プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

プロジェクトを応援してくださった皆様、支えてくださた皆様に心から感謝します。

 

約二ヶ月前から挑戦を始めた今回のプロジェクトも

2月14日に無事達成することが出来ました。本当に有難うございます。

 

しかし、私たちはもっともっと良いイベントにしていくために、私たちは更なるGOALを目指すことにしました。

 

それは「五感を使う」ということで、できるだけ生の音楽も取り入れ、「香り」「食」も取り入れていきたい。踊る楽しさを味わっていただくために、イベント前にWSもやっていきたい。そう考えているからです。


しかし、そのためにはあと20万ほど必要です。追加のお願いばかりで、恐縮ですが、このイベントをさらに豊かな内容にしていくために力を貸していただけないでしょうか。どうか引き続きよろしくお願い致します。

 

2017年2月14日 追記  清藤美智子

 

-以下本文-

 

もと教師。ダンサーに転向して、48歳にてNY公演実現!の風変わりダンサー
みなさんは五感全てを使った公演を経験したことありますか。

 

ページをご覧頂き有難うございます。清藤美智子と申します。

 

教師を辞め、25歳からダンサーとして生きることを決め渡米し、 帰国後も多種多様なアーティストとコラボしてきました。そして8年前に、横須賀で子どもから大人までを対象とした、ダンスとヨガのスタジオを主宰し始めました。

 

そのスタジオで躍る子どもも大人も、

まるで大海原を気持ちの赴くままに泳ぐイルカのように自由に踊っています。

 

何の制限もなく、今その瞬間を楽しみながら躍る人たちをみて私はある事に気づきました。

 

 

ダンスはダンサーだけがしたいのではない。
だからもっと参加できるダンス公演を行いたい。

 

ダンスはもっと、食べたり飲んだり歌ったり、その延長にあるものでした。
 

または神々に向けて祈りを込めて舞うもの。または本能的に動物的に動いてしまうもの。
世界中の戦争のない国のなかで、日本ほど、生活のなかでダンスが遠い国ってないのではないかな。


上手いとか下手とか体が硬いとかリズム感がないとかそんなことではなく、頭で考えるばかりではなくいろんなものを手放して感じて、心を開放したら体がついてくる、に任せればいい。
 

きっと反対の人もいると思います。


体を開放したら心がついてくるに任せればいい。
なんでもメカがやってくれるので、肉体労働をする人はどんどん減り、子どもでさえも思いきり体を動かす機会が減り、世の中が頭でっかちになっている今‼️

 

声をあげて私は言いたい。
 

「私たちには音楽が、ダンスが必要だ」
 

音楽は近い。音楽を感じて自分の体を通して外に出す。
 

その経験が必要だ。
 

ダンスはダンサーだけがしたいのではない。


だからもっと観ていて感じて体が反応したら、観客が参加できるダンス公演を行いたい。
ダンスはみんなのもの。みんな表現者なんだ。可能性に終わりはないんだ。

 

ダンスの可能性を広げていくこと。


それが私のミッションなのです!
『観る』
『聴く』
だけのダンス公演でなく
『食す』
『嗅ぐ』
『触る』を体験して
五感全てにはたらきかける公演を行いたい!

 

そこで今回、だいぶ先にはなりますが来年の11月〜12月の間に横浜の「のげシャーレ」という劇場で「子どもも大人ももっと自由にダンスを楽しもう! 〜五感を使った参加型ダンス公演〜」を行うことにしました。

 

 

しかしそのための会場費用等が不足しております。

どうか皆様のお力をお貸し頂けないでしょうか。

 

 

子どもも大人もひとつになって、五感を使ってダンスを楽しむという空間を作りたい。

 

3年前の子ども達を中心とした観客参加型の横須賀美術館でのパフォーマンス、 今年2回のNY公演を記念した観客参加型ダンスライブが大好評。

 

音楽に合わせて心をひとつにし、作品のなかに入り込み、感じたことを体で表現する。

それを見る人も心の幅を広げ、自分を開放し、感受性を深めることだと思いました。

 

少し抽象的なものなので、文章だけでは、なかなかイメージがつきにくいと思います。しかし、これは体験していただかないとわからない感覚です。

 

だからまずは体験して頂きたいと思っております。

 

子どもも大人もひとつになって、五感を使ってダンスを楽しむという空間を作り出す。

この公演に取り組むことにしました。

 

 

音楽を聞いて、ダンスを見て、だけじゃないダンス公演

 

ダンス公演というと、音楽を聞いて(聴覚)ダンスを見るもの(視覚)。

 

しかし、私たちが行う公演は五感全てを使います。

 

嗅覚:ある瞬間に香りがすると、もっと本能に近いところが刺激され、

触覚:そして、人とのタッチや、何かを触ることで、別の感情が生まれます。

味覚:そして、一緒に何かを食すという行為は親密さを生みます。

 

そんなダンスに参加しやすい環境をつくり、五感を刺激されたなかで、 ダンスを楽しむ。

 

そんな公演です。

 

 

ダンスはからだと心を開放し、人と人を繋ぐもの

 

世界中では踊ることに自由です。

 

しかし、日本では「特別な時にしか踊らない。」という感覚があるのかもしれません。

 

食べることや歌うことと同じように、踊ることが身近に。

考えることよりもっと感じることに素直に。

 

世の中もっと、自分も人も好きになり、人と人とが繋がるのではないかと思います。

それが私はダンスだと思っています。

 

そのために、今ままでも劇場以外に地元のカフェや神社、元銭湯、レストランなどでも踊ってきました。 もっと規模を大きくして、たくさんの人のエネルギーを結集させます。

 

ダンスイベントについて

 

❐ 日時:2017年11月12月の間で2回開催

❐ 会場:のげシャーレ - 横浜にぎわい座 or 横須賀芸術劇場(11/6  or 12/9)

❐ 公演タイムスケジュール:

 15:30〜16:30 & 18:30〜19:30

❐ 参加料金:達成金額や参加人数によって変動します。ぜひ皆さんと一緒に創っていきたいと思います!

 

【恋ダンス動画】

 


最新の新着情報