プロジェクト概要

国内外で伝統芸能を気軽に体験できる機会を作り続けてきた亀鶴屋が、ヨーロッパ最大のイベントで、和洋の楽器と歌舞伎舞踊の創作パフォーマンスを披露します!

 

初めまして、歌舞伎舞踊出張イベント・亀鶴屋(きかくや)の小竹優希と申します。私たちは3年前から国際交流基金での伝統芸能の海外公演を行い、和楽器や、民謡、クラシック等とのコラボレーションをしながら、様々な角度から芸能を広める活動を行ってきました。

 

また、歌舞伎や日本舞踊の舞台の経験を活かし、現在は一般の方でも気軽に伝統芸能を楽しめるワークショップを教育機関や会議室、地元の千葉県柏市や我孫子市で定期的に開催しています。

 

今回は、今年7月にフランスのパリで開催されるヨーロッパ最大のイベント「ジャパンエキスポ」に出場し、和楽器だけでなく、オーストラリアの先住民アボリジニの楽器やフラメンコの弾き語り等を歌舞伎舞踊に取り込んだ舞台を披露します!

 

伝統芸能の新たな魅力を海外に発信するために、皆様どうかご支援を宜しくお願いいたします!

 

(亀鶴屋の歌舞伎舞踊の舞台の様子です)

 

 

伝統芸能を趣味の世界で終わらせず、これを仕事にできる環境をつくるために

 

私は両親の影響で小学生の頃に日本舞踊を始めました。しかし、周りには誰1人として、日本舞踊をやっている小学生はおらず、すぐに辞めてしまいました。幸い大学では日本舞踊のコースがあったので、友達や講師に恵まれ、またやってみようと思っていました。

 

しかし、伝統芸能を仕事にしようと思った時、それは趣味の世界として扱われているために仕事場はどこにもありませんでした。もちろん、趣味の世界があるのは素晴らしい事ですが、仕事にしたい人も必ず出てきます。

 

私は、「伝統芸能を趣味の世界で終わらせず、これを仕事としていける環境づくりをしたい」と思ったのが、亀鶴屋を始めてこのプロジェクトに挑戦したきっかけです。他ジャンルの芸能と一緒に活動をして、様々な人に見て頂ける機会を作っていくことが今回の目的の一つです。

 

(大学生の授業でお稽古に励んでいた頃)

 

伝統芸能を学んだ者が、さらにそれを国内外で仕事にしていける機会を作り続けていきたい!

 

私たちが歌舞伎舞踊の出張活動を行う一番の目的は、母国に伝統芸能を身近なものに感じてもらい、芸能を気軽に楽しめるものにしていくことです。垣根を低くした活動から始めるつもりです。未来の役割と申せば、やはり学校教育だと思います。

 

周りに日本の素晴らしい芸能の環境がなく、親も知らない状態でどこで学べばいいのでしょうか。小さい頃から、環境を大人が整えるべきだと思っています。好き嫌いは別として、まず日本を嗜み自分で考える頭を作っていける一環として、伝統芸能の役割があればと日々考えております。

 

そうして伝統芸能を身近に感じて、「楽しい!これを仕事にしたい」と思った次世代の若者がその夢を追い続けていけるように、今私が営んでいる「亀鶴屋合同会社」では国内外で伝統芸能愛好家が仕事として伝統芸能を披露できる場を提供しています。亀鶴屋はこれまでに海外10カ国で公演を披露してきましたが、さらに海外にも広めていきたいのです。

 

 

ジャパン・エキスポで行うパフォーマンスについて

 

ジャパン・エキスポでは、伝統芸能の披露だけでなく、普段は交えない伝統芸能の演目を取り入れたり、歌舞伎舞踊と一緒にギターやオーストラリアの先住民アボリジニの楽器を交えたりすることで、多くの人が惹きつけられるようなパフォーマンスを準備しています。

 

(今回の海外公演のイメージに近い、亀鶴屋の南米公演の様子です)

 

 

1)メインステージにて、45分の歌舞伎舞踊を披露


【歌舞伎舞踊】ー操り三番叟(あやつりさんばそう)ー


五穀豊穣や子孫繁栄などを願うおめでたい曲で、お能でもある三番叟を操り人形でコミカルに踊ります。海外のロボットダンスとは違い、糸で人に操られている人形を題材にしております。日本舞踊の振りや所作を人形の動きで踊るものです。
 

操り三番叟(あやつりさんばんそう)の様子です

 

 

【和楽器×オーストラリアの伝統楽器による演奏×舞踊】


三味線や、オーストラリアの先住民アボリジニが使う金管楽器のディジュリドゥの演奏と舞を披露します。

 

(ディジュリドゥの音色の動画です。)

 

 

2)サブステージにて、30分の歌舞伎体験ワークショップ


歌舞伎の隈取り(くまどり)体験や演奏を予定しています。隈取りとは、顔の血管や筋肉を誇張するために描かれた歌舞伎独特の化粧法です。この化粧によって赤色は正義、青色は血が通ってないという事で悪役を表し、動物は茶色などと役柄がはっきりします。


(滅多に見られない歌舞伎の隈取り(くまどり)体験の様子です。)

 

 

渡航スケジュール

 

7月5日(火)成田空港を出国
7月6日(水)ジャパン・エキスポ会場入り~リハーサル
7月7日(木)~10日(日)イベント本番 

7月11日(月)パリを出発
7月12日(火)帰国
 

 

パフォーマンスを行う亀鶴屋メンバー紹介

 

【氏名・担当演目/楽器】

・若月 仙之助(若月は芸名で、本名は小竹優希) 歌舞伎舞踊 
・若月 亮     歌舞伎舞踊
・今井 禅呂  ディジュリドゥ
・稀音家 千鶴 三味線

 

 

▶皆様からお寄せ頂いたご支援は、以下の使途に充てさせて頂きます

 

・団体ツアー(渡航・宿泊費+イベントパス+ 移動費):

 305,000円×4人=1,220,000円
・衣裳・小道具購入費:330,589円
・超過手荷物料金:20,000円×2(往復)=40,000円
・手数料等:292,032円

 計:1,882,621円


上記費用の内、150万円を目標金額とする(差額は自己資金にて補填)。

 

 

皆様の応援とお力を、どうかお貸しください。

 

歌舞伎舞踊出張イベント・亀鶴屋のメンバーです

 

歌舞伎舞踊出張イベント 亀鶴屋ホームページ:

http://kikakuya.jimdo.com/

 

亀鶴屋合同会社
e-mail:info@kikakuya.biz

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ リターンについて ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ご支援いただきました皆さまには、お礼に下記のリターンをお送りします!

 

◎亀鶴屋メンバーから御礼のメールと、パリのお写真1枚

 

◎伝統芸能ワークショップにご招待

ワークショップは45分程度で、場所や日程は後日ご相談の上決定いたします。

 

◎ジャパン・エキスポ公演のお写真3枚(サイン/メッセージ入り)と、公演動画

(写真はイメージです。)

 

◎READYFOR限定「サイン入り公演DVD」

DVDのエンドロールに支援者様のお名前を入れさせて頂きます。(希望者のみ)

 

(写真はイメージです。)

 

◎出張伝統芸能パフォーマンス/伝統芸能ワークショップ参加権

伝統芸能ワークショップにご招待、又はイベントや会議の中などで、一曲踊りや演奏に伺います。 

 

※ワークショップは45分程度で、場所や日程は後日ご相談の上決定いたします。

一曲の舞踊は10分くらい(イベント内容による)で、関東圏内(他は要ご相談)、を予定しております。

 

 

◎支援者様限定の特別公演にご招待!

公演は45分程度で、場所や日程は後日ご相談の上決定いたします。
 


◎あなたのもとへ、特別出張公演!

関東圏内(他はご相談)で、ご希望の場所に公演に伺います!

なるべくご希望の演目をさせていただきます。公演は45分程度を予定しております。


 

 

 


最新の新着情報