プロジェクト概要

【2017年3月24日追記:目標金額達成致しました!】
 
お陰様で、第一目標である金額を達成することができました。工業用ミシン5台分の費用を賄うことができます。本当にありがとうございます。皆様の温かい応援と励ましのお言葉をこれからの活動のエネルギーとして次の目標を200万円と設定させていただきます。
 
今後いただいたご支援で、あと5台の工業用ミシンを購入し、火事以前と同様の生産ラインを確保できる環境を整えたいと思います。

フィリピン女性の雇用を守るために皆様の未来のために、どうか変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます!
 

Coco&K. 大下伸子

 

フィリピンの女性がジュースパックでバッグを作る。街はゴミ一つなく、犯罪は減り、子どもたちは学校へ行くことができるようになりました!

しかし、その工場が火事で全焼。すべてを失ってしまいました。

 

はじめまして、Coco&K.の大下伸子です。フィリピンのジュースパックを使ったバッグをご存知でしょうか。フィリピンの女性が、ジュースパックをリサイクルしてバックを作ることで収入を得ています。そして、子どもたちを学校へ行かせることができるようになりました。

 

南国特有な、カラフルで可愛いバッグを生み出したのは、現地のNGO団体キルスファンデーション(環境雇用子供達支援)。

 

今から16年前、初めて私が訪れたフィリピンで学校に行けずに路上で生活している沢山の子供達を見ました。とてもショックを受けていた時、NGO団体キルスファンデーションと出会いました。少しでも支援できればと思い2002年からフェアートレードで輸入をし、日本でCOCO&Kというブランド名で販売を始める事になりました。

 

キルスの女性たちの笑顔と夢とエネルギーがいっぱいつまったバッグは、作る人も使う人もハッピーになれる素晴らしい商品です。

 

太陽の光を浴びてキラキラと輝くバッグたち。色もデザインも無限大!

 

しかし、2017年1月26日に工場が火事になり、材料もミシンも建物も全て失ってしまいました。このままでは、彼女たちは仕事をすることができません。

 

作業場所の完全な修復には、約900万円がかかります。今回は、まず100万円で、5台の工業用ミシンを彼女たちに届けます!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
町中から集められたジュースパックはキレイに洗って乾燥、ここには沢山の材料が保管されていました。

 

 

500人の女性の雇用を支える工場が全焼


 

2017年1月26日朝4時。その工場が全焼。漏電による火事で、建物、材料、ミシン等々、全てを失ってしまいました。

 

16年前の立ち上げ当初は、FAX器も携帯も無くメンバー5名から始めた活動でしたが、今では町中の人が何かしらキルスに関り現金収入を得ることができるようになりました。この不運な出来事により沢山の人々が収入を無くし、結果として子供たちが学校に行く事が困難になる事が心配です。

 

現在は、火事の影響で仕事はなくなりました。一日も早く工場を再建させ、みんなが仕事を再開できるようにと願い、プロジェクトを立ち上げることにしました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
火事が起きたのは朝の4時。幸い工場には誰もいなかったため怪我人は出ませんでした。

 

火事の様子が放送された現地ニュース動画

https://www.facebook.com/ajbagaoisan/videos/10154336233703177/

 

 

▼火事の前のキルスファンデーションの工場:

窓にはガラスではなくジュースパックが貼られ、とてもカラフルな工場でした。

 

▼火事の後:

柵と階段以外はすべて木製だったため、あっという間に全焼、すべてなくしてしまいました。

 

NGO団体キルスファンデーションでは、多くの女性たちが働いています。ジュースパックを回収する人、消毒洗浄する人、仕分け管理する人、そして縫製する人。皆で分担作業をしてバッグを作ってくれています。

 

マニラは、就学率は高いのですが、入学後学校に行かなくなることが多く、工場では定規の使い方から教えることも少なくありません。私も工場に入って、「これの70%の大きさのバックを作って」と説明する時に、70%の型紙を作って繰り返し教え、作り上げてきました。彼女たちのために工場を再建させたいと思います!

 

キルスの町の女の子たち。人なつっこい笑顔が本当に可愛い!

 

 

ジュースパックのバックで生まれるハッピーな循環

 

始め、キルスファンデーションは、女性ボランティアの団体でした。収入がなく苦しい中、町や川をきれいにする活動をしていましたが、なかなかうまくいきませんでした。

 

しかし、このジュースパックのバッグを作るようになってから、どんどん変わっていきました。飲み終えて捨てられるジュース容器がフィリピンの環境、特に河川などを汚している事があります。その捨てられたジュース容器を回収、洗浄、縫製して製品にしています。現在は、キルスのある町はゴミ一つ落ちていない、とてもきれいな町に生まれ変わっています。

 

町中の人が何かしらキルスに関わり、現金収入を得ることができています。そのため、犯罪も減り、この町の商店には鉄格子がついていないのです。みんなは誇りを持って仕事をし、そしてこの町の子どもたちは現在、一人残らず学校へ通うことができています。

 

お母さんは誇りを持って仕事をし、子どもたちは現在、一人残らず学校へ

 

キルスで作られたバッグは、使う人にも笑顔と幸せをもたらします。よく、このバッグを持っていると明るい気持ちになる、みんなから褒められる、ハッピーで、優しい気持ちになれる、という言葉をいただきますが、それはフィリピンキルスファンデーションの人々の愛と夢、そして笑顔とエネルギーがいっぱいつまっているからなのです。

 

カメラを向けるとすぐにこんな明るい笑顔を向けてくれます。みんなKILUSでの仕事が大好き!

 

2階の日が差し込む作業場では編み込みバッグの製作中。大きなバッグは出来上がるまで丸一日かかります。

 

 

ミシンが10台揃うと、通常の生産ラインが可能に!200万円まで目指します!

 

このプロジェクトでは、皆さまからご支援をいただいてフィリピンで工業用ミシンを購入させていただきます。ジュースパックで作るバッグは普通のミシンではすぐに針が折れてしまうため、工業用ミシンでないと縫うことができません。

 

工業用ミシンはとても高価なため、キルスファンデーションでもすぐに揃えることはできません。まずは100万円目標で工業用ミシンを5台揃えます。そして達成次第、次のゴールを設定させていただきたいと思います。ミシンを10台まで揃えることができると、今まで通りバッグの製作に取りかかることができるのです!

 

アルミシートはツルツル滑りやすく、縫製担当は熟練のメンバーたち。
色とりどりの糸を操り仕上げていきます

 

 

皆様と一緒にキルスのバッグの生産ラインの再建へ。フィリピン女性の雇用が復活した証としてキルスのアイテムをあなたに届けたい!

 

火事の影響で、現在は生産ができないため、彼女たちの仕事がありません。食事などの緊急支援も必要な中ですが、長期的な視点で、彼女たちが仕事を再開できるように環境を整えることが何より重要です。彼女たちが、自分たちで生活ができるように、一早くミシンを届けたい。

 

そして、彼女たちが元気に仕事を再開できた証明として、皆様にキルスのアイテムを贈ります!

 

毎年新しいオリジナルアイテムが生まれているCoco&K.のバッグやステーショナリー

 

 

日本のファンの皆さまのアイディアとキルスのみんなの努力によって、アイテム数はどんどん増え、現在200を超えています。沢山の方々に愛されているアップサイクル&フェアトレードのバッグたち。

 

これからももっともっと沢山のフィリピン女性の雇用がふえますように。そして、たくさんの子どもたちが学校へ通えるようになりますように。

 

KILUSのみんなと、もう一度こんな笑顔で、一緒に仕事をできる日が来ますように!

 

https://www.coco-k.jp/

https://www.facebook.com/cocoandk/

資金使途:

 

【第一目標】

❏ 100万円→5台の工業用ミシン(生産開始ができます)

 

【達成後のネクストゴール】

❏ 200万円→ミシン10台(以前と同様の生産ラインを確保できます!)

 

❏ 900万円→工場の再建が可能になります!

 


最新の新着情報