READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

下半身不随で排便困難な保護猫コハルさんに、結腸摘出手術を。

齋藤 久美子

齋藤 久美子

下半身不随で排便困難な保護猫コハルさんに、結腸摘出手術を。

支援総額

482,000

目標金額 450,000円

支援者
91人
募集終了日
2020年2月29日
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録
9人がお気に入りしています

終了報告を読む


9お気に入り登録
9人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

▼自己紹介

 

はじめまして。この度は、当プロジェクトページをご覧いただきありがとうございます。

齋藤久美子と申します。

夫と息子と三匹の保護猫と一緒に暮らしています。

クラウドファンディングには、初めて挑戦いたします。

 

我が家の猫たちです。

左から、チナツさん(0歳)コハルさん(1歳)コユキさん(5歳)

 

1年前に家族になった保護猫コハルさんは、下半身不随で排便が困難な状態です。

コハルさんが少しでも楽に日常生活を送る事ができるよう、手術を受けさせてやりたいと思っています。お力添えをいただければ幸いです。

 

皆様のご支援何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

2018年12月、用水路の中で、泥だらけで鳴いていた仔猫が保護されました。

発見時から下半身が動かず、上半身のみで這うように用水路内を移動していたそうです。

鳴き声に気づいたのは下校中だった息子の友人。

連絡を受けた息子も救助に加わり、泥だらけになって帰ってきました。

その後、我が家の一員になったその仔猫が、コハルさんです。

 

 

 
(保護した頃のコハルさん)

 

 

コハルさんの動かない下半身は、脊髄損傷によるものと診断されました。

用水に落ちた時に損傷したか、事故に遭ったのではないかという事でした。

当時の推定月齢は2か月~2か月半ぐらい。

毎日マッサージを続けた結果、尻尾が動くようになり、後ろ足も、ほんの少しですがぴくぴくと反応を返すようになっています。

 

穏やかで優しい性格のコハルさんは先住猫ともすぐに打ち解け、下半身が動かないだけで、普通の仔猫と何ら変わらず、すくすくと育ってくれました。

最近保護した仔猫に対しても、積極的に小守りをしてくれている、いいお姉さんです。

 

 

 

(2018年冬コユキさんとコハルさん)   (2019年冬コハルさんとチナツさん)

 

 

ただ、下半身を引き摺って移動をするため膀胱炎にかかりやすく、又、成長に伴い排便の困難さが深刻になってきました。

 

病院で診てもらった結果、骨盤狭窄のため、便が肛門まで通って来難くなっている、との事でした。

 

排便が困難な状態が続き、コハルさんの体力が落ちてきています。

フードを勧められた物に変更したり、便を柔らかくする薬を使用したりもしていますが、あまり効果も出ていません。

2019年12月現在、自宅での排便回数はゼロになってしまいました。

3~4日に1度の頻度で病院に行き、便を無理矢理絞り出してもらっている状態です。

その処置が、コハルさんにとってはかなりの苦痛を伴い、体への大きな負担となっています。

 

獣医さんからは、骨盤を広げる手術と、結腸を摘出する手術を勧められました。

ただ、県内ではその手術が行える病院が無いため、県外の病院にかからねばならない事。手術や治療に関しては、かなりの高額になる事も同時に告げられました。

 

金額の大きさに少し怯みもしましたが、日に日に元気が無くなっていくコハルさんを、そのままにしておくわけにはいきません。

その後、獣医さんと相談を重ね、クラウドファンディングを視野に入れた上で、県外の動物病院に紹介状を書いていただき、事前検査を受けて来ました。

 

以下が、事前検査時の詳細です。

 

●2019年12月末、県外の病院にて検査

●午前中、レントゲンによる所見

・腰椎と骨盤に骨折痕。左股関節の脱臼もあり、骨がずれて骨盤が狭くなっている

・後脚の完全麻痺

・それらが影響して排便排尿障害がおきている

・排便障害による巨大結腸症

 

治療方針としては

1:骨盤腔を広くする→骨切り、整形の先生と相談して進める

2:結腸を摘出→外科の先生と相談して進める それぞれの先生は院外から来ていただくので日程の調整

・現状対処→麻酔をかけて摘便+服用している薬の変更

 

●午後、X線検査、血液検査、静脈瘤置、麻酔、摘便処置等結果の総合

・服用している薬は変更無しでOK

・結腸肥大の方が優先度が高い

・腸が便を正常に送り出せていない

・結腸摘出手術を先に行い、経過を見ながら骨盤にとりかかる

・手術は1月末

・入院日数は4~7日程

・結腸摘出手術費用は30~40万円程(入院日数等で変動あり)

・骨盤狭窄治療の為の費用は、またその時に見積もりをする

 

検査にかかった費用は53,185円でした。

 

 

▼プロジェクトの内容

 

・手術の為の事前検査

・腸の一部切除

 

検査費用、手術費用、プロジェクト手数料をあわせた合計45万円

また、手術の経過をみて骨盤狭窄の手術予定。

 

目標金額を上回った場合も、全額治療費用に使用いたします。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

手術を受ける事が出来れば、コハルさんが自力で排便しやすくなるとの事です。

生活をする上で欠かせない、排泄という日常的な行為を、獣医さんの手によるものではなく、痛みや苦しさを伴うものではなく、コハルさんの自力で行う事ができるように。

コハルさんが少しでも楽な状態で、穏やかに日常生活を送る事ができればと、そう願っています。

 

皆様のご支援、何卒よろしくお願い致します。

 


・プロジェクトの終了要項
治療・手術対象   
保護猫 1匹

治療・手術内容   
腸の一部切除

治療・手術完了予定日   
2020年3月31日まで

 

 

プロフィール

齋藤 久美子

齋藤 久美子

リターン

1,000

コハルさん応援!

コハルさん応援!

コハルさんの治療に全額使わせていただきます。
お礼のメール、経過報告のメールをお送りいたします。

支援者
33人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

3,000

コハルさんもっと応援!

コハルさんもっと応援!

コハルさんの治療に全額使わせていただきます。
お礼のメール、経過報告のメールをお送りいたします。

支援者
25人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

5,000

コハルさんもっともっと応援!

コハルさんもっともっと応援!

コハルさんの治療に全額使わせていただきます。
お礼のメール、経過報告のメールをお送りいたします。

支援者
24人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

10,000

コハルさんいっぱい応援!

コハルさんいっぱい応援!

コハルさんの治療に全額使わせていただきます。
お礼のメール、経過報告のメールをお送りいたします。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

30,000

コハルさんいっぱいいっぱい応援!

コハルさんいっぱいいっぱい応援!

コハルさんの治療に全額使わせていただきます。
お礼のメール、経過報告のメールをお送りいたします。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年4月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

野外スポーツ公園 あきちぱーく

原田 彦原田 彦

#子ども・教育

102%
現在
3,062,400円
支援者
42人
残り
23日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする