READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

富山のスギを使った家具で子どもたちの成長を応援したい

木と人

木と人

富山のスギを使った家具で子どもたちの成長を応援したい
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月11日(火)午後11:00までです。

支援総額

60,000

目標金額 3,000,000円

2%
支援者
4人
残り
28日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
2お気に入り登録
2人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月11日(火)午後11:00までです。

2お気に入り登録
2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

    はじめに    

 

「机に触れることで木の温かみを感じ、子ども達の表情も柔らかくなった気がします。また、県産スギを使用している話をすることで家具や林業を意識する機会にもなりました」

 

児童発達支援施設で働く職員の方のお言葉です。

 

「使う人に木の良さを肌で感じてもらいたい。国産材の価値を知ってもらいたい」

県産スギの製造を行う”つくる人”の想いと

「温かみのある木に幼いうちから触れてほしい。出来れば本物の木の家具を使いたい」

子どもたちと日々関わる”つかう人”たちの想いを

 

富山の老舗家具屋の米三と製材のプロ、ウッドリンクが「木と人」のスギ材家具でつなぐプロジェクトです。

 

 

 

   はじめまして   

 

米三は富山の中心地、中央通りに本店を構える家具屋です。たくさんのお客様に長く愛され、有難いことに今年で創業174 年を迎えました。 同じく富山の射水市に本社を置くウッドリンクは、国産材の製材事業に力を入れ、人と木のつながりを大切にしています。そんな私たちは昨年2020年5月、共同で「木と人」というオフィス向けの家具を開発。製造をウッドリンクが、販売を米三が行っております。

 

 

 

  プロジェクトを立ち上げたきっかけ  

 

ーそもそも「木と人」とは?ー

 

「木と人」はもともとオフィス家具向けに開発したものでした。 現在日本の国土に占める森林の割合は約7割。 しかし木材需要の低下と輸入材の増加により2000年頃の日本の木材自給率は20%を下回りました。 豊富な資源があるにも関わらず林業の低迷により、手入れが行き届かず十分に活用できない悪循環に陥っています。 木を伐って、使って、植えて、育てるサイクルは持続可能な森林経営と環境保護につながります。 私たちは国産杉製品を通して日本の森林資源の価値が少しでも伝えられ、森林と人の関わりが深まることを望むと同時に、 人らしく生きるための豊かさを考えた提案を行っていきます。

 

 

また、「木と人」製品に使われているスギにはたくさんの良い効果があると言われています。

 

■空気洗浄効果

■リラックス効果

■夏は涼しく、冬は暖かい断熱効果

■音をやわらげ、ブルーライトの反射を抑える

■ストレス軽減

 

参考:社会法人大阪府木材連合会「杉の呼吸が暮らしを変える」

 

参考:2001年 学芸出版社 佐道 健「木がわかる〜知っておきたい木材の知識」p44,45より抜粋

 

 

これらの経緯・効果の期待からオフィス家具製作として「木と人」はスタートしました。

これだけの効果があるこの家具がもっと社会に貢献できることを見出すことが出来ないか…

もっとより多くの人に触れて使ってもらえる機会はないか…

オフィスに限らず、子どもたちが使う教育施設・福祉施設でもスギの効果が期待できるのではないか…!という考えが浮かんできました。

 

ー「くるみの森」さんとの出会いー

 

そんな時、知り合いの方からの紹介で富山県高岡市にある「くるみの森」さんを訪問する機会がありました。 くるみの森さんは知的障害、身体障害、発達障害、難病、医療的ケアの必要な子、家庭に困難を抱える子など、支援が必要なお子さんとご家庭の生活を支える地域連携ハブ拠点としてサービスをおこなっています。

 

 

[くるみの森]施設紹介動画はこちら

https://youtu.be/QtQhZzpqUNo

 

 

 

そこで理事長の岡本さんとお話をしました。

 

「ホンモノの木に幼いうちから触れることにとても意義を感じます。

冷たいテーブルを使うよりも、木の温かさや香りが子どもたちの成長にもプラスの効果を与えそうだとも思います。 実際に木を使ったテーブルを入れてはみたいけど、資金の問題が…。無垢のテーブルに魅力を感じているのですが、なかなか施設に導入することはできませんでした」

とのお話をうかがうことができました。

 

そのような経緯から、

私たちは子どもたちに木のテーブルを実際に体感してほしいと思い、

テーブル2台を導入させていただくことにしました。

 

 

 

 

 

すると私たち自身も想像していなかった子どもたちの反応がみられました。 

 

 

 

 

 

「きもちいい」

 

納入後、すぐに机にかけよってきた子がスリスリと机を触り、

笑顔で私たちに言葉をかけてくれました。

 

 

 

 

そのようなことから、岡本さんより

「有難うございます。私と同じように資金面に課題をもっておられる施設さんはきっと多くいると思います。今回このような機会をいただけて大変嬉しいです。ホンモノの木に触れることが難しい今の子どもたちにとって、この家具はきっといい刺激を与えてくれると思います。」

というお言葉をいただきました。

 

そして、私たちは今回クラウドファンディングを通して教育的効果の向上も期待できるスギを今後教育現場等にも普及したい!と考えました。

 

プロジェクトを進めるにあたり、くるみの森の岡本さんから県内2施設をご紹介いただきました。予定している納品家具は、デスク12台、シェルフラック3台、パーテーション2組です。

 

また、施設担当者の方から「たまたま障害という診断をされた子どもたちが、他の子どもたちと同じような生活ができなくて、その親御さんもまた他の親とは同じ生活ができない。施設としても使えるお金が限られていて、国などからもらえる資金の使用箇所は必然的に決まってしまいます。敏感な子どもたちにとって心地よい空間を作る要素の一部である家具にお金をかけられる余裕がないのが現状です。」というお話をいただきました。

 

 

私たちはこのクラウドファンディングを通して、そんな施設の方々に「木と人」のスギ材家具を有効的に使用していただき、木の良さを体感してもらいたいと考えています。また、温かみのあるスギ材に日常的に触れていただき、子どもたちの生活や心と体の発達にも良い影響を与えることができたらと思っています。

 

 

   プロジェクトの内容   

 

より多くの施設の皆様に使用していただきたく、すでに納品を予定している福祉施設の他、「木の家具を納入してみたい!」 「子どもたちに木に触れてほしい!」 と思っていただける富山県内の教育施設、福祉施設を公募します。ご応募いただいた中からプロジェクトチームで熟慮の末、納入先を決定し、納入させていただきます。

 

公募サイトの詳細は下記リンク先をご確認ください。

すでに県内の教育施設や福祉施設からご応募をいただいております。 

 

公募サイト:https://komesan.co.jp/kitohito

(公募対象:富山県内の教育施設・福祉施設)

 

  皆さまからお寄せいただいた 

  ご支援について  

 

皆さまからいただいたご支援で、納品させていただく家具の制作費用、その他搬入費、ノベルティ制作費、植林の木の苗代、報告書郵送費に充てさせていただきます。

 

 

   今後の活動について   

 

納入先施設での活動を新着情報にて随時更新・報告いたします。

また、「木と人」がもっと関わりを持って豊かな暮らしを創造するための活動に取り組んでいきます。

 

 

   期間について   

 

 納入先公募期間

2021年 2 月 22 日 〜 一定数集まり次第終了

 

ご支援募集期間(レディーフォー掲載期間)

〜 2021年 5 月 11 日

 

納入時期 2021年 5 月より随時行う予定です。

 

※家具納入、リターンのお届けについて、コロナウイルスの影響により遅延の発生する可能性がございます。 その場合には改めて皆さまにご連絡を随時行う予定です。何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

 

   リターンについて   

 

【報告書】 

6月に第一弾報告書を、カタログと一緒にお渡しします。

納入後、追加の報告書をお渡しします。(報告書内に使用者の感想が含まれております。)

 

【端材】

6月よりお渡し、発送いたします。

 

【植林】

6月に植林した後、報告致します。

 

【くるみの森様オリジナル商品・ロゴ入りティッシュボックス】

6月に発送いたします。

 

【デスクorミーティングテーブル】

7月に発送いたします。

 

 

みなさまのご支援、ご協力のほど何卒宜しくお願い致します。

 

「くるみの森」の子どもたちと理事長岡本さんとプロジェクトメンバー

 

 


プロジェクトの終了要項

 

●寄贈するもの    
富山県産杉材家具

●寄贈個数    
5台

●寄贈完了予定日    
2022年3月31日

●寄贈先    
富山第一高等学校、他公募により富山県内の教育・福祉施設から募集

●その他    
<寄贈先について>
・想定している寄贈先:富山県の教育・福祉施設
(選定基準:子どもが使用する目的がある、使用時の取材可能、スギ材に魅力を感じている
不通過事由:子どもが使用する以外の目的、取材不可の施設、長期ご連絡・やり取り不可の施設、希望納入家具数量が多すぎる等)

・寄贈先の決定方法:弊社オリジナル公募サイトをクラウドファンディングより先行公開し募集ののち希望施設の代表者にご連絡し入念なご相談の上決定

・適切に寄贈先を決定できる理由:寄贈対象とのネットワークがある、寄付先代表者との入念なご相談

プロフィール

木と人

木と人

2020年5月、富山の老舗の家具や「米三」と製材のプロ「woodlink」が共同で立ち上げた家具開発販売事業です。 100%県産材を使用し、富山県の職人たちの手によって製作しています。

リターン

2,000

alt

活動報告書及び、納入先施設の子どもたちからの直筆メッセージ①

今回導入した施設の子どもたちからいただいた直筆のメッセージと活動の内容、様子をまとめた報告書をお渡しします。

・活動報告書
・使用者の感想
・「木と人」カタログ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2022年4月
このリターンを購入する

5,000

alt

活動報告書及び、納入先施設の子どもたちからの直筆メッセージ②

今回導入した施設の子どもたちからいただいた直筆のメッセージと活動の内容、様子をまとめた報告書をお渡しします。

・報告書
・使用者の感想
・「木と人」カタログ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2022年4月
このリターンを購入する

10,000

【希望者】DIY用県産端材

【希望者】DIY用県産端材

富山県射水市にある「ウッドリンク」に直接お越しいただき、お好きな端材を、お好きなだけ持ち帰って頂けます!【遠方の方】郵送にて送らせていただきます。※郵送の場合、大きさ材質はお選びいただけません

・端材(希望者)
・報告書
・使用者の感想
・「木と人」カタログ

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2022年4月
このリターンを購入する

30,000

くるみの森さんオリジナル商品・【希望者】DIY用県産端材

くるみの森さんオリジナル商品・【希望者】DIY用県産端材

最初の納入にご協力いただいた「くるみの森」さんオリジナルの手作りグッズをお渡しします!

富山県射水市にある「ウッドリンク」に直接お越しいただき、お好きな端材を、お好きなだけ持ち帰って頂けます!
【遠方の方】郵送にて送らせていただきます。※大きさ、材質はお選びいただけません

・くるみの森さんオリジナル商品
・端材(希望者)
・報告書
・使用者の感想
・「木と人」カタログ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2022年4月
このリターンを購入する

50,000

スギ苗の植林を私たちが行います!

スギ苗の植林を私たちが行います!

私たちは国内の林業の問題に向き合うため、「木を使って育てる」というリサイクルに関わっていきます。今回植林という活動をすることでその活動の最初の一歩を行えればと思います。
支援いただいた皆様の代わりにおひとりにつき1本、支援者のお名前付き苗を私たちが森に行って植林をします。

・スギ苗植林
・くるみの森さんオリジナル商品
・報告書
・使用者の感想
・「木と人」カタログ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2022年4月
このリターンを購入する

70,000

「木と人」ロゴ入りティッシュボックス・植林①

「木と人」ロゴ入りティッシュボックス・植林①

「木と人」ロゴ入りティッシュボックスをお渡しします!こちらも県産材を使用しております。

私たちは国内の林業の問題に向き合うため、「木を使って育てる」というサイクルに関わっていきます。今回植林という活動をすることでその活動の最初の一歩を行えればと思います。
支援いただいた皆様の代わりにおひとりにつき1本、支援者のお名前付き苗を私たちが森に行って植林をします。

・「木と人」ロゴ入りティッシュボックス
・スギ苗植林
・くるみの森さんオリジナル商品
・報告書
・使用者の感想
・「木と人」カタログ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2022年4月
このリターンを購入する

100,000

「木と人」ロゴ入りティッシュボックス・植林②

「木と人」ロゴ入りティッシュボックス・植林②

「木と人」ロゴ入りティッシュボックスをお渡しします!こちらも県産材を使用しております。

私たちは国内の林業の問題に向き合うため、「木を使って育てる」というサイクルに関わっていきます。今回植林という活動をすることでその活動の最初の一歩を行えればと思います。
支援いただいた皆様の代わりにおひとりにつき1本、支援者のお名前付き苗を私たちが森に行って植林をします。

・「木と人」ロゴ入りティッシュボックス
・スギ苗植林
・くるみの森さんオリジナル商品
・報告書
・使用者の感想
・「木と人」カタログ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2022年4月
このリターンを購入する

200,000

「木と人」デスクorミーティングテーブル①

「木と人」デスクorミーティングテーブル①

県産スギ材を使用したデスク(w1200×D700×H720)もしくはテーブル(w1200×D1200×H720/Φ1200×H720)をお渡しします!※画像はデスクを掲載しております。

・「木と人」デスクorミーティングテーブル
・報告書
・使用者の感想
・「木と人」カタログ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2022年4月
このリターンを購入する

300,000

「木と人」デスクorミーティングテーブル②

「木と人」デスクorミーティングテーブル②

県産スギ材を使用したデスク(w1200×D700×H720)もしくはテーブル(w1200×D1200×H720/Φ1200×H720)をお渡しいたします!※画像はデスクを掲載しております。

・「木と人」デスクorミーティングテーブル
・報告書
・使用者の感想
・「木と人」カタログ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2022年4月
このリターンを購入する

プロフィール

2020年5月、富山の老舗の家具や「米三」と製材のプロ「woodlink」が共同で立ち上げた家具開発販売事業です。 100%県産材を使用し、富山県の職人たちの手によって製作しています。

あなたにおすすめのプロジェクト

台湾の老人の思いを広めたい

台湾籍日本人支援の会台湾籍日本人支援の会

#人権

5%
現在
184,500円
支援者
42人
残り
27日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする