★第2回子ども食堂フェスタin調布(室内編&キッチンカ―?)★

皆さま、暖かいご支援をありがとうございます。

 

12月10日(日)の第2回子ども食堂フェスタのテーマは、”食べる!遊ぶ!繋がる!ということで、子ども”食堂“の言葉通りの食べる”フードパークだけではなく、前回ご紹介した子供も参加のステージ企画(@広場)や、子どもが参加できる手芸コーナー、プログラミング、ボードゲーム、プラレール、展示コーナー、クッキング企画、映画の上映会(@室内)などを用意していました!

今回はその室内企画をご紹介します。

 

【シュシュ・ミサンガ】

以前もご紹介したとおり、こちらは高校生が企画・運営した企画です。運営側がフォローしきれていなかったのに、しっかりと当日の運営までやってくれました。当日は78人もの子どもたち・親御さんがきてくださいました。

当日のみボランティアとして参加してくれたスタッフもとても楽しかったとのこと。受付でも、帰り際に、これ作ったの―!とシュシュやミサンガを見せてくれた子がいました。本当に素敵な企画となったと思います。

 

【ボードゲーム】

ボードゲームは大人から子供まで幅広い年代で楽しめるため、最近はTAMAGAKUが他の子ども食堂さんにボードゲームを持ってお邪魔することもあります。今回は、”ボードゲームキャラバンおむすび”さんが沢山のボードゲームをもってくださいました。この方達、ゲームを教えるのが本当にお上手なんです!!子ども達も初めてのゲームに興味しんしんで楽しんでくれたようでした。

 

 

【プログラミング(バッティングゲーム)】

誰でもできる最新小型パソコンの組み立て体験、ヴァーチャルバッティングセンター、懐かしの大盛り上がりTVゲームプレイなど新旧ITを使ったスペースが開設されました!ブースに来てくれた子どもたちも普段とは違ったゲームを楽しんでくれたようです!

 

【プラレール】

こちらはプラレール企画。直前になり中止の可能性まで出てきた企画でしたが、何とか実現しました!体験企画への参加が難しい小さな子ども達にも楽しめるブースでしたので、本当に実施できてよかったと思います。

 

【展示・交流スペース】

多摩地域の子ども食堂や、についてご紹介しました。子ども食堂ムービーも上映しました。午後は子ども食堂の実施者や、居場所づくりに関心のある方々、教育格差問題に関心のある高校生などが集まり、交流会を実施しました。高校生のしっかりとした考えをきき、大人たちも刺激をうけた交流会になったとのことでした。↓交流会では下の写真よりももっと多くの方々が集まりました。

 

以上が、2階のはばたきスペースの企画となります。イベントテーマの“遊ぶ”や”繋がる”を実感できたのではないかと思っています。

 

 

【クッキング@3階調理室】

クッキング企画ではみんなでピザ作りをしました!もちろん生地からこねます。

高校生、大学生、社会人のスタッフと小さなシェフの皆さんで世界で一番美味しいピザを作っちゃいました♪ここでも高校生スタッフが活躍しました!

 

【上映会@3階研修室3】

以前もお知らせしたとおり、今回のイベントでは”さとにきたらええやん”の上映を行いました。子どもの居場所に関心のある方々には有名な映画なので、観たことがある方も多いかと思いますが、今回初めて観たという方からも、よかったとの声がありました。

 

【キッチンカ―は…?】

そして、最後にキッチンカ―。今回、直前にお詫び記事を掲載したため、がっかりされた方もいらっしゃったことと思います。

前日の夜、メンバーがせっせと作ってくれました!”幸せのいっぱいつまったキッチンカ―”!

画像では伝わりにくいですが、結構大きいんです!

 

当日は受付前で、子ども達に自由にお絵描きしてもらいました!結果、本当に幸せがいっぱいのキッチンカ―ができました。小さなえかきさんたち、ありがとうございました。

 

 

以上のような企画、一つ一つ実施するのにも準備が大変なのに、こんなに欲張って盛り沢山の企画が実施できたのは、どれも信頼して任せられる協力者の方々がいたから。そして、何よりも支援者の皆さまがクラウドファンディングでのご支援で勇気をくださったからです。

 

本当にありがとうございました。また改めて報告文書等を作成させていただきますが、取り急ぎご報告とさせていただきます。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています