プロジェクト概要

2016年3月に、世界を目指すテニス選手の為に、山梨で国際大会を開催します!

 

はじめまして!山梨学院大学テニス部の 大友結生と申します。私たち山梨学院大学テニス部は、関東テニスリーグ1部に所属し、日本一を目標に日々練習に励んでいます。世界を舞台に活躍できるプレイヤーに成長するためには、錦織選手のように、外国人選手と試合を重ねることが大変重要です。そこで毎年山梨で世界のポイントを取ることができる「甲府国際オープンテニス」を開催しています。

 

今年も開催を予定していますが、国際大会というかなり大きな規模の大会となるため、開催には審判役員の人件費や賞金など、多大な費用が必用です。

 

プレイヤーも観客も最高だと思える大会を実現するために、運営資金の一部の50万円をご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

【大会について!】まずはこちらの動画をご覧下さい!

 

 

 

私たち山梨学院大学女子テニス部が運営させて頂いている世界大会「甲府国際オープンテニス」とは?

 

甲府国際オープンテニスは、山梨の選手が国際大会に挑戦できる機会を作り、次世代の山梨の選手を強くすること、テニスを発展させることを目的に開催されます。ウィンブルドンなどのグランドスラムに出場するには、甲府国際オープンテニスのような下のグレードの大会でポイントを稼ぎランキングを上げなければいけません。

 

錦織圭選手をはじめ、世界で活躍している選手の誰もが始めは甲府国際オープンテニスのような下のグレードの大会で戦っていました。錦織圭選手のように将来世界で活躍することを目指し、この大会には私たち山梨学院大学女子テニス部の学生を初め、多くの若い選手が参加します。

 

毎年、本大会の運営の大半を山梨学院大学女子テニス部で担当させて頂いています。選手受付、報道対応、イベント補助員、Ustreamライブ中継、Twitter、facebookの配信だけではなく、昨年はテニス専門サイト・YahooNewsとの連携といった新しい取り組みも高評価を頂きました。

 

昨年の大会の様子です!

 

2015年は、多くの外国人選手の参加(男女2週・8か国)があり、国際色豊かな大会となりました。また世界ランキング保持者が多数を占める、近年稀にみるレベルの高い大会となりました。特に男子ではデ杯選手・ユニバ代表選手など若い日本選手達と、将来活躍が期待される海外選手たちとの熱い戦いが多く見られた年となりました。

 

最終日にはエレッセクリニックには40名超の参加者があり、国別対抗戦、ジュニアクリニックにも多くの方々にご参加いただきました。土日を中心に大勢の観戦客の皆さんにもお越しいただき(推定1500人)、大会を盛り上げてくれました。また、連日ペットボトル・キャップ・テニス缶など回収・リサイクルなど「Kofu Going Green」エコ活動も行なっています。

 

(2015年3月29日 エレッセクリニックの様子)

 

テニスは小柄な日本人にとって圧倒的不利なスポーツと言われてきましたが・・・

 

テニスは基本的に高身長であることが強さに直結するスポーツであると言われています。しかし世界を舞台に大活躍している錦織圭選手の身長は177cm。それに対して、世界ランキングTOP10までの選手の平均身長は約187cmです。

 

の活躍により、日本人選手にも活路があることが証明されたのです。錦織選手は13歳の若さで渡米し、実際に日本人よりも体格のいい外国人選手と練習や試合を重ね、沢山の経験を積んでいます。

 

下の図は各大会ごとにグレードを表しています。日本は、ピラミッドの土台をしっかりさせる必要があります。世の中のテニス選手は、下のグレードの大会でポイントを稼ぎランキングを上げることによって、最後にはウィンブルドンなどのグランドスラムに出場することができます。しかし、日本では国内大会がベースとなるため、日本人同士の大会がほとんどです。その為、国際基準のポイントには全く関係しません。

 

 


国際基準の大会を開催するには、設備整備や審判員、大会賞金、広告費などに多額の資金が必要です。

 

国際大会の運営には、プロテニス協会(ATP・WTA)の承認が必要になります。国際基準の大会を運営するには、様々な規定をクリアしなければならないのです。その一つが、審判員です。

 

国際大会には、審判が必要不可欠です。その審判役員の人件費に(約160万円)かかります。また、賞金に男女合わせて約200万円(2万ドル)かかり、その他パンフレットなどの印刷費、ほか諸経費など男女2週間の大会で最低でも総額850万円程必要です。

 

国際基準の大会が日本では2016年男子8大会、女子16大会が開催されているのに対し、近年急速に勢力を伸ばしているスペイン・フランスなどは20~30大会も開催され、若い選手が挑戦する機会が多いのです。そんな中、山梨において、世界のポイントを取れる甲府国際オープンテニスを男女2週間開催します。

 

(2015年 審判スタッフ)

 

甲府国際オープンテニス大会開催決定!


今年も〈男子〉2016.3.19~3.26〈女子〉2016.3.26~4.3の日程で、甲府国際オープンテニス大会を開催します!毎年男女約200名の選手が参加しています。日本人選手はもちろん、昨年はニュージーランド、中国、台湾、韓国、イタリア、オーストラリア、香港、タイの外国人選手の参加があり、毎年国際色豊かです。

 

また出場する選手だけではなく、試合で繰り広げる素晴らしいプレーから、より多くの「ジュニア選手」「テニス愛好者」に是非間近で見てもらい、刺激を受けてほしいと考えています。私達も毎年、大会の運営期間に多くを学ばせていただいています。この大会を今後さらに山梨をはじめとして、日本のテニスの普及・発展のきっかけにしていきたいです。

 

(2015年男子シングルス決勝戦の様子)

 

甲府国際オープンテニス大会は私たちにとって自慢の大会です!!

 

毎年山梨学院大学女子テニス部員は、運営のかなりの部分を担当しています。会場は人も多く、賑やかな雰囲気の中行われますが、国際大会ということもあり、選手からはピリピリとした緊張感漂う場面があります。

 

運営スタッフが学生だからと言って失敗は許されません。選手が試合に集中しやすい運営はもちろん、会場に来てくださった全ての人に喜んでもらえる大会を目指し、学生全員で案を出し合い、毎年試行錯誤しています。

 

昨年の運営スタッフです!

 

大会にいらっしゃる方が気持ちよく観戦できる場を整えるのも私たちの仕事です。

 

運営も良い大会にするために、入念に準備と楽しくなれる仕掛けをします!

 

私たちは毎年、Ustreamという動画共有サービスで甲府国際オープンテニスの試合を生中継しています。ただ、試合を中継しているだけでは分かりにくいので、手作りのスコアボードを作り、スコアが分かるように工夫しています。

 

また、試合の合間には会場で行われているイベント情報も発信しています。固定カメラでの動画配信となっている為、選手がプレーしていないポイント間に、Ustream用に作ったスコアボードやイベント情報を書いた手書きのポスターをカメラの前に手で出して映して、流しています。

 

大会当日の中継の様子です

 

その年ごとに作り替えている為、その年によってスコアボードの作りが違っていたり、その年ごとのアイディアが詰め込まれています。また、配信中は周りの音も流れてしまう為、担当の学生は静かに黙々とポイント間にスコアボードやポスターが画面いっぱいに写るようにカメラの前に手で出して映します。

 

これがとても地味な作業で、開催される3月は風が強い時期でもあり、とても大変な仕事なんです。そんな中、「手書きの点数ボードが良い味をだしてますね」「会場に出かけなくても試合をみることが出来るのは、とてもうれしいです。

 

スタッフさん、ありがとう。」など嬉しいコメントをたくさんいただき、私たちの励みになっています。会場に来られない方々など少しでも多くの人見ていただきたいと思い、毎年頑張っています!

 

(2015年3月28日 国別対抗戦の様子)

 

皆さまの応援、どうぞよろしくお願いします!

 

大学生である私たちにとって甲府国際の試合運営やこのプロジェクトの取り組みは、社会勉強の一環でもあります。多くのボランティアスタッフやテニス愛好者のスタッフの皆さんに支えながら、そのかいもあって、毎年ほかの大会に比べ高い評価をいただいています。私たちにとって自慢の大会です。


「世界を目指す若者達が集い競う場」を山梨の甲府国際で作り、この大会に出場する私たち山梨学院大学女子テニス部の選手が、近い将来ウィンブルドンはじめ四大大会で活躍することができればと願っています。

 

 

◆◇◆リターンについて◆◇◆

 

▶サンクスメール


▶パンフレットにお名前記載(希望制)

来場者や大会を応援してくださるサポーターの皆様に配布するパンフレットに、お名前を記載します。


▶大会記念ハンドタオル

本戦出場選手に配られている大会記念ハンドタオルをもらうことが出来ます。


大会観戦ご招待券とお楽しみ抽選券(来場者)

▶大会観戦ご招待券とテニス用品が当たるお楽しみ抽選権がもらえます。


優勝者と記念撮影

▶大会最終日に会場に来てくださった方は、試合終了後優勝者と記念撮影ができる機会をご用意します。


▶優勝者サインボール(当日来られない方)

 当日会場に来られない人の為に、優勝者のサインが入ったテニスボールを差し上げます。

 

▶明治からの伝統”富岡濃縮葡萄ジュース”3本セット

山梨の特産物でもある葡萄3品種をブレンドして作られた、明治からの伝統の葡萄ジュースです。

 

【山梨学院大学テニス部員  主な戦績】

 

2014年関東大学テニスリーグ    1部準優勝

2014年全日本大学対抗王座決定試合 準優勝

2015年関東大学テニスリーグ    1部3位

 

久次米夏海(山梨学院大学四年)  

2014年 全日本室内学生テニス選手権大会 シングルス優勝

2015年 全日本学生テニス選手権大会 シングルス準優勝

2015年 橋本総業全日本テニス選手権大会 ダブルス ベスト16

 

寺見かりん(山梨学院大学三年)   

2015年 全日本テニス選手権西日本大会 シングルス優勝

2015年 橋本総業全日本テニス選手権大会 シングルス ベスト32

                     ダブルス  ベスト16

 

 

 

 

【最後に】〜開催に向けて行っている私たちの活動〜

 

ホームページやTwitter、facebookを中心に広報活動、ポスター掲載、個人サポーター、協賛金の募集を行なっています。下記のURLからリンクしていので、是非こちらもご覧ください!

 

《ホームページ》

http://kofuopen.estclub.co.jp/

 

《Twitter》

https://twitter.com/KofuOpen

 

《facebook》

 


最新の新着情報