このたびのプロジェクトで、たくさんの方々に支えていただいたお礼として、先週からリターンの発送を開始し、27日中にすべてのリターン発送を終了することができました。

 

 発送は主に幹事2名で当たり、慣れない作業にて、梱包や発送に苦労いたしましたが、どうにか終えることができ、多くの方からお礼メッセージを頂き恐縮しているところです。

 何かにつけ殺伐とした昨今、何か温かみのある活動ができれば始めた今回のプロジェクトですが、可能な限り手書きにてメッセージを記載させて頂きました。

 

 最終的なリターンのデザインは下記のようになりました。ご紹介いたします。

 記念フリーきっぷの表裏で、もちろん非売品です。

 このデザインは、以前からお世話になっている支援者の方に行って頂きました。

 なお、券番号001は、このプロジェクトを開始して1番に申し込んで頂いた方に進呈いたしました。

 そのほかにつきましては、ランダムに発送させて頂きました。

 これは、ご支援後にリターン額や口数を変更された方、複数コースをお申込み頂いた方も多く、300名以上の皆様の正確な申し込み順番が把握できないためです。どうぞご了承ください。

 

 

 こちらは、3万円以上の方にお送りした記念品です。

 3万円コースから愛称板、5万円コースから行先板、10万円コースからは区名札を進呈いたしました。

 こちらの愛称板、行先板についても、支援者の方にデザインをお願いいたしました。

 昨年、九州から485系が引退した際にも、ヘッドマークや行先幕をデザインした方と言えば、皆様ご存知でしょうか。

 区名札は、平成筑豊鉄道車両課の皆様のご協力を頂き、11月中、実際に400型車両に取り付けて走行して頂きました。

 

 さて、肝心のキハは、お披露目会に向けて補修が進んでいます。

 補修を始めれば始めるほど、予想以上に外板の痛みや腐食が激しく、短期間で完全に仕上げることは困難ですが、当初到着した状態よりは、良い状態でご披露できますよう連日、(株)ワンマイルの手嶋氏を中心に、前田会長のほか平成筑豊鉄道OBの方にも加わって頂き、遅くまで作業を続けて頂いています。

 また昨日、平成筑豊鉄道の皆様にご協力頂きキハを移動し、初めて同社の検修庫に入りました。

 水銀灯に輝くキハを見ていますと、現役車両と言っても過言ではない貫録を感じます。

 

 まだまだ補修作業中ですが、明日中には塗装作業に着手し、お披露目には仕上がったばかりの奇麗な状態でご覧頂けるよう、努力して参ります。

 どうぞご期待ください!

 

 なお、今回のお披露目撮影会につきましては、ご支援頂いた方への特典として開催するものであり、支援者以外の方の飛び入り参加や当日のご寄付も受付は致しません。

 一般の皆様に向けた撮影会、見学会は1月以降に検討しておりますので、どうぞご理解頂きますよう、お願い申し上げます。

 

 

新着情報一覧へ