収、クラウドファンディングを行うことで皆様に大会を継続して開催するためのご支援を賜りました。

 

そこで、いただいた資金の使い道を皆様にお知らせするべく、大会運営における収支の概算を大会HPにて掲載させていただきました。

http://www.keio-challenger.jp/outline.php

(記載したURLのページの最下部にございます。)

 

運営資金の約半分は協賛企業各社様からの協賛金、もう半分は運営委員で慎重に議論し、選手やスタッフ、観客の方々にご満足していただける環境を整備しながら、費用を削減できるところは工夫を凝らし無駄のない資金繰りを行っております。 

 

庭球部員だけでなく、外部から参加してくださるスタッフの方々にも無償で協力をしていただいております。また、部員の東レや楽天OPでのバイト収入もチャレンジャー運営資金に組み込んでいるのが現状です。

 

その中、皆様からいただいた大切な支援金は、来年以降の慶應チャレンジャーの継続開催のために活用させていただきます。

 

ご理解ご協力の程、何卒宜しくお願いいたします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています