クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

高校生の希望ある未来の実現「気仙沼みらい創造カレッジ」

吉田祥(よしだしょう)

吉田祥(よしだしょう)

高校生の希望ある未来の実現「気仙沼みらい創造カレッジ」
支援総額
788,000

目標 700,000円

支援者
87人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2014年02月02日 22:29

スタッフ紹介 矢野大地

 

さて、今日から今さらって感じですが現在のスタッフの紹介をしていきます☆☆

 

スタッフのアツい想いを感じて下さい!

 

第一発目は矢野大地です。

 

 

 

 

 

高知大学理学部4年生

京都府出身

2012年8月に初めて気仙沼を訪れ、その後10月に休学。同年10月~昨年10月まで気仙沼を拠点とするNPO法人底上げ(http://www.sokoage.org/)で学習コミュニティ支援での活動や気仙沼みらい創造カレッジ(http://kmcollege.jimdo.com/)を立ちあげに力を注ぐ。

現在は大学へ復学し、高知の地域と学生をつなぐコミュニティの形成に尽力。また、高知市内の中学校で防災の取り組みをファシリテーターとしてお手伝いをしている。

 

 

 

 

Q.1 気仙沼みらい創造カレッジ(以下 KMCと略)をやろうと思ったきっかけは?

 

そもそも、僕が大学を休学して気仙沼に行きたいと思ったきっかけは、自分に対する無力感とボランティアという感覚に対する自分に対してのやるせなさでした。

 

大学の休みを利用して、行った気仙沼では震災から約1年半が経ち瓦礫もきれいに片づけられているような状態でした。

僕の参加した活動で学習支援と言うものがあり、そこでは元気に子どもたちが遊んだり、話したり、勉強している姿を目にしました。

なんも他と変わらんやん。そう思っていました。

 

しかし、ある時、仲間のボランティアとして来ていた人が帰る時に子どもたちのかなしいような、困ったような...喪失感を顔全面に出して見つめていました。

 

そして、僕も同じく気仙沼を後にしました。

 

すると、色々な感情が僕の中に湧き出てきているのを感じました。

それは学習支援に来ていた子どもの顔でした。

正直、僕に何ができるのか、むしろ何もできることはないのだろう。そんなことを思いながら、休学を決めたのを覚えています。

 

 

休学して気仙沼に来てから、夏に気仙沼で感じたことを形にしたいと決めていました。

それは、

・気仙沼になかなかいない大学生を連れてくること。

※これだとボランティアバスと変わらない。

・気仙沼の高校生と交流する機会を創ること。

 

でした!

 

人には自分が普段感じない環境から何かしらの感情を受けたり、それがきっかけで今まで感じたことの無い感覚を持つ事が出来たりすると感じていました。

※実際にそういう高校生が気仙沼にはいるのです!   底上げYouth(https://www.facebook.com/sokoageyouth)

 

そんな高校生たちがいるこの気仙沼で一番関わりを持ちやすく、影響が与えられるのは大学生だとそう感じたのです。

 

そして、東北の近隣だけでなく、全国各地、また世界(留学)からの大学生を気仙沼に呼び、交流イベントをしようと決めたのがきっかけです。

 

 

 

 

Q.2 現在やっていることは?(KMC以外で!)

 

 僕は分野で言うと「教育」にとても興味があります。教育とは学校教育とか社会教育とか...固定的に考えられている事が多いと思いますが、僕は人と人、人と自然、全てが「教育」なんだと今は確信しています。

つまり、「環境」そのものが人を創って、人を育てるのだと!

 

それに通じたことは何でもやろいうと思っていて、現在は高知大学の周りの地域の方と大学生のコミュニティのスペースを作ったり、大学内で講師を呼んでイベントを行ったり、地域の中学校に行き子どもたちのファシリテーターみたいな役割をしたり...

 

自らを教育し、周りの環境をより自分の考える環境に作っていくことを今は目指しています。

 

 

 

 

Q.3 KMCに関しての想いをどうぞ!

 

 僕はKMCが気仙沼のこれからを創造していくことを信じています。

ここから10年後の現高校生世代がやる気に満ちて、自分の進路について深く考え、そして、気仙沼についてふりかえる時間をつくることは必要なのです。

10年、20年後の気仙沼はどうなっているでしょうか?

僕には全くわかりません。ですが、一つだけ分かる事があります。その未来を創っていくのは僕でもなく、他の人でもなくて、今の気仙沼みらいある子どもたちだということを!

 

 

 

 

Q.4 最後に一言。

 

 気仙沼みらい創造カレッジに協力下さっている多くのみなさん。本当にありがとうございます。

Readyfor?でのクラウドファンディングも残りの日にちが少なくなってきました。

何度も何度も協力いただいている方には申し訳ありません。

ですが、この企画必ず成功させたいと強く願っています。

 

もし、その想いに少しでも共感して下さる方がおられましたら、ご協力をお願いします。

 

未熟な大学生が企画しているものです。ですが、僕たちは本気で気仙沼の高校生のみらいを創る。そんなことをしていると感じています。

 

よろしくお願いします。ありがとうございました。

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・第三回気仙沼みらい創造カレッジ報告書
・HPへの名前の記載
・気仙沼の高校生が考えた恋人にちなんだ観光リーフレット

支援者
50人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・第三回気仙沼みらい創造カレッジ報告書
・HPへの名前の記載
・気仙沼の高校生が考えた恋人にちなんだ観光リーフレット
・気仙沼の高校生が考えたふりかけ「なまり節ラー油」×2

支援者
34人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

・第三回気仙沼みらい創造カレッジ報告書
・HPへの名前の記載
・気仙沼の高校生が考えた恋人にちなんだ観光リーフレット
・気仙沼の高校生が考えたふりかけ「なまり節ラー油」×2
・参加高校生の笑顔の写真、メッセージ付き

支援者
5人
在庫数
11

50,000円(税込)

・第三回気仙沼みらい創造カレッジ報告書
・HPへの名前の記載
・気仙沼の高校生が考えた恋人にちなんだ観光リーフレット
・気仙沼の高校生が考えたふりかけ「なまり節ラー油」×2
・南三陸の高校生による語り部優待券
(※期限は2014年末日まで)

支援者
0人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする